山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 25日

麗しきかな笠ヶ岳 ① 2015.9.20(日)~22(火)

c0213096_19253224.jpg

ずっと遠くから眺めていた憧れの笠ヶ岳は見惚れるほど美しかった♡

今、振り返ると初めて笠ヶ岳を意識して見たのはこの時でした。
雲海の中に浮かぶ真っ白な頂は私の心にずっと印象深く残っていました。

でも、山行計画は何回もしたのですが、チャンスはなかなか訪れず、
今年も登れないままなのかなと思っていたのですが、
お天気の良さそうなSWにようやく登ることが出来ました。

前述の通り、相棒の仕事が忙しくて日程を縮小しました。
土曜日の夜中に仕事から相棒が帰宅したので、さすがに早朝出発は無理で、
日曜日は8時に自宅を出発。
普通ならば4時間ほどで辿り着く新穂高ですが、
この日は事故渋滞がいくつもいくつもあり、
なんと8時間もかかって新穂高に到着(*_*)

途中で登る山を変えちゃおうかとかキャンプにしちゃおうかと思ったけど、
タイミングよく登山者駐車場にも空きもあって、
16時に新穂高を出発しました。

普段なら、こんな時間に歩き出すなんてありえないのですが、
今日はわさび平小屋キャンプ場まで約1時間20分の道のりなので、
日が暮れる前に辿り着けるように頑張って歩きました。






c0213096_20433528.jpg

3時半に起床して4時半にまだ真っ暗なわさび平のキャンプ場を出発。

ヘッドランプで登山道を照らしながら
手ごわいとの噂の多い笠新道を登って行きます。
一つ目の目標である杓子平までのコースタイム4時間20分!!!
黙々とひたすら登ります。
樹林帯の中を歩くこと2時間以上だったかな、
視界が開けると気持ちのいい眺めが待っていました。

c0213096_20434386.jpg

思ってもみなかったのだけど紅葉も大分進んでいて綺麗!

私は今回、笠新道を恐れていて一眼レフカメラを始めて持っていかず、
不慣れなコンデジとミラーレスを持参したのだけど、
勝手が違うし、もう途中からイライラしちゃって(*_*;
山に来てイライラしちゃうなんて馬鹿馬鹿しい。

そして、今回分かったこと!!!
のろのろ歩きなのは一眼レフカメラのせいじゃないってこと(苦笑)
カメラを軽くしてもキツイものはやっぱりキツかった。

笠新道は辛いって覚悟した割りには、登りやすいいい道でしたけどね。
ゆっくりゆっくり一歩一歩・・・
まだかな~まだかな~・・・
下山してくる方達にまだまだだよ~と脅されながら・・・
コースタイムぴったり4時間20分で杓子平に到着です。

c0213096_20435408.jpg

杓子平に着くと今まで見えなかった美しいカールが広がっていました。
ちょうどガスが上がって来ていて笠ヶ岳の山頂を見ることが出来ませんでした。

カールの中を緩やかに登って行くと、
ガスがどんどん湧き上がって来て真っ白になり、
どんなところを歩いているのか分からないほど。

杓子平から稜線まではコースタイム2時間。
なかなか登り甲斐がありました。

c0213096_21191667.jpg
抜戸岳で稜線に乗ると、岐阜側の色鮮やかな斜面が目に飛び込んで来ました。
が、一瞬のうちにガスの中へ・・・。
c0213096_20441011.jpg
ガスもがっかりだけど、私がデジイチを持って来なかったほうが
よっぽどガッカリで・・・
私の馬鹿馬鹿・・・
c0213096_20441767.jpg
相棒カメラ。

稜線に乗ると双六岳方面からどんどん登山者が歩いてくるのが見え、
相棒はいいテン場を確保したいから先に行くねと
ダッシュで行ってしまいました。
c0213096_20442730.jpg
ガスで先が全く見えなかったのだけど
ゆっくり歩いた私は雷鳥に会うことが出来ました♡
コンデジで頑張って撮った一枚。これが限界。

どこを進んでいるか分からないまま、
12時過ぎに笠ヶ岳山荘のテン場に到着。
ここまで長かったけれど、ガスで寒いくらいだったので
私には恵みのガスでした。

私がテン場に着いた時、相棒はもうテントを張ってくれていました。
いつもありがとう。
c0213096_21341780.jpg
テントを張ったら小屋に受付に行って、とりあえず乾杯!
テン場から小屋までは10分ほど岩岩を登らないといけません。
トイレも小屋にしかないので、それだけはちょっと面倒だけど、
小屋のスタッフさんも皆さん感じがよくていい小屋だなと思いました。

小屋でおでんと親子丼を注文して食べていた1時過ぎ、
辺りはガスに包まれて何も見えなくて、
おまけに寒くて凍えそうになって、
テントに戻ってシエスタして。

4時過ぎ・・・
まだまだガスで穂高連峰は見えないけど、
なんとか山頂は見えて来たので、
明日の朝は早めに下山したいから、
とりあえず山頂を踏んでおくことにしました。
c0213096_21343650.jpg
山頂までは小屋の前から10分くらい。
凍えそうに寒かったけど、山頂に着いたら体が温まっていました。
c0213096_21401424.jpg
夢の頂にやっと来れたよ!
c0213096_21403224.jpg
c0213096_21411196.jpg
やっと登った山頂だからのんびりしていると、
真っ白だった世界は・・・
雲が風に流れて姿を現しました。


c0213096_21405729.jpg
今日歩いて来た道も
c0213096_21413095.jpg
とんがりくんも!!!
c0213096_22575992.jpg
c0213096_22255135.jpg
だんだんに穂高の山々が姿を現して・・・
c0213096_22260001.jpg
さっきまで何も見えなかった山頂は喜びに満たされました。
c0213096_22261430.jpg
ピンク色のとんがり槍ヶ岳。

映画のワンシーンを見ているみたい、
夢みたい。
c0213096_22574668.jpg
こんな素晴らしい瞬間にいつものカメラを持ってきていないこと、
おまけにガスってたからって相棒もカメラをテントに置いて来ていて・・・
コンデジとアイフォンしかないなんて(大泣)
c0213096_23010307.jpg
この瞬間には二度と出会うことが出来ないのに、
わたしの馬鹿馬鹿・・・
c0213096_23011225.jpg
神様ったらカメラを忘れた私にこんな素敵な景色を見せるなんて・・・
なんて意地悪なの。
悔しくて涙が出そうでした。

やっぱり私は重たくてもカメラを持って来たい。
そう強く思わせた素晴らしい夕焼けでした。

この日は、杓子平からはほとんど景色を見ることが出来なかったから、
頑張って歩いてきたご褒美のような夕焼けでした。
c0213096_23182192.jpg
この日の夜は風も穏やかで、
満天の星空を楽しむことも出来ました。
テントから頭だけ出してひっくり返って星空を眺めていました。


一気に書いてしまおうと思っていたけれど、
長くなったので続きはまた後日~♪

皆さま、どうぞ素敵な週末をお過ごしくださいね(^^♪




by akko-kornblume | 2015-09-25 23:38 | 山 2015


<< 麗しきかな笠ヶ岳②2015.9...      SWは笠ヶ岳へ行って来ました♪ >>