山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 17日

いにしえの道を歩いて@島々~徳本峠~霞沢岳 ① 2014.9.13(土)~15(月)

c0213096_21354663.jpg
遥か昔の旅人をも見守った巨木の森を抜けて歩く。

長年、憧れの一つであった島々から徳本峠を越えて上高地へと続くクラシックルートを歩いて、あの日に西穂山荘から眺めて以来、いつか登ってみたいと思っていた霞沢岳を訪れる日は突然にやってきました。

島々から徳本峠までの距離は16km。歩ききれるだろうかという不安よりも、ようやくここを歩けることの嬉しさで重たいザックを担ぐことさえ苦にならない。そんな高揚した気持ちでこの日の朝を迎えました。



c0213096_21505069.jpg
私達はすっかり日付が変わった真夜中に島々の安曇野支所の駐車場で仮眠を取り、島々谷に沿った林道の動物除けのゲートの先にある広場に車を移動して、空が明るくなりだした5時30分に歩き出しました。

広場の駐車スペースには車が5台ほどしか止まっていない。こんなにお天気のいい連休なのに、静かな山旅になりそうだねと心が躍る二人。
c0213096_220923.jpg

まずはCT通り一時間半、林道を歩いた。島々谷はまだ穏やかに流れている。

鳥のさえずりと沢の音だけしか聞こえない。
二股を過ぎるとようやく山道らしくなる。さぁ、行こう。

c0213096_21564736.jpg
まだ森は青々としていて初秋の面影はない。踏みあとは細いけれど、よく踏まれている。
c0213096_2244176.jpg
私達以外だーれもいない大きいな森が延々と続いている。
c0213096_2264334.jpg
緩やかだった島々谷はだんだんに勢いを増していく。今年は水量がとても多いのだそう。

いくつもの橋を渡り、沢の右岸や左岸をいったりきたり。
c0213096_229415.jpg
どんどん沢の流れは急になり、水の音で二人の会話も成り立たないくらい。

この橋を眺めて、ふと思った。なんだか奥多摩の百尋の滝へと続く道に似ているなと。
c0213096_22114083.jpg
まだまだ森は青々としているけれど、森の中にはキノコもいっぱい生えていたし、栃の実がそこらじゅうに落ちていて、小さな秋を感じることが出来た。

二股から2時間半でわさび沢に着いた。長いことは長いのだけど、変化に富んだ登山道は飽きることが無く、ずっと会いたかった桂の巨木が目に入った時、なんだか呆気なく感じたくらいだった。
c0213096_22164058.jpg
大きな大きな桂の木。どれほど多くの旅人を見守ってきたのだろうか。ようやく私も会いに来れた。
c0213096_2219257.jpg
橋を渡るとそこは朽ちかけている岩魚留小屋がひっそりとたたずんでいた。その小屋を見守るかのような立派な桂の木の下のベンチで私達は昼ご飯を食べることにした。
c0213096_22213014.jpg
日当たりが良くて暑いくらいだ。

昔、今は新島々までしか通っていない松本電鉄が島々まで走っていた時、電車が島々に着いて歩き出した登山者はこの岩魚留小屋で一泊しないと徳本峠には到底辿りつけなかったのだそうだ。

時の流れの中で必要とされなくなってしまった一つの小屋の歴史は幕を閉じたけれど、この桂の木がここにある限り小屋の歴史は忘れ去られることはないだろうなとふと思った。

でも、小屋は今のところ休業中なだけなので、いつかまた再開することもあるのかも知れないのだけれどね。

c0213096_2230846.jpg
岩魚留小屋の横から歩き始めると、さらに古道らしい趣を感じられるようになる。

要はなんだか危なっかしくてここを歩いて大丈夫なのかしらって思うような朽ちかけた苔むした橋を渡ったり、妙に高巻いて沢を渡ったりするのだ。
c0213096_22362633.jpg
ずるずる滑る細い高巻きや、
c0213096_22371119.jpg
今にも崩れそうな橋が強い流れの上に架かっていたり。一歩足を踏み出すのに、どれほどの勇気が必要だったことか(*_*)相棒が差し出してくれたこの棒が無ければ到底渡りきることは出来なかった(苦笑)
c0213096_22412195.jpg
どうやって渡ればいいか途方に暮れたり。難易度高かったなぁ。
c0213096_22461153.jpg
でも、それでもこの美しい森の美しさに心を奪われてしまった。
c0213096_2248653.jpg
何度も立ち止まって立派な木に声をかけながら。
c0213096_22492097.jpg
倒木がそのまま橋になっていたり。

16kmのトレイルは長かったはずなのだけど、なんだかあっという間だったようにも感じられた。それくらい歩くのが楽しい、そして想像以上に素晴らしい場所だった。
c0213096_2251448.jpg
登山道が沢を離れると、ようやくこの日の本格的な登りになる。

もう恐ろしい橋はないんだなと思うとちょっとホッとして(笑)元気が出て来た。さあ、穂高が私を待っている。
c0213096_22534947.jpg
九十九折の急坂を少し登ると、そこには冷たくて美味しい水が待っていた。

この水の美味しいことといったら!今まで飲んだ山の水の中でもトップクラスに美味しい水!
徳本峠は水場が無いのでここで水をたっぷり汲んで行った。
c0213096_22581324.jpg
九十九折の登山道は何回も何回もくねくねと曲がりながら高度を上げていく。キツイー。

よく整備された歩きやすい道だったのだけど、16kmの最後に一気に登るのだもの、参ったなぁって感じ。

ちょうど1時に徳本峠に到着!
c0213096_2331512.jpg
峠から振り返ってみたけれど、もうどこから歩いた来たのかなんて全く分からなかった。

先に到着していた相棒がテントを立てて、おまけに冷たいビールを買って待っていてくれて感激!頑張って歩いたあとのビールの美味しいことと言ったらない(#^^#) このために歩いてきたと言っても過言ではないかな。

c0213096_2354828.jpg
小さな徳本峠小屋は2010年に改築されたらしく、ウッディで居心地のいい小屋だった。

私達はケーキセットを注文。ここでこんな洒落たものが食べられるとは思いもしなかった。
c0213096_2384148.jpg
お水が美味しいのだろうなぁ、この珈琲もとても美味しかった!

ところで、穂高連峰はというと・・・
c0213096_2392195.jpg
大事なところはみんな雲に隠れてて。ま、きっと明日は晴れるよね。
c0213096_23102985.jpg
夕飯はパクチーたっぷりの焼きそばを作った。山ではこんな簡単なものでも十分に美味しい!

c0213096_23114472.jpg
夕飯のあとてんぼう台まで(45秒)までお散歩したけど、やっぱり穂高は雲の中。
c0213096_23125616.jpg
明日はきっといいお天気になる、そう信じて早々にシュラフに潜った。いよいよ明日は霞沢岳に登るのだ!


二日目へとつづく・・・

by akko-kornblume | 2014-09-17 23:25 | 山 2014 | Comments(14)
Commented by cyu2 at 2014-09-18 07:15 x
おはよう〜待ってました♪
こんな危なっかしい橋をいくつも越えたなんて、矢車草さん、徒渉もクリアじゃないですか!
本当に静かなクラシックルートなんですね。結構人気ルートだと思ったけど連休でもこんなに静かとは。
霞沢岳、私もいつか登りたいと西穂側から眺めていたので続きも楽しみです(^^)
Commented by pallet-sorairo at 2014-09-18 09:02
クラシックルート、静かだったでしょ。
いいお天気に歩けてよかったですね。
あのケーキね、二連泊したら二日目の朝にサービスされたの思い出しました。
カツラの木も元気そうに青々していて嬉しい。
霞沢岳レポも楽しみです♪
Commented by uncherokee at 2014-09-18 09:51 x
素敵なルートですねぇ♪
メジャーな山々を登るのも良いですけど、静かな山もまた良いですね。
是非参考にさせて頂きます!!
レポの続き楽しみにしてますよ~☆

そして、危険そうな橋を何度も渡ったとのこと・・・
よく頑張りました!もうきっと大丈夫ですね^^
Commented by Tokky at 2014-09-18 13:07 x
矢車草様、こんにちは。
このルートは僕もいつか行きたいと思ってる所です。

難易度高い橋から二枚目の巨木の写真、素敵過ぎ!パネルにして部屋に飾りたいっす。

小屋のメニュー見てて今更気付いたけれど、350mlの方がお得価格ですね。今までテン場で500mlばかり買ってましたが、これからは350mlにします(笑)

Commented by ひろ at 2014-09-18 15:15 x
あっこ姉さん、こんにちはー
クラシックルート歩いてきたんですね~
僕らは、一昨年だったかな?歩いたのは。
小屋には夕方着いたような?(^^)
テンバいっぱいで、小屋の上のトイレ前のスペースにもテントが!
そそ、僕もあの橋とか、、、、、
昔の人もここに足を置いたんだなぁ、って感慨深く眺めました。
Commented by ミセスハイジ at 2014-09-18 20:00 x
こんばんは〜。

我が家が、いつかいつか…と思いつつまだ行けてないコース。
先越されちゃった(笑)

あんな危なっかしい橋があったりするのね。
私はちと不安になったよ。
二日目の霞沢岳、楽しみだな〜。

あと、相棒さんのパンツの話し、出してね。
どんなパンツだったかアップで見たい。
けど、知らなければ至って普通に感じると思うけど。
Commented by yamausagi-sa at 2014-09-18 21:36
こんばんは〜♪
先人の足跡に想いを寄せながら静かな山歩き、
クラッシックルートとっても素敵だね♡

こんな朽ちかけた橋を渡ったりで苦手な徒渉、頑張ったね!
相棒さんが渡してくれた魔法の杖の効き目は絶大だね(笑)
今回の練習で、次の滝も大丈夫だね(*^o^*)

二日目も楽しみにしてますね〜♪
Commented by akko-kornblume at 2014-09-23 08:59
ちゅちゅさん☆

おはようございます♪
いやいや、この危なっかしい橋、半泣きでした(笑)
やっぱり下に水が流れてると駄目みたい。
最近は人気が出てきて歩く人も増えたみたいだけど、
こんなお天気いい連休はみんな穂高や槍なのね、きっと!
なかなか穴場でしたよ♪
霞沢もいい山でした♡静かで展望抜群だから、
ちゅちゅさんもいつか是非~♪
Commented by akko-kornblume at 2014-09-23 09:06
Palletさん☆

おはようございます~♡
行く前にpalletさんのレポを読んだのっワクワクしながら歩きました!
桂の木も相変わらずどっしり佇んでました。

長くてどうなるかと思ったけど
楽しくて堪らない素晴らしい道でした。
霞沢はきつかったです~~もうへろへろでした、

あの橋が無くなるのも寂しいですね。怖かったけど。
Commented by akko-kornblume at 2014-09-23 09:46
うんちろさん☆

こんにちは~♡
静かなところに行きたいと温めていたプラン、
ようやく歩く事が出来ました♪
長いけど退屈しないでワクワクしながら歩きましたよ。

危なっかしい橋は、もうホントギブアップかと思いましたよ。
全然解決できないわ(笑)
でも、皆さん、怖かった~~って言ってましたが(^-^;

いつか是非歩いてくださいね(^-^)/
Commented by akko-kornblume at 2014-09-23 09:52
Tokkyさん☆

こんにちは~♪
クラシックルートはいつか歩いてみたいと思うよね。
想像していたよりずっと素敵な、よく整備された道でしたし、
何より森が美しくて素晴らしかったです!

大木の写真かな?
いつかTokkyさんにお会いする事があれば、
プリントして差し上げますね!
誉めていただいて嬉しいです!ありがとうございます♪

ビール(笑) ちゃんと計算しなくちゃですね♪
Commented by akko-kornblume at 2014-09-24 17:09
ひろくん☆

こんにちは!
ひろくん達は黒姫山に登ったのね。
私にとってあの辺りは懐かしい場所でいつか登りたいなって思っている山なの。
だからレポじーっくり拝見しましたよ。

そうなの、ひろくんの霞沢岳のレポを見てから絶対に行きたいって思ってて。
ようやく登ることが出来たのでした。
あの橋は前からあんなだったのかな?怖かったわぁ(*_*;
でも、とってもいい道だよね。またいつか歩きたいなって思うもの。
Commented by akko-kornblume at 2014-09-24 17:12
ハイジさん☆

こんにちは!
えへへ、先越しちゃいましたかぁ(笑)
前から歩きたいなとは思っていたのだけど
長そうでどうしようかなって思ってたけど歩いたらあっという間でした。
飽きることのない素敵なルートでした。
秋の紅葉とか素晴らしいんじゃないかしたん。

橋も改修されるみたいだし是非歩いてくdさいませね。
相棒が履いてるチェックのパンツ、実は私のなのですよ。
Commented by akko-kornblume at 2014-09-24 17:26
山うさぎさん☆

こんにちは!
太い棒・・・気が付いてくれてありがとう(笑)
こんな太い杖にすがらないとダメなんてね(-_-)
渡りながら二人で大爆笑だったの。情けないやら可笑しいやら。

静かで素敵なルートでしょう?
こういう場所を歩くのってじーんと感動してしまう私です(^^ゞ

あ、滝は今からドキドキですってー!
みっちゃんでも靴の中濡れたのに、私じゃ確実に濡れますって(+_+)
名前
URL
削除用パスワード


<< いにしえの道を歩いて@島々~徳...      秋の三連休はクラシックルートを... >>