山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 18日

槍に恋した夏山歩き@蝶ヶ岳~西岳 ① 2014.8.11(月)~14(木)

c0213096_18573638.jpg
降り続いた雨のあとの見事な夕焼けと槍ヶ岳@常念小屋 2014.8.12(火)

今年の夏休みは去年槍ヶ岳から眺めた常念岳に登ろうと決めていました。我が家はマイカー派なので出来れば馬蹄形で歩きたい。自由になるお休みは5日間。色々悩んだ挙句、上高地IIN・OUTで常念山脈を大天井岳まで、大天井岳からは西岳もしくは槍ヶ岳・南岳、そして上高地に下山という計画を立てました。

しかーし、前日まで台風が吹き荒れていて山なんか行けるのかな~って状態。台風のあとは山の天気は荒れるので前日まで悩みましたが、無理しないことを約束して上高地へと車を走らせました。





c0213096_19203867.jpg
日付の変わる前に沢渡にINして車中泊。6時半のバスに乗って雨の降る上高地へ。朝の上高地は登山者だけの静かな時間。

私は暑がりなので雨カッパのズボンだけ履いて傘を差して歩くことにしました。雨が結構降ってたからカメラはザックにIN。
c0213096_19283216.jpg
約2時間で徳澤に到着。久しぶりに担ぐテン泊用のザックの重さに体がちっとも慣れなくてへとへと。
c0213096_19314249.jpg
とりあえずソフトクリームをいただいて休憩。
c0213096_19325086.jpg
休憩している間に雨も上がったので、気を取り直して歩くことにしましょう。
c0213096_1934226.jpg
[9:30]今日の目的地は蝶ヶ岳。徳澤から長塀(ながかべ)尾根を登り長塀山までがCT3:40、長塀山から蝶ヶ岳までがCT1:00 というロングコース。いきなりの急登に足がちっとも上がらないし、美しい森の中を歩くコースなのだけど、何しろ長くてキツくて(^-^;
c0213096_19443695.jpg
池のようになっているところ多数。
c0213096_19453479.jpg
[11:20]もう大分頑張ったと思うのだけど、まだ1/3なのね。
c0213096_19463033.jpg
プチ渡渉が続いてげんなりです。ちなみにここはただの登山道です。
c0213096_194942.jpg
[12:40]まだ半分(T_T) 雨は降ったり止んだり。ずっと樹林帯の中なので変化が無いし、なかなか辛いトレイルでした。
c0213096_1951412.jpg
[13:45]ようやく長塀山に到着。抜きつ抜かれつしていた方達とここキツイですねーと嘆きつつ励まし合う。
c0213096_19551930.jpg
蝶ヶ岳に近づいてくると沢山の花達に迎えられてちょっぴりだけ(笑)テンションアップ!
c0213096_1959969.jpg
あそこが山頂かしら?もうここまで長くて心が何度も折れそうになりました。
c0213096_200230.jpg
お花たち、今日はちっとも撮ってあげなくてごめんね。もうここへ来るだけで精一杯のわたし。
c0213096_2013521.jpg
[14:45]山頂付近から見えた明日歩くはずの山々。
c0213096_201446.jpg
樹林帯の中はそれほどでもなかった風が稜線に出ると立っているのも大変なほどの強風で。一瞬だけ青空も広がったけど、ホントに一瞬だけのことでした。
c0213096_2017635.jpg
小屋にテン場の受付をしに行った時に撮った常念岳。これ以降風と霧に覆われて展望は全くない蝶ヶ岳山荘のテン場でした。

雨こそは降らなかったけれど、テントを設営するのも大変なほどの強風が吹き荒れていて、ソロの方はテントを張るのも大変そうでした。小屋に山バッチを買いに行った時にちょうど天気予報をやっていて、明日は朝から一日雨だと知りガッカリ。

今日もホントに体力を使ったし、この先もずーっとお天気悪いみたいだし、もう下山しちゃう?そんな弱気な会話ばかり。風に煽られて飛ばされそうなテントの中でシュラフにくるまって早々に就寝。いつも通り3時に起床して4時には歩き出すことにして、朝のお天気を見て進むか撤退するか決めることにしました。

翌朝4時、雨は降り始めていなくて、とりあえず横尾に下る分岐まで行ってからどうするか決めることに。ヘッテンの明かりでは足元を照らすのも不十分なくらいの濃霧。20分ほどで分岐。さて、どうする?もう下山しちゃいたい気持ちと常念岳に登りたい気持ちは半々。雨が降り出したけれど、小雨程度。下山しても後悔しそうだし、進むことに決めました。

私はこの日はカメラがザックの中に入れてました。一応防湿防滴のカメラではあるけれど、この雨の中で撮ることも無いし、大事なカメラなので濡らしたくないしね。
c0213096_2034972.jpg
[5:15]蝶槍の山頂。ここからは激下り。雨も風も強くて必死の巻き。

名も無い峰々を越えてもなかなか常念岳が見えて来ない。晴れていれば大展望で気持ちがいいところなのだろうけれど、もう苦痛でしかない一歩一歩。雨宿りをするところも無いのでポーチをザックにしまいたくてもそれさえも出来ないくらい。

常念岳の登りが始まると、ますます風雨が激しくなるし、風に煽られないようにしっかり歩かないと飛ばされそうで。おまけに手足がだんだん冷たくなるのが分かる。相棒と励まし合いながら歩く。

常念岳の山頂の手前で相棒が雷鳥だよーと待っていてくれました。相棒が撮った雷鳥の親子。
c0213096_20422520.jpg
初めはピヨピヨ泣いて遊んでいた雛たち。
c0213096_20431466.jpg
風雨が強くなると母親のそばにぴったりくっついて。
c0213096_20443928.jpg
母親のお腹の下にすっぽり入って風雨から守ってもらっていました。私が見たのはお母さんのお腹の下に入ったところ。母の愛ですね。

そして最後の力を振り絞って常念岳山頂へ。
c0213096_2047994.jpg
[9:25]びしょ濡れで凍えながらの常念岳山頂。CT4時間のところ5時間半もかかった長い長い道のりでした。

山頂から少し下ったところが二股登山口への分岐。その鞍部で相棒のザックカバーが風に舞って飛んでいったー!(*_*; 見えていたけれどとても取りに行ける場所ではないので諦めるしかありませんでした。

常念岳から常念小屋まではCT45分だけど、これがなかなか急坂のザレザレで私は1時間もかかってしまいました。本当はこの日の予定では大天井岳まで行くはずでしたが、こんなにびっしょり濡れて体も冷え切っているのでこの日は常念小屋にお世話になることにしました。とてもじゃないけれどテントを張る気持ちになんてなりませんでしたしね。風引いちゃいますしね。

今回ほど小屋のありがたさを実感したことはないってくらい。低体温症になる寸前だったかも。

全身着替えて落ち着いたので小屋でお昼ご飯をいただくことにしました。
c0213096_20562338.jpg
暖かい小屋で温かい食事に生ビール最高ですね。

午後は布団にくるまってお昼寝。もう少し寝てようかなと思ったら、同室の方が槍ヶ岳が見えてるよと教えてくださって、大慌てで起きて食堂へ。
c0213096_2113652.jpg
2日間全く展望が無かったのでテンションアップ!嬉しいな~!小屋の外にも行ってみよう。
c0213096_2135826.jpg
今日も一日雨の予報だったから期待していなかっただけに、嬉しくて嬉しくて。もう下山しちゃってもいいくらい。
c0213096_214596.jpg
横通岳へとつながる稜線も見えて来て。おまけに・・・
c0213096_2161588.jpg
私達を苦しめた常念岳もすがすがしい顔をして現れて。こんな優しい顔した山だったとは!
c0213096_2173149.jpg
この日は贅沢して小屋ご飯をいただきました。美味しかったし、一緒にテーブルを囲んだ方達との会話もとっても楽しかった。

夕飯が終わったら、また外へ出て過ごしましょう。
c0213096_21101514.jpg
とりあえず気分もいいのでジャンプ~!そして今日はそばにいた若者たちとも一緒に・・・
c0213096_2112372.jpg
若さが出てる(苦笑) 
c0213096_2112425.jpg
彼らは今回が2回目の山登りなんですって。雨の中よく歩いてきたなーと思います。
c0213096_2115152.jpg
明日歩く予定の尾根の向こうに沈む夕日。
c0213096_21155583.jpg
そして沈んだ太陽に照らされてる槍の穂先が雲に影を作って穂先が2重に見えていて。
c0213096_21185959.jpg
小屋前に集うみんなの顔は晴れ晴れとしていました。あんな暴風雨の中ここまで来たのだもの。なんか同志みたいな気持ちなのよね。
c0213096_21203967.jpg
ザックの中身もみんな濡れちゃって、お財布の中のお札も濡れてくっついてしまったし、相棒のEOS7Dも浸水しちゃって故障しちゃったし、ザックカバーも飛んでいったりと本当に大変な一日だったけれど、一日の終わりにこんな素晴らしい景色を見ることが出来て感激でした。
c0213096_21233793.jpg
この時点で翌日どうするか決めかねていた私たち。今日があまりにも辛かったのでお天気悪いならもう一ノ沢に下山しちゃおうと思ってて。でも、明日一日だけでもお天気ならば西岳まで行けるかな。一応先に進むと決めて眠りにつきました。

長くなりそうなので続きは近いうちに(#^.^#)♪

by akko-kornblume | 2014-08-18 21:41 | 山 2014


<< 槍に恋した夏山歩き@蝶ヶ岳~西...      夏山縦走より帰宅しました! >>