山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 30日

南アルプス応援ツアー@花の仙丈ケ岳 2013.7.27(土)~28(日)

c0213096_20173852.jpg
この週末は、サントリー×ヤマケイさんの『鈴木みきさんといく、南アルプス応援ツアー@仙丈ケ岳』に参加させていただきました。

南アルプス応援ツアーとは何かと言うと、ニホンジカが増えすぎたせいで高山帯の高山植物と食べつくし、貴重な高山植物が激減している今の状態をみなさんにお伝えし、登山が好きなみなさんに応援をお願いするというもの。

みなさんも、ニホンジカの被害を身近な山域でも実感していることと思います。奥多摩や八ヶ岳などでも木の幹が食べられているのをよく目にする機会がありますよね。原因として考えられているのは、温暖化によりドカ雪が降らなくなって昔は冬に数が減っていたニホンジカが増え続ける一方だということ。天敵であったニホンオオカミの絶滅(ニホンシカだけでなく、ニホンザル、イノシシが大繁殖していった原因) 猟師の高齢化と減少など。

一昔前は、3000m陵線にニホンジカがいるってことは考えられなかったことらしいです。今では南アルプスだけで3万の鹿がいるとのこと!どれだけ深刻なことなのか、その数を聞いただけでも分かります。上の写真で何か気になることはありませんか?答えは後でお話しますね!

そんな南アルプスの山の一つ、南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ケ岳への山旅が始まります。





c0213096_2214462.jpg
7時に新宿を出発したバスが南アルプスへの登山口の一つ伊那側の戸台に着いたのは11:40。ここから参加する工場長さんと合流。

戸台に来たのは2年ぶり。懐かしいな~♪ 祝・南アルプス国立公園指定50周年の垂れ幕。調べてみたら1964年(昭和39年)6月1日に18番目の国立公園として指定されたので、来る2014年はメモリアルイヤーなのですね。

ここで南アルプス林道バスに乗り換えます。
c0213096_22382020.jpg
バスの中では運転手さんが景色の説明をしてくださいます。この山の名前は?なのですが、このザレた斜面にカモシカやニホンジカが歩く獣道が見えることを教えてくださいました。
c0213096_10572216.jpg
トリミングして拡大してみると横に獣道がたくさん通っていることが分かります。こんな斜面も歩くことが出来るとは驚きです!
c0213096_1059937.jpg
懐かしい歌宿からの眺め・・・鋸岳の雄姿。2年前のGWにここから北沢峠へ歩いたことを思い出しました。
c0213096_115551.jpg
北沢峠で準備体操・・・そうそう、今日のガイドさんは気象予報士の村山貢司さん。NHKの朝の気象予報を長年されていた方で、紫外線情報などが始まったのも彼のお陰なのだそうです。とっても気さくで素敵な山が大好きな方でした。
c0213096_18545920.jpg
[13:20]今日のお宿、馬ノ背ヒュッテに向かって出発です。普段ならもうテントでまったりの時間ですものね、すれ違う方たちに今日はどこまで?と何回も聞かれました。そうそう、予定では太平山荘から藪沢を登って行くはずでしたが、今年は雪渓が残っていてまだ歩くことが出来なかったのでした。
c0213096_18575018.jpg
一年ぶりのツアー登山、ゆっくり目のペースなのだけど、息が上がるわたし・・・汗だくだし^_^; でも、みんなでお喋りしながら歩くのは楽しい!
c0213096_18595021.jpg
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)キク科メタカラコウ属の多年草。シカが嫌うマルバダケブキなどの限られた植物が優占するなど、南アルプスで植生が一変しつつある状況なのだそうです。
c0213096_196535.jpg
大滝の頭に到着。カメラマンの加戸昭太郎さんは、みんなのあとへ前へと登ったり降りたりしながら写真を撮ってくださってました。私たちの3倍くらい歩いているはずです。重たい機材を持って登るカメラマンさんって本当に体力が必要なのですね。

大滝の頭からは馬ノ背ヒュッテに向かうトラバースへ。
c0213096_1992010.jpg
ここのトレイルってみずみずしくて大好きな場所。歩くのがとっても嬉しい。
c0213096_19102022.jpg
雪渓が残っていました。風がひんやり気持ちいい!
c0213096_1911884.jpg
可愛い花も咲き出しました。
c0213096_19143919.jpg
藪沢の雪渓のそばは、コバイケイソウの芽がニョキニョキ伸びていて、これから春になろうとしていました。

雪渓を渡ると両側に鹿柵が張り巡らされていて、ちょっぴり異様な雰囲気。あと少しで着くと思ったら足取り軽くなって写真撮らなかったので後悔(ーー;) 柵の中はお花いっぱい、柵の外は花が全く無かったです。こんな風になってしまったとはビックリです。
c0213096_19254259.jpg
[16:00]馬ノ背ヒュッテに到着です。今日は午後は雨の予報だったのに、ここまで一滴も降られなかくて嬉しっ!とりあえずカメラマンさんによる撮影をして・・・
c0213096_19285945.jpg
オールフリーで乾杯~~~♪ そして・・・
c0213096_19291789.jpg
冷えっ冷えのオールフリーでも乾杯~~~♪ 今日はもう歩かなくていいですからね(^-^) ヤマケイの林さん、神谷さん、ボッカありがとうございました。

小屋は満員でみんなで集まる場所が無いので、外で夕飯の時間までのんびり。
c0213096_19315576.jpg
工場長さんの牡蠣のオイル漬けや、cyu2さんが背負って来てくれた水茄子などおつまみがみんなのザックから出てくる、出てくる。
c0213096_19332799.jpg
cyu2さんのいぶりがっこにクリームチーズ&レーズンも絶品でした。
c0213096_19342231.jpg
小屋の前からは2週間前に登った栗沢山からアサヨ峰までの陵線が見えていて、あの日の山行を思い出したりしていました。 東京はあんなに暑かったのに、ダウンを着ても寒いくらい気温、6時半になると夕食の準備が出来ましたと声がかかりました。
c0213096_19581333.jpg
夕飯はみんなが大好きなカツカレー。とても美味しかったですよ。 食事の間に小屋のオーナーさんから、南アルプスの鹿の被害についてお話がありました。ここ数年であっという間に花が減ってしまったのだそうです。そして冒頭に書いた花が減った原因について詳しく教えていただきました。

小屋の仲間だけの力では現状回避することは出来ない、環境省も動き出してくれてはいるようですが、みんなの協力が必要だということ。私たちに何が出来るか・・・考えていかなければいけないなと思いました。小さな協力としてバンダナをお土産にお買い物。

馬ノ背ヒュッテはウッディーでとても清潔な小屋でした。感心したのは、夜中に切れていたトイレットペーパーが朝にはちゃんと補充されていたこと!ちゃんと気配りが出来ているってことですよね。スタッフさんもみなさん若くて感じが良かったです。
c0213096_20115779.jpg
夕食後は、げんさんのおつまみで白州をいただいたりして和やかな時間を過ごしました。消灯は8時・・・大部屋は賑やかで(笑)なかなか寝付けなくて、夜中にWC(小屋の外にあります)に行き、空を見上げると星がとっても綺麗でした。白鳥座見っけ~!三脚持って来れば良かったなぁ、残念!

起床は4時半の予定でしたが、みなさん早く起きだしていました。
c0213096_20323559.jpg
甲斐駒さんと栗沢山の間の空は優しい色をしていました。山の朝の時間が一番好き。
c0213096_20342469.jpg
雲の間からみんなでご来光を拝むこと出来て感激。やっぱり山の中で迎える朝はいいですね。

朝ご飯は仙丈ヒュッテ付近で食べる事にして、準備体操をしたら出発します。
c0213096_20364594.jpg
柵の中にしか花を見ることが出来ないのは寂しいですけど、仕方が無いのですね。一日も早く元通りの花畑が広がる仙丈ケ岳に戻る日が来ます様に祈らずにはいられません!
c0213096_2038074.jpg
森林限界を越えると、山の陵線がはっきり見えてきてテンションアップ。
c0213096_20395075.jpg
中央アルプスもお天気良さそう!
c0213096_20402267.jpg
七竈(ナナカマド)・・・きっと紅葉の季節も綺麗なんだろうな~と想像しながら歩きます。
c0213096_20421055.jpg
稚児車(チングルマ)もあちらこちらに咲いています。でも、やっぱり花が少ない印象を受けますね。前にここを歩いた時は黒百合があちらこちらに咲いていた記憶。寂しいですね。
c0213096_20432142.jpg
馬ノ背から続く丹溪新道・・・いつか歩いてみたいな。鋸岳の向こうには八ヶ岳。

小屋の手前の冷たくて美味しい南アルプス天然水で喉を潤して、ひと登りで仙丈ヒュッテに到着。ここでお弁当にしていただいた朝ご飯をいただきます。
c0213096_20525990.jpg
海苔べんとう、とっても美味しかった!ご馳走様でした。みんな、お腹空いていたんだよね。小屋の前は風力発電の風車が並んでいるだけあって、風の通り道で寒くて凍えそう。暑がりの私もさすがに上着を着たほど。

さぁ、ここからは楽しい陵線歩きが始まります。
c0213096_21111170.jpg
素晴らしい眺めで振り返ってばかり。
c0213096_2113596.jpg
お花も色々・・・
c0213096_21191215.jpg
c0213096_21191775.jpg
c0213096_2120791.jpg
素晴らしい眺めに酔う時間。
c0213096_21213547.jpg
c0213096_21215693.jpg
息はハアハアしてしまうけど、やっぱり山が好きだなぁってこんな景色を見るとつくづく思います。
c0213096_21263584.jpg
c0213096_21271545.jpg
お花達に励まされながら、ようやく山頂へ辿り着きました。
c0213096_212959.jpg
仙丈ケ岳3032mの山頂でみんなでかんぱーい!みんなの笑顔が眩しい!今年もみんなと一緒にこうして歩けて、山頂に立てて感激。このツアーに初めて参加した子育て中のまゆたさんも久しぶりのアルプスで嬉しそうだったし、工場長さんも色々大変な中でこうやって歩くことが出来たし・・・素敵な仲間たちと山を味わうことが出来て幸せだなぁと思いながら山頂に立っていた私でした。
c0213096_21424560.jpg
山頂からは憧れの仙塩尾根(せんえんおね)の陵線や
c0213096_21434568.jpg
2週間前に歩いたばかりの鳳凰三山の美しい姿に見惚れていました。南アルプスをもっともっと歩きたいな~!
c0213096_21461052.jpg
下山は小仙丈ケ岳を経由するルート。
c0213096_21512390.jpg
富士山と北岳にはちょっと雲がかかっていました。
c0213096_2151511.jpg
曇っていた空にもどんどん青空が広がってきました。
c0213096_21534163.jpg
振り返ると小仙丈カールの美しい姿。でも、ここをよーく見ると・・・
c0213096_21545410.jpg
カールの下のほうに鹿柵が張り巡らされていました。これは鹿を追い込んで捕獲するために作られたもの。上手く成功するといいですね。
c0213096_21584174.jpg
ずっと山頂にかかっていた雲が取れた東駒ケ岳(長野県では甲斐駒ケ岳を東駒ケ岳、木曽駒ケ岳を西駒ケ岳と呼ぶんです)にみんな歓声を揚げて喜んでいました。

小仙丈ケ岳で休憩したら、あとは樹林帯の中をぐんぐん下って行きます。登って来る方も大勢ですれ違いに時間がかかります。
c0213096_2243180.jpg
だんだん膝が痛くなったりして、怪我をしないようにと気をつけていたからか写真を全然撮らないまま北沢峠に戻ってきてしまいました。
c0213096_2262094.jpg
[11:05]北沢峠に下山。みんな疲れてはいても、心は晴れやかで満足だったからかな、笑顔がはじける北沢峠でした。バスが来るまでの間に小屋で作っていただいていたおべんとうをいただき、
c0213096_22131278.jpg
ずっと気になっていた長衛荘のわらびもちパフェをようやく食べることが出来ました!
c0213096_22185475.jpg
いつも帰りはバタバタしていて時間が無くてゆっくり出来なかったからめっちゃ嬉しい。やっぱり女子は甘いものがないとね、美味しかった~!
c0213096_2219784.jpg
きな粉と抹茶のわらびもちにアイスクリームと餡子のトッピング、そしてシリアル!こちら絶品です。北沢峠に来た時は是非お試しあれ~♪

c0213096_22212111.jpg
南アルプス林道バスに乗って戸台に戻ってきたのは1時過ぎ。下界は青空が広がっていて暑い!さっきまで震えるくらい寒かったのにね。
お迎えのバスが来て、高遠のさくらの湯で汗を流して生ビールで乾杯。帰りの中央道は予想通り渋滞に巻き込まれましたが、タイミングよく下道を走れて新宿に8時過ぎには到着することが出来ました。

この二日間、ヤマケイさん、アルパインツアーさん、朝日広告さん、サントリーさん、そして山友たちと内容の濃いー時間を過ごすことが出来ました。普段の生活から離れて山の中でみなさんと過ごした時間は私にとってとても貴重な時間でした。大変お世話になりました。ありがとうございました!

色々問題は山積みですが、南アルプスの花畑がいつの日か昔の花畑に戻る日が一日も早く来ますようにささやかながら協力していけたらいいなと思います。みなさんも南アルプスを応援してくださいね。

応援の仕方の一例

山ランチ投稿1件につき、100円がヤマケイオンラインを通じて、南アルプスの山岳環境保全に使われる「オールフリー「山ランチ投稿キャンペーン」にもどしどしご参加ください! 山で飲むならオールフリー


今回のツアーに参加したみなさんのレポも是非お読みくださいませ~(^^♪

鈴木みきさん
sanpoさん
cyu2さん
まゆちゃん
たけさん
工場長さん
まゆたさん
げんさん


長いレポ読んでくださってありがとうございました。みなさん、今年は南アルプスに行きましょう~♪


この記事に投票する
「オールフリー人気ランキング掲載中。投票をお願いします!

by akko-kornblume | 2013-07-30 23:09 | 山 2013


<< 初めてのザンバラン       花の女子会・花の山@至仏山  ... >>