山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 18日

憧れの早川尾根を歩く@鳳凰三山 ① 2013.7.13(土)~15(月)

c0213096_21291252.jpg
前回書いた通り、2013年、海の日の連休は長年の夢だった早川尾根を縦走して来ました。幾度も計画しては流れていた夢の縦走路は、私たちを厳しく、そして温かく迎えてくれました。

山旅の始まりの芦安の市営駐車場へ着いたのは、金曜日の夜中1時。3時間の仮眠を取って4時に起床してバス停に向かうと、いまだかつて経験したことのない登山者の群れ。広河原行き5時半発のバスは10台ビッシリ。それでも、まだまだ乗り切れない登山者の長い列を残して出発しました。




c0213096_19583864.jpg
上手い具合に広河原から北沢峠行きのバスに乗り継ぐことが出来て、旅の出発点である北沢峠に着いたのは7時半前。長衛荘の前にも登山者が溢れていました。山ブームなんですねェ。
c0213096_2012351.jpg
7時半の時点でもうテントがビッシリ。このあとどれくらいのテント数になったのかしらん。
c0213096_2052052.jpg
[7:45]私たちは今日はここから栗沢山へ向かいます。さぁ、気をつけて歩いていこう。

栗沢山までのCTは2時間。いきなりの急登になかなか体がいうことを聞きません。せめてもの救いは曇り空のお陰で涼しかったことかな。
c0213096_2010790.jpg
ちっとも足が上がらないよ^_^; 最初っからこんなに元気がないのは寝不足のせいだなぁとつくづく思いました。
c0213096_20125041.jpg
へろへろになりながら、歩くこと2時間、木々の間からカイコマさんが姿を見せてくれてようやく少し元気になる。
c0213096_2014315.jpg
可愛いルリビタキのお嬢さんも励ましに来てくれました。
c0213096_20152629.jpg
森林限界を越えると山頂まではもうすぐ。
c0213096_20165236.jpg
しかーし、もうキツクテなかなか前に進めないわたし。

CT2時間のところ、2時間45分もかかってようやく栗沢山に辿り着きました。もうへろっへろです。
c0213096_20211467.jpg
おやつ休憩をしたら、次はアサヨ峰へ向かいます。岩ゴロゴロのトレイルを歩き始めると、雨が降り出してきて、空模様も暗くなり、風も止みそうにないので、面倒だけど雨具を上下とも着用しました。
c0213096_202516100.jpg
風ゴーゴー
c0213096_20255087.jpg
雨ザーザー
c0213096_20261976.jpg
岩場で危ないので、私はカメラもザックの中に入れる必死の巻きです(ーー;)

あと少しでアサヨ峰に着くところで、相棒が雷鳥だ~~~と嬉しそうな声
c0213096_2028496.jpg
こんな天気だからこその素敵な出逢いに、疲れも吹っ飛びした。
c0213096_20302796.jpg
[12:00]やっとのことでアサヨ峰に到着です。どんだけ時間かかってるんだか(苦笑) 雨も強く降っているので簡単にエナジージェルやドラ焼きで栄養補給したら、すぐに出発です。
c0213096_20324536.jpg
雨で濡れて岩が滑るのでオッカナビックリです。どこまで下るんだって位の激下り・・・また登り返すのかと思うとうんざり。
c0213096_20364569.jpg
アサヨ峰からこんなに下って・・・今度はミヨシの頭へ。ミヨシの頭からまた下って登った名も無い峰からの下りが厄介でした。
c0213096_20412752.jpg
雨が上がったので、私もやっとカメラを出してパチリ。名も無い峰からようやく明日歩くであろう陵線が見えました。

今日テント泊をする早川尾根はどこかなーとよーく見てみると、手前のなだらかな陵線の真ん中辺りに小屋の屋根らしきものが見えました!もう少しだから頑張ろう。残りの力を振り絞って早川尾根小屋に着いたのが、ちょうど3時でした。

小屋で受付をすると、冷たい麦茶を出してくださって感激!疲れた私たちを笑顔にしてくれました。
テントを張ったら(400円×2)まずはビール(600円)で乾杯です。
c0213096_2052379.jpg
こんな山の中でエビスビールが飲めるなんて幸せ~♪ お昼に食べるはずだったマイセンのカツサンドも一緒に。
そうこうしているうちに雨がまた降り出したので、シュラフに包まってお昼寝タイム。すごーく疲れていたのだけど、少し眠ったら大分元気復活(#^.^#)

この日のテントは15張り。トレイルもほとんど誰にも会わなかったし、静かなところに行きたい私たちには期待通りでした。
c0213096_20571867.jpg
今回の縦走は軽量化重視だったので、高級(笑)アマノフーズのカレーとミックスビーンズで夕飯です。
c0213096_2104185.jpg
クスクスも一番軽くて簡単な主食。クスクスにカレーをかけたら出来上がり。もう疲れているときはこんなことしかする気になりませんもん。

雨が上がって水場(小屋から30秒)に水を汲みに行くと、登山口で一緒だったパーティーさんからお酒のお誘いを受け、遠慮なくワインに水割りにおつまみまでご馳走になりました。 本当は明日、南御室小屋まで行くつもりだったけど、すごーく疲れて行けそうにないので広河原に下山しちゃうことにしたから荷物軽くするの手伝ってなんて言われたらね、協力しない訳にはいかないでしょう(笑) 楽しい時間を過ごしました。感謝!

私たちも今日CT5時間のところ7時間もかかってしまったので、明日ちゃんと歩きとおせるのか不安でいっぱいで、私たちも下山しちゃおうか?という葛藤で心がいっぱい。地図を広げて眺めてみるけど、明日歩くところはロング。今日も相棒は私を待ってばっかりだったし。

でも、もしここで諦めちゃったら、これから歩きたいと思っているいくつもの山々に行く勇気がなくなるに違いない。だから、どうしてもここは歩き通したいし、諦めたくない。そんな気持ちを相棒に話すと、それなら一緒に頑張ろうと。今日よく眠って、陵線に上がったら、きっと気持ちよく歩けるはずだよね。

シュラフにもぐると雨が強く降ってきて、風も強くて・・・森がゴーゴー唸る声を聞きながらも、疲れた体は正直であっという間に眠りに付きました。

長くなりそうなので、今日はここまで。続きはまた明日(^^♪ ・・・と思ったけれど時間が足りず。近々アップしますので待っていてくださいね。

by akko-kornblume | 2013-07-18 21:49 | 山 2013 | Comments(22)
Commented by mt_kawamin at 2013-07-18 23:13
お疲れ様~♪
早川尾根は歩いてないけど、似たような岩稜帯だよね~
雨と強風でおっかなびっくり・・・うんうん、わかるわかる!!
登ったり降りたりでうんざりで・・・うんうん

でも、あたし思うけど、白鳳峠から広河原へ降りるなら・・・南御室小屋までの方が楽だと思う(笑)

なんだか同じような状況で、私達が歩いた延長線を歩いてるから
自分の時と重ねて読んでしまいました~~
続きも楽しみだよ~ん♪
そう言えば、雷鳥さん。薬師岳近辺にもいたらしい!!
またしてもわたしは見れなかったけど(ノд・。) グスン
相当普段の行いが悪いらしいww
Commented by とも at 2013-07-18 23:26 x
名も無き峰、登るのも大変でしたよ(>_<)早川尾根一番の頑張り所だったかもです。
雨、相当降られたんですね。あの岩稜を雨の中歩いたなんて精 神的にも疲れたことでしょう、ご苦労様でした。
やっぱ、寝不足はいけませんね、馬蹄形を思い出しました。
二日目のレポも楽しみにしてますね。
私は三角点の等数と点名を調べただけでまだ一行も書いてません…。
Commented by 食うかい at 2013-07-19 06:25 x
そうですか、アサヨはそんな天気だったんですね。
クリちゃんから見た甲斐駒くんが巨大ロボのようで
アサヨから見る北さんが見返り美人のようで
山頂にいた知らないおじさまが
「ここ、とてもいいところですね。」
と話しかけてきたのを思い出しました。

また、チャレンジしてみてくださいね♪
Commented by 山めし礼讃 at 2013-07-19 07:47 x
いやー、早川尾根いいですねー。
また行きたくなっちゃいました。

あのテント場も水場も最高ですよねー。
それにしても三連休、南アはやはりスゴかったんですね。
Commented by ぺんぎん妻 at 2013-07-19 07:48 x
わ、やっぱりアサヨ峰で雷鳥さんに逢えたんだ~♪やっぱりここにネグラがあるんですね~(^^)
早川のテン場のお茶も嬉しいですよね~。気に入ってもらえたようで、良かったぁ。
私達もここは海の日の三連休に行くことが多かったのですが、早川尾根は本当に静かでいいですよね(^^)

中日はお天気もったと思うので、高嶺からの稜線も満喫してもらえたかな~?
続き、楽しみにしてます♪
Commented by akko-kornblume at 2013-07-19 12:35
かわみんさん☆

こんにちは~♪
栗沢山からアサヨ峰までの岩岩の稜線…お天気良かったら楽しめたと思うの。
な・の・に、こんなお天気だったから残念よ~(笑)

ここのアップダウンにはホントうんざり泣かされたわー(-_-)
うん、白鳳峠からの等高線って酷いもんね。
次回は早川尾根小屋でもう一泊してくださいまし。

この雷鳥さん、トレイル上にいたので申し訳なくて
だいぶお待ちしてしまいました(^_^.)
かわみんさんが言ったように、ここからのトレイルはキツカッタけど楽しかったわ。
続き、頑張って書いちゃわないとだわね。
Commented by ぽっちゃん at 2013-07-19 13:08 x
近くで雷鳥を観られる山域にはまだ行ったことありませんが、きっと感無量なんだろうなぁ……。。。
Commented by cyu2 at 2013-07-19 17:10 x
お疲れ様でした!!
雨の中のアップダウン、しかもキョーレツなヤツだもの。
心が折れそうになるよね・・・でも本当によく頑張りました!!
わたしはこんなとこ歩けない~本当にお二人は根性も体力も素晴らしい、かっけ~!!(*^_^*)
Commented by sizuku(姉) at 2013-07-19 18:50 x
矢車草ちゃん、素晴らしい山旅でしたね。
高みへ、高みへと自分を奮い立たせ登って行った頃を思い出しました。
いまは、のんびり、ゆったり志向になったわたし…
山の楽しみ方はいろいろあるけれど、やっぱり、頑張る勇気は忘れたくないね。
矢車草ちゃんの気持ちを理解してくれて、サポートしてくれる相棒さん。
最高のパートナーだね!かっこいいし、仄々だったよ。
続き、楽しみにしてます~(^_-)v
Commented by mari at 2013-07-19 19:22 x
早川尾根、私も気になってる所です。
とにかく静かそうなのが魅力的。

でも雨風の中よく頑張りましたねー。
うちは3連休はすべて企画倒れとなりました(笑)
続き楽しみにしております(^^)/
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 15:29
ともちゃん☆

こんにちは~♪
やっぱり名もなき峰大変だったのかぁ。
自分たちが非力だからかなーって思っていたんだけど^_^;
なんだかどろどろだし、アップダウン半端なかったよね。
カズの中では馬蹄形が一番辛かった山歩きなんだって(笑)
もし、白根三山に行くなら前夜のうちに広河原まで入ってテントしたら
きっと楽に登れるんじゃないかなって思っちゃった。
寝不足はいかんね。
ともちゃんレポも楽しみにしてるよー(#^.^#)
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 15:51
食うかいさん☆

こんにちは~♪
栗ちゃんからの眺めは絶対にいいと思います。
きっと晴れてたら気持ちよいところだったんだろうなぁ、ぐすん。
巨大ロボカイコマくんも見返り美人ももう一回見に行かないとですな。

また大変だったことを忘れた頃に歩きたいと思います(笑)
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 15:58
山めし礼賛さん☆

こんにちは~♪
げんさんお早川尾根レポ拝見しました。
学生時代の懐かしい日記いいですね~!若かりし日のげんさん❤

私もまた早川尾根行きたくなっちゃいましたぁ。
あそこからあの景色を眺めたくて出かけて、頑張った甲斐がありました。
げんさんが美味しいっていう水も飲めて感激でした。
南ア、きてるんでしょうかね?劇混み!
早川尾根は空いていて穴場ですね(*^_^*)
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 16:00
ぺんぎん妻さん☆

こんにちは~♪
アサヨ峰で雷鳥さんに会えた時は嬉しかったです。
そんなこと考える余裕全くなかったんですもん(笑)
今度はお天気のいい秋の日にでもスカっと晴れ渡った早川尾根を歩きたいです。
アサヨも見えなかったしね。また行かなくっちゃ!
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 16:02
ぽっちゃんさん☆

こんにちは~♪
雷鳥さんはいるよっていう山域に行くと必ずと言って良いほど会えますよ!
なかなか逃げていかないいし、可愛いですよ~♪
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 16:05
cyu2さん☆

こんにちは~♪
いえいえ、雨の鳥海山のほうが全然大変ですよ!
今回は降ると思っていなかったし、栗沢山までがキツクテキツクテ。
そっちのほうが雨より大変でした(笑)
たぶん、cyu2姉さんもここ好きだと思いますよ~♪
晴れた日に是非是非!
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 16:33
sizukuお姉ちゃま☆

こんにちは~♪
大変だと覚悟していたのだけど、陵線に乗るまでがキツカッタです。
sizukuお姉ちゃまの今のスタイルはとっても素敵だと思います!
私はもう少し登っていたいけど、きっといつの日かは写真撮るだけで満足しそう。
今も写真撮る楽しみが半分くらいあるような気がします。

いつも相棒には助けられてます。重たい荷物持って貰ってるしね。
下界では色々あるけれど、山では最高のパートナーだと思います(笑)
Commented by akko-kornblume at 2013-07-23 16:36
mariさん☆

こんにちは~♪
mariさん達は雲だったのですね!いつも楽しそうで羨ましいです。

早川尾根って気になるところですよね。
始めの2時間が辛いけど、陵線にのれば楽しいですよ。
お天気いいと眺めもいいと思うし。
週末は赤だったのねー!mariさんたちってホントタフですねェ!
Commented by keykun at 2013-07-24 14:26 x
こんにちは
矢車草さんをこれほど苦しめる山はそうはないと思います。
やっぱり早川尾根はすごいところなのですね。
写真の甲斐駒は遠くからみても美しい山・・・何時かはと思い続けています。
バスがぎっしり混雑すると聞くと行く前から腰が引けてしまいますが・・・〔笑い)
Commented by tukinobo at 2013-07-24 21:51
鳳凰三山の名前は最近覚えました
金峰の帰りにオベリスクを見なかったかと聞かれて
オベリスク??
知らないこと、いっぱいあります(^-^)

わたしもいつか憧れて登ったりするんだろうか
早川尾根小屋でエビス、その輝きが贅沢な山エビスですね

風ゴーゴー
雨ザーザーの岩場、怖すぎる
でも雷鳥さんの写真、ほんとに上手ねぇ、可愛いです
続き、楽しみにしています

リンクもありがとうございます、(^-^)//

Commented by akko-kornblume at 2013-07-25 23:25
keykunさん☆

こんばんは~♪
いえいえ、わたくし結構どこの山にも苦しめられてます(笑)
一日目のアップダウンと風雨が利きましたね(^^ゞ

カイコマは本当にカッコイイ山だと思います。
バスは戸台からお入りになれば乗り換えもないし楽ですよ。
それとも黒戸から行っちゃいますか~?
Commented by akko-kornblume at 2013-07-25 23:32
yakoちゃん☆

こんばんは~♪
鳳凰三山の三つの山の名前、私もやっと覚えました(笑)
金峰山から見えていたはずですわよ、オベリスク!
結構目じるしになる山だと思いますよ。

早川尾根小屋のエビスはホント贅沢だと思った。
あんなに小さな地味な小屋でエビス、しかも600円って良心的でしょ。

お天気悪くなかったら、きっと素敵な山歩きだったんだと思う(ーー;)
雷鳥さんは慰めに来てくれたんだね、きっと。

こちらこそリンクありがとうございます。
このリンク集って私が職場でみんなのブログをうろうろするためっていうのが
一番の目的だったりするんです。でも、、かなりここからあちこち覗いてくれてる人もいるみたい。
yakoちゃんのとこにもまたお邪魔しに行きますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 憧れの早川尾根を歩く@鳳凰三山...      早川尾根を縦走して来ました! >>