山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 11日

秋色の湿原へ@会津駒ケ岳&尾瀬沼 2012.10.6(土)~8(月)

c0213096_1520512.jpg
秋色に染まった湿原に会いに行く・・・これが、今回の山旅の目的。海の日の連休に初めて訪れた会津駒ケ岳の駒の小屋で、秋の草紅葉の時期も素晴らしいと知り、即決でこの連休の駒の小屋を予約しておいたのでした。何しろ人気の駒の小屋はなかなか予約が取れないのだもの、善は急げってやつです。

さて、せっかくの連休だもの、大好きな尾瀬にも足を伸ばそうと、初めは沼でテント泊を考えていたのに、のんびり構えてたら、もう空きが無くて。尾瀬は日帰りにしてどこか温泉にでも泊ろうかとも思ったのだけど、気に入ったお宿はもう満室。それなら一度は泊りたいと思っていた長蔵小屋に泊ることにしようよ。

そんなこんなで、私達は胸を高鳴らせながら、またもや檜枝岐へと車を走らせたのでした。







金曜の夜中に檜枝岐へ向かうつもりでいたのだけれど、会津駒ケ岳の登山口にはWCが無いので車中泊は無理なので、連休初日の3時過ぎに眠い目をこすりながらの出発。桧枝岐村に着いたのは7時半。下道が長いのがネックだけど、だんだん近く思えてくるのだから不思議です。国道から登山口に向かうところにあるWCに入って準備していると、駒中仲間(駒の小屋中毒患者・・・)のMさんとバッタリ!相棒は少し仮眠したいのというので、先にどうぞと言ったのだけど、待っててくださるという。ちょっと仮眠したり、準備したりして歩き出したのは8時半過ぎでした。
c0213096_160472.jpg
今日は登山口から15分ほど下ったところに駐車。車道を少し歩いただけなのに、もう暑い!
c0213096_1641373.jpg
今年は3回目の会津駒・・・季節の移り変わりを感じるので歩いていても飽きることはありません。
c0213096_1654210.jpg
でも、歩き始めのトレイルは直登で、風が全然吹かないので蒸し暑いことこの上なし^_^;
c0213096_1673673.jpg
相棒が大きめの鳥だーとカメラを向けた先には初めましての緑啄木鳥(アオゲラ)の姿!日本にだけ留鳥として生息する固有種です。ちょっと遠いのが残念ですが、初撮りの鳥はやっぱり嬉しい♪
c0213096_1614185.jpg
真っ赤 真っ赤 真っ赤
c0213096_16161865.jpg
Mさんとは偶然!にも駒への3回の訪問で毎回お会いするというのだから、話も弾みます。Mさんは一年に何回駒に来ているの?
c0213096_16213726.jpg
木道をほんの少し歩くと、駒の小屋が見えてきます!そして真っ赤に染まった湿原が目に飛び込んで来て歓声が上がる。
c0213096_16263881.jpg
今年は赤色が綺麗なんだそうです。わー綺麗だー!
c0213096_1631360.jpg
天気はもう少し良いはずだったんだけど、残念ながらお空はどんより。
c0213096_163313.jpg
この間まで暑かった東京からは考えられないくらいの秋の色
c0213096_16345894.jpg
メルヘンの丘の登りはなかなかキツイ!でも、もうあと少し・・・
c0213096_16363222.jpg
大好きな池塘もすっかり秋。もう少しでここも雪に覆われるんだろうなぁ。
c0213096_16381030.jpg
[[11:30]小屋の下のベンチは大賑わいです。ここに先週、げんさんやぺんぎん夫婦さんが座っていたんですね!
小屋に「ただいま~」の挨拶をしたら、とりあえずお昼ご飯にしよう。
c0213096_16411327.jpg
我が家では定番のまい泉のカツサンド♪ ビール飲んでのんびり・・・
c0213096_16424886.jpg
おまけに日本酒も開けちゃったら、山頂は明日・・・とか言って私は温かい布団の中でお昼寝三昧。相棒はその間もMさんやkitadeさんと持って来たワインを開けちゃってワイワイ楽しんでいたみたい。
小屋の自炊場は今日は3回戦。私達は3回戦6時半からだったので、明るいうちに小屋のテラスでご飯始めちゃおうと4時過ぎにはワイン片手に料理開始。
c0213096_1648340.jpg
とりあえず・・・のために作ってきた冷蔵庫一掃のキッシュ♪ カボチャが入ると美味しいな。
c0213096_16493563.jpg
そして、今日は相棒の誕生日を一緒に祝ってもらおうと特別メニュー(相棒が好きってだけですが・・・)
エリンギ、舞茸、本しめじ、あわび茸をベーコンと一緒に炒めます。フライパンから溢れそう。
c0213096_16543174.jpg
それに加えるのは、生クリームとゴルゴンゾーラチーズ。ここまで作っておけば、あとはすぐに出来るのでちょっと散歩♪
c0213096_1656514.jpg
小屋のすぐ下にある駒の大池と会津駒ケ岳・・・初めて来た7月はまだ雪がいっぱいで大池は姿を現していなかった。そして9月に来た時は、この池の美しさに心を奪われた。今日の草紅葉が美しいこの眺めもいいなー♪
c0213096_1721864.jpg
駒中さんの一人、とっても楽しい元気な小学5年生のmくんもここが大好きみたい。
c0213096_1741571.jpg
駒ケ岳から伸びる陵線の紅葉を眺めながら、ベンチに座ってのんびり・・・ここは私にとってホントに心が休まる場所?
c0213096_17101772.jpg
そろそろ、暗くなる前に夕飯を始めちゃいましょう。
c0213096_17112066.jpg
先ほどの生クリームとゴルゴンゾーラを加えたら、キノコのクリームソースの出来上がり。いい香り~~~♪ ここに今日は家で硬めに茹でてきたペンネを投入ー!
c0213096_17153694.jpg
ペンネにソースをよーく絡ませたら出来上がり♪ 黒胡椒を振りかけて食べると美味しいですよ!これは簡単だけど、キノコの旨味たっぷりのソースがたまらなく美味しい一品。生クリームにチーズにベーコンにと高カロリーですけどね(笑)ワインとも良く合います!
3回戦の時間になったので、自炊部屋に移動してもご飯にお酒に・・・他にホタテのバター醤油焼きなども作りました。
c0213096_17212753.jpg
そして、相棒に隠して背負ってきたバースデーケーキを皆さんと一緒に☆ 崩れにくいケーキで悩んだのだけれど、私の大好きな懐かしーユーハイムのフランクフルタークランツ、 皆さん、初めて食べられたようですが、気に入っていただいたようで良かったー♪ 皆さんにHappy Birthdayを歌っていただいて嬉しそうな相棒・・・お誕生日おめでとう!この一年も素敵な一年にして行こうね♪

我が家(相棒)が担いで行ったワイン2L、Mさんも3本のワイン、三橋さんからも差し入れのワインなどなど・・・この夜も賑やかに楽しく過ぎて行きました。就寝時間が近づくと、パラパラ雨が降り出して、夜中は目が覚めるほどザーザー降り(^_^.) 
c0213096_1738212.jpg
幸い朝になると雨は止んでいたけれど、霧が立ち込めていてご来光どころか駒の山頂も見えず。こんなことなら、昨日のうちにせめて山頂を踏んでおけば良かったなーと思ったけれど、また来ればいい。三橋さんとHさんのさよなら~また来ますね~とお別れ♪
c0213096_17392540.jpg
私達が歩き出した時間には、だんだんと空が晴れてきて、登ってくる登山者の方達も皆さんニコニコ笑顔。
c0213096_17411958.jpg
昨日より一段と赤くなったように感じた草紅葉・・・遠くの山波も見えてきました。
c0213096_1743061.jpg
いつの間にか私達の心の拠り所になった駒の小屋。今年はこれで最後だけれど、来年もまた遊びに来ます♪
c0213096_1744076.jpg
急な木道・・・滑らないように気をつけてたのに、思いっきりスッテンした私。危ないよーって言ったのにMさんもツルン。
c0213096_1748597.jpg
帰りは、Mさん、mくんとmくんママと5人でのんびりお喋りしながら下りました。茨城に住むmくんは高尾山に登りたいのだとか・・・いつか計画して一緒に登ろうねーとお約束!
c0213096_1755633.jpg
ドロンドロンの下り・・・前回の2倍の時間をかけてゆっくり下りたのに、私はしっかり筋肉痛・・・早さと筋肉痛は関係ないのね。
c0213096_17521716.jpg
青空の下の草紅葉は見れなかったけれど、沢山の笑顔に会えたし、やっぱり大好きな駒の小屋とその周辺・・・来年は駒ノ大池に写る朝焼けや夕焼け、そして星空にも会いたいから、きっとまた通うことになるんだろうなーと思いながらの下山でした。

再会を約束しての別れ、そして、私達は御池に車を走らせます。(すみません、長くなります)
c0213096_1933814.jpg
御池からはシャトルバスで沼山峠へGO~♪ ブナ平ではいつものように運転手さんがバスを止めてくださいます。今年の紅葉は少し遅れているそうです。ここが真黄色に染まるのを見てみたいな。
c0213096_1953818.jpg
[13:20]沼山峠から、尾瀬沼に向かって歩き出します。さて、どんな風景が私達を待っているのかワクワクします。
c0213096_1971192.jpg
もうこの時間なので、バスに乗っていたのもほんお僅かのお客さんだけ。静か~な森の中にはキノコがいっぱい♪
c0213096_1985982.jpg
私がのろのろ木道を登っていると、先を歩いている相棒が慌てて戻ってくるではありませんか!
c0213096_19103147.jpg
またまた、オコジョの登場です。もの凄くすばしっこくて、この写真はマシなほう。どうも野ねずみを追っかけていたみたいで最後に相棒が撮った写真のオコジョは野ねずみを咥えていました。上手く撮れてなくて残念です。でも、やっぱり嬉しい出会いです(#^.^#)
c0213096_19132546.jpg
御前橘(ごぜんたちばな)の葉っぱも真っ赤に色づいています。
c0213096_1914790.jpg
立派なキノコ・・・名前はちっとも分かりません。木道は濡れていて滑りやすいので慎重に歩いていくと、登山道の間から真っ赤な湿原が見えて、相棒と綺麗だねーと喜び合う。
c0213096_19202257.jpg
今年はこちらも3回目・・・ここの草紅葉見たかったんだー♪
c0213096_19215398.jpg
なかなか足が進みません。
c0213096_19223549.jpg
もし、初めて来たのがこの季節だったらこんなに感激しないんだろうけれど、この湿原の移り変わりを見れて感激してしまう私。
c0213096_19235842.jpg
今日のお宿が見えてきました。この後、沼尻にも行く予定だった・・・のでとりあえずは宿にチェックインしないとね。
c0213096_19264795.jpg
三本カラマツも真っ赤な湿原の中にすっくと立っていました。この景色が見れただけでも笑顔になってしまう(^-^)
c0213096_19355177.jpg

小屋に行く前に、この前の駒ノ小屋でお友達になったビジターセンターのkanaちゃんに小さなお土産持って会いに行きました。とってもとっても可愛いkanaちゃんのニコニコ笑顔に会えて私達も嬉しくなっちゃって。さっき撮ったオコジョの写真や湿原で相棒が撮った野鳥の名前を辞典片手にVCの皆さんと悩んだり。
c0213096_19361659.jpg
こちらは長蔵小屋の裏の茂みで一生懸命になって食事していた鷽の幼鳥。
c0213096_19375291.jpg
モコモコの羽でまん丸になっている幼鳥は何度も枝からツルンと落っこちても必死でもぐもぐ。その姿がとても可愛かった!
c0213096_19282828.jpg
3時に長蔵小屋にチェックイン。これから、沼尻まで行きたいので食事は2回戦目にして欲しいとお願いしたのだけど、チェックイン順なので、それは無理だって・・・えー5時までには戻って来れないよ・・・仕方ない、諦めましょ(T_T)
と、実はまだ行ったことのない沼のほとりへ行ってみましょう。
c0213096_194583.jpg
どうして、今までここに来なかったのかなぁ。一回目は雨だったし、二回目は混雑していたからだね。
c0213096_19462391.jpg
眠りに着く前の静かな尾瀬沼
c0213096_19472055.jpg
反対側の沼もしっとりしていて素敵ー?このまま、部屋に行くのは勿体無いねと、今日はopenしている第2長蔵小屋のかcafeに寄ってみることにしました。
c0213096_19494163.jpg
グランドピアノや暖炉もあるなんともお洒落なcafeです♪ せっかくだからお茶しましょ!
c0213096_1951891.jpg
紫芋のタルト&クリームチーズケーキ・・・ここが山の中だってこと忘れちゃう。尾瀬の写真集を眺めたりしてのんびり。
c0213096_19532371.jpg
cafeの窓にはこんな落書き・・・きっと晴れていてば、ここから燧ケ岳が見えるのでしょうね。こんな遊び心いいなぁ。

部屋に行って、食事前にザブーンと一っ風呂浴びたら、夕飯の時間でした。
c0213096_19554084.jpg
ご馳走でしたよー♪ 美味しかったし、満足満足(#^.^#)
お部屋は8人部屋に6人、カップルが3組・・・この部屋割りが最高でして、お酒飲みながら、時間の経つのも忘れてしまった賑やかな楽しい時間。あんまり山で初めて会った人としないのだけどメアドも交換。いつかこのメンバーとは一緒にどこか行きたいなー♪ 長蔵小屋さん、素敵な部屋割り、ありがとー!

最終日の朝・・・私達は渋滞にハマらないで出来るだけ早く帰りたいので、朝ご飯はおべんとうにしてもらい、5時過ぎに起きて、みんなにさよならを言って小屋を出発。沼のほとりにお立ち寄り。
c0213096_20133121.jpg
尾瀬沼から昇る靄が幻想的・・・うーまだ帰りたくない!
c0213096_20145361.jpg
三本カラマツも昨日とは様子が全然違う、何これ?
c0213096_2015471.jpg
反対側にも回って眺める・・・なんて素晴らしい光景なんでしょう。しばらく離れることが出来ませんでした。
c0213096_20171838.jpg
足元を見ると・・・凍った葉っぱが美しい。
c0213096_2020661.jpg
沼山峠への木道を進むと、燧ケ岳に太陽の光が当たり始めて赤く染まってて。湿原は昨日とは全然違う、真っ白に凍ってるの?
c0213096_20241945.jpg
どの葉っぱも凍ってて、美し過ぎる。
c0213096_20264413.jpg
何度も振り返っては、足が止まって見惚れてしまう。
c0213096_2031211.jpg
燧ケ岳の展望スポットからの眺め・・・一緒のお部屋だったRieさん夫婦は今日はこの頂きに立つのね。最高のお天気で良かったね。
c0213096_2033438.jpg
振り返って見る三本カラマツはあまりにも幻想的・・・心を奪われちゃって立ちすくんでいると、長靴をはいた女性が戻ってこられて、素晴らしい朝ですねと喜び合う。「今日は初霜なんですよ。我慢出来なくて来てしまいました」って。首からぶら下げているカメラはCanon kiss x5・・・もしかして、もしかすると・・・「hidamariさんですか?」・・・昨日VCに行った時も、お声かけようかなーって思っていたのだけど、人気者のhidamariさんに声をかける勇気が無かった私。まさか、まさか、ここでお会い出来るなんて!嬉しい!
c0213096_20471690.jpg

hidamariさんのブログ『尾瀬のひだまり』は本当に写真もコメントも素敵で大ファンの私。同じkissで撮影しているとは全く思えない・・・尾瀬への愛情いっぱいの素晴らしい写真ばかりなのです。凍てつく木道での立ち話だったけれど、いやー興奮しちゃいました(#^.^#)hidamariさんと、この素晴らしい朝を喜びあいました・・・初霜が降りたことも教えていただいて感謝。今度はゆっくりお会いしましょうね♪
c0213096_2049321.jpg
この美しさを言葉では表現できない。拙い写真で少しでも伝えられたらいいのだけどな。
c0213096_20514745.jpg
hidamariさん、またお会いしましょうねー♪ 
c0213096_20532539.jpg
時間とともに変化していくこの景色の一つ一つを見逃したくない。心に刻んだよ、この一瞬一瞬を!
c0213096_20552994.jpg
だんだんに空も明るくなった
c0213096_20592397.jpg
そして、湿原の端っこの森から太陽が照らし出した
c0213096_20573759.jpg
相棒もなかなか足が進まないみたい。どうしたのーと聞くと、湿原に光が当たり始めるのを見たいんだーって。
c0213096_2102848.jpg
そして、その時がやって来て・・・
c0213096_2112544.jpg
太陽の光があたると凍った湿原はみるみるうちに溶け出す
c0213096_2123268.jpg
さっきまで、元気の無かったハウチワカエデも黄金色に輝きだして・・・あーやっぱり尾瀬に泊って良かったーと心の底から思った。
c0213096_2144679.jpg
泊らないと見ることの出来ない尾瀬の姿。この荘厳な時間を体験することが出来て本当に感動でした。峠へのトレイルに入ると、凍った木々が太陽の暖かさで融けて、雨が降っているかのようにポタポタ大きなしずくを降らせていました。
c0213096_216544.jpg
hidamariさんが言っていたように木道はどこもツルツルに凍っていて、滑る滑る・・・緊張が解けた沼山峠のちょっと手前で、スットーンとお尻を打ってしまいました。しばらく痛くて起き上がれなかった。どこも怪我をしていなくて良かったけど、ホント木道は怖い。
c0213096_21123788.jpg
今年、こんなに尾瀬に何度も通うことになるなんて、年の初めには思ってもいなかった私達。檜枝岐がどこにあるのかさえ、知らなかった私。サントリー×ヤマケイさんに連れてきていただいたことがきっかけになったことは確かです。本当にありがたいことです。尾瀬や会津駒ケ岳に出会って、私達の人生が豊かになったことは確かです。

今年はもう檜枝岐に行くチャンスは無いと思うけれど、来年は残雪期の尾瀬や会津駒ケ岳にも出かけたいなー今からとっても楽しみです♪
今日書かないと時間が無いので、またまた長いレポになってしまいました。いつもお付き合いくださってありがとうございます。

by akko-kornblume | 2012-10-11 22:10 | 山 2012


<< 秋の気配の週末・・・拝島ロング...      連休はまた会津駒ケ岳&初霜の尾... >>