山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 11日

秋の風を味わいに@会津駒ケ岳&板室温泉 2012.9.8(土)~10(月)

c0213096_16341324.jpg
相棒の夏休みの残りを追加して連休にした我が家は、計画では立山か穂高の山を歩こうとしていたのですが、どうも天気予報はパッとしない模様。どうしても晴れの日に登りたい(登らないと危険)な山だったので、行き先を迷っていたところ、駒の小屋のあるお祝いに誘っていただき、即行き先変更です(#^.^#)

7月の海の日連休に訪れた会津駒ケ岳はまだ春になったばっかりで雪もたくさん残っていて7月なのに残雪期の山のようだったけれど、あれから2ヶ月、山はほんの短い間に、夏を通り過ぎて、初秋のたたずまいを見せてくれました。

お天気にも恵まれた二日間の山行はとても楽しかったし、久しぶりに訪れた温泉旅館でこれまでの疲れを癒した夏の終わりの三日間でした♪




c0213096_1734516.jpg
土曜日は家を4時に出発、途中で一眠りして檜枝岐村に着いたのは7時半。今日はお祝いのお酒などのボッカのお手伝いをするので、小屋番さんの家に集合です。他のお手伝いの方達も一緒です。相棒は一升瓶2本&4合瓶一本、私は4合瓶一本だけ担ぎました^^;
c0213096_1773426.jpg
みんなが集合し会津駒の登山口に着いた頃には、駐車場はいっぱいで路肩に車を止めました。
c0213096_1791230.jpg
[9:20]今日は8人で賑やかに出発です!
c0213096_17101362.jpg
登山道はいきなり急登で始まります。20分ほど歩いて休憩。みんな汗だらだら。私も皆さんに遅れないように必死!ハアハアするし、汗は大量に流れるんだけれど、美しいブナやミズナラの森の中を歩くのはとても楽しい♪
c0213096_17151838.jpg
登山道には秋の花がちらほら咲いています。
c0213096_17164361.jpg
小屋番の三橋さんがキノコや木についてレクチャーしてくれるのを聞くのも嬉しい。木の幹の香りをかがせてくれたりと、自分たちだけでは全く気がつかない森の魅力に触れることが出来ました。感謝!
c0213096_17194656.jpg
水場の水は、まだちょろちょろは流れていて、細い流れから1リットル汲むのは時間がかかりました。水場を過ぎるといくらか傾斜も緩くなりますが、やっぱりなかなかハードな登りです。
c0213096_17223982.jpg
木道へ出てすぐのベンチで休憩。
c0213096_17242294.jpg
ようやくここで駒の小屋の可愛らしい姿を発見。前回はどんよりお空だったから、こうして青空の下を歩けるのは嬉しいものです。
c0213096_17262355.jpg
小屋の下に広がる湿原もほんのり秋色をしています。この前は雪がいっぱいだったのにたった2ヶ月で秋に移行中・・・。
c0213096_17291959.jpg
小屋は2つあるように見えますが、左側の建物はWC。
c0213096_17332276.jpg
定員30名の小さな小さな小屋は、なかなか予約が取れない人気の小屋です。
c0213096_17325962.jpg
[12:50]ようやく駒の小屋に到着です!前回は雪の中だったベンチは登山者の憩いの場所。
c0213096_181266.jpg
小屋に着いて飲もうと思っていたオールフリーは売り切れ^_^;今日はボッカだったから、自分で持って来なかったのでガッカリ。ま、仕方ありません。とりあえず簡単なランチでもいただきましょう♪
c0213096_1737369.jpg
保冷材代わりに凍らせてきたゼリーを先に食べちゃうとは、どんなに汗をかいたんだか。
c0213096_17391083.jpg
久しぶりに レタス、スモークチーズ、トマト、ハムのサンドイッチを作りました。挟んだだけだけど、シャキシャキレタスがあるのと無いのとでは美味しさが違う♪
c0213096_17424068.jpg
ランチが終わっても、今日は時間がたっぷり。こんな素晴らしいお天気なんだもの山頂に行けばいいんだけど、山頂は明日踏むことにして今日はのんびり過ごそうと。
c0213096_17451231.jpg
駒ノ大池の周りをのんびりお散歩。山の上の池ってどうしてこんなに美しいんだろうか?
c0213096_17475595.jpg
この時間になると日帰りの登山者はもう登って来ないので、静かーーー!ここにいるってことだけでもスゴイ贅沢な時間を過ごしているのです。
c0213096_1751829.jpg
今日初めてお会いしたてっちゃんとはすぐに話が弾んで・・・とても楽しいいい時間♪ 相棒は小屋の前のベンチで男性達と盛り上がっていたみたい。
c0213096_17524217.jpg
ベンチに寝転がって空を見たり、昼寝をしてみたり・・・風は心地よく、暑くも寒くもない、なんという贅沢なのか!山でこんなにのんびり過ごしたことは無かったかも(^-^)

さて、日も傾いてきて、お祝いの時間です。
c0213096_17595145.jpg
お酒いろいろ・・・
c0213096_1833369.jpg
まだまだこんなに^^; 先週の丸川荘といい、駒の小屋といいお酒飲めない人はいないのですねェ。
c0213096_1845897.jpg
美味しいバジルソースのサラダや、寄せ鍋など色々美味しいものがズラリ。飲み始めたら写真撮るの忘れてしまいました。
食事の後はみんなでお喋りしたり、歌ったり♪ 相棒は歌が上手なので、こんな時に歌うと皆さんにいつも喜ばれる。私は普段聞き慣れてる声なのだけど、癒されるねーと言っていただいたりして。リクエストもいただいたので、次回までに練習しておかないとですねェ。
c0213096_1892823.jpg
夜は雷雨・・・雨の上がったあと外に出てみたけれど、星は雲の合間から見えたり隠れたり。色々と参考になるお話もお聞きしました。自分のブログに対する態度も、何かを発信する以上責任があるんだってことを再確認。ちょっと耳が痛い話もありましたが、いい加減な気持ちで書くことの無いようにしなければと思いました。

c0213096_1817961.jpg
朝、布団の中でぐずぐずしていたら、日の出の時間を過ぎていて・・・残念ながらご来光を拝むことは出来ず(涙)
c0213096_18182716.jpg
昨夜遅かったので小屋の中はまだ寝静まっているのだけれど、この朝日のまぶしさを味わったら、じっとしていられなくて。
もちろんまだ寝ている相棒に(笑)山頂まで行ってくるとだけ告げて、カメラだけ持って一人朝の散歩に出かけました。
c0213096_18205230.jpg
歩き始めてすぐに出会った鷽(ウソ)の♂。相棒がいたら喜んだのにー!
c0213096_18222278.jpg
燧ケ岳の美しい山容にドキドキしてしまう。こんな景色を独り占めしちゃっていいのかしら。
c0213096_18245910.jpg
前回はなんにも見えなかった山頂からも燧ケ岳が見えたのですね。
c0213096_1827259.jpg
このまま帰っても、まだ相棒は寝ているだろうし、少しだけお気に入りの中門岳に向かって歩いてみようかな。
c0213096_18273236.jpg
岩菖蒲(いわしょうぶ)の花が紅葉?し始めていて、なんとも言えない可愛らしさ❤
c0213096_18291175.jpg
驚いたことに日光黄菅がいくつか花を咲かせていました。
c0213096_18301440.jpg
花の時期を過ぎた花人参の茎は赤く染まっています。
c0213096_18371932.jpg
岩菖蒲って初めて見た花でしたが、風に揺れる可憐な姿に釘付け♪
c0213096_18383112.jpg
秋ですねー!
c0213096_18395625.jpg
ちょっとだけで小屋に戻ろうと思っていたのだけれど、このお花達と景色でなかなかバックできません。
c0213096_18405434.jpg
こんなにちゃんと燧ケ岳が見れたのは初めてかも。カッコイイのう。
c0213096_18421138.jpg
帰らなくちゃって思うけど、木道をこのまま進みたくなる気持ちのほうが大きくて。
c0213096_18431312.jpg
でもね、相棒が心配するといけないし、これだけ楽しめたらもう満足。
c0213096_1844863.jpg
ワタスゲもゆらゆら・・・ガンガン歩くのも嫌いじゃないけれど、こうやって花を楽しみながら歩く方が楽しいな(^_^.)
c0213096_18461278.jpg
さぁ、小屋に戻ろう。
c0213096_18465553.jpg
コバイケイソウも秋の色に。
c0213096_1849073.jpg
ただいま~♪ さすがに相棒も起きてベンチでのんびりして待っていました。
c0213096_19274650.jpg
相棒も鷽(ウソ)を見つけていたみたい。朝ご飯をいただいてからも急ぐ旅では無いので、小屋の前でのんびり。そろそろ、下山しようかーって時になって相棒がやっぱり山頂を踏みに行きたいと!それも中門岳まで行きたいって。
c0213096_19271373.jpg
もう9時半なのだけどね、今日は東京に帰る訳ではないので時間はあるから行こうか。
c0213096_19311799.jpg
まぁ、このまま下っちゃうのは勿体無いもんね。
c0213096_19315650.jpg
一人で歩いていた時は気がつかなかったこんな実や
c0213096_1933143.jpg
真っ赤な可愛らしい実を見つけたり。
c0213096_19334273.jpg
青い空へと続く道
c0213096_19343248.jpg
素晴らしいお天気・・・何度も素晴らしい景色だねーと言い合う。
c0213096_19355738.jpg
振り返り、振り返り・・・
c0213096_19363862.jpg
立山竜胆はまだまだあちこちで空に向かって花開かせています。
c0213096_19392245.jpg
標高を上げるにしたがって、湿原は秋色が増す感じ♪ 中門大池では気持ち良さそうにお昼寝している方がいたので静かに通り過ぎます
c0213096_19402616.jpg
風は涼しいのだけど、陽射しが暑いーーー!
c0213096_19413753.jpg
前回はパスしてしまった中門岳の標識から先に続く木道の最後は沢山の池塘がある美しい場所でした。
c0213096_19454125.jpg
いつまでもここにいたいなーって思ってしまう静かなところ。
c0213096_19465940.jpg
せっかく駒の小屋まで来たのだものね、ここまで来て正解♪
c0213096_19475186.jpg
毛氈苔(もうせんごけ)も赤く染まり始めていましたよ。
c0213096_19493519.jpg
中門大池に戻ってきて、相棒はジャンプしたかったのだけど、ランチをしている方がいたので遠慮しました。
c0213096_1951598.jpg
この曲がってしまった山頂の標識は今年で見納めらしいですよー!
c0213096_19525193.jpg
美しすぎる雲上の湿原・・・日帰りの方は会津駒ケ岳がゴールの方が殆どなのだけど、是非是非足を伸ばして欲しいなぁ。
c0213096_19543521.jpg
まだまだ帰りたくないねー!連泊する方達の気持ちが分かるなぁ。
c0213096_19553180.jpg
小屋に戻ると、下のベンチはランチを楽しむ方達で大賑わい♪ 素晴らしいお天気に恵まれて、みなさん笑顔でいっぱいでした。
c0213096_19571249.jpg
[11:40]小屋番の三橋さんとさゆりさんにありがとう、そしてまだ小屋の前でのんびりしていた皆さんにさよならをして、また来ますねーと約束して下山します。
c0213096_2004420.jpg
そうなのです、実は来月もすでに予約澄み(#^.^#) 今度はもっと秋色に染まった湿原が迎えてくれることでしょう。今から楽しみだなぁ。
c0213096_2024748.jpg
本当はちょっとしたことがあって、気持ちはあんまり晴れていなかった。悔しい悲しい思いもあったのだけど、それをみんな受け入れてくれる小屋番の三橋さん&さゆりさんに心から感謝の気持ちでいっぱいでした。
c0213096_2055986.jpg
雪笹(ユキザサ)の実はどこか不恰好な形をしていて、実にも色んな形や色があるんですねェ。
c0213096_2082212.jpg
登りもキツカッタけれど、なかなか急坂な登山道・・・
c0213096_20114878.jpg
膝がちょっと痛くなったーと騒いだところで、無事に下山。
c0213096_20125030.jpg
今まで気が付かなかった可愛いお地蔵様に、怪我もしないで下山できたことのお礼を言いました。登りも下りもそこそこキツイのだけれど、駒の小屋から中門岳に広がる美しい景色に会いに、そして小屋番の三橋さん&さゆりさんに会いに、何度でも登りたいな~とつくづく思いました。次回は秋色一色の湿原が広がっているのな?お花の季節ももちろんいいですけれど、これからの秋が深まっていく会津駒ケ岳に会いに行くと静かな山を味わえると思います♪

下山後は、小屋の常連さんのお勧めのお店へ♪
c0213096_2031867.jpg
桧枝岐村の開山(かいざん)さん
c0213096_20315386.jpg
おろし蕎麦をいただきました。お店のおばちゃんも駒に行ってきたと言うと、ニコニコ嬉しそうに、そりゃお天気も良かったし楽しかったでしょーって。ご馳走様でした!

さて、この日は夏休みの残りを利用して、板室温泉に宿をとってありました。
c0213096_20341671.jpg
今日のお宿は板室温泉 大黒屋さん。グルメな私の妹のお勧めの宿で、一度は訪れてみたいと思っていた宿でしたが、これが大当たり♪
c0213096_20382797.jpg
週末は少しお高めなのですが、この日は日曜日だったので平日料金(^^♪ 温泉も素晴らしいし、従業員さんがどの方も自然体で感じが良い。すぐにいい宿だと分かりました。温泉にのんびり入って、宿の前を流れる河原でゆっくり。
c0213096_20431149.jpg
相棒は大岩の上で昼寝(#^.^#)
お部屋には布団の引いてある和室のほかに、テーブルがある部屋が南側にあり、このテーブルで食事をすることになります。
私は基本的に部屋食はあまり好きではない。正座して食べるのも苦手だし、なんとなく落ち着かなくて。でも、こちらは大きなお膳に食事をのせて運んでくださるのです。ちゃんと温かいものは温かく、冷たいものは冷たく出されていました。
c0213096_20493321.jpg
どれもこれも美味しかったー!
c0213096_2050594.jpg
那須の地ビールで乾杯♪ お酒の持ち込み自由なので、私達はワインを買って行きました!
c0213096_20512456.jpg
秋刀魚香梅焼き・・・これも絶品でございました。デザートは冷やしぜんざい。もう酔っ払っていて写真は無し^^;
量も多すぎることなく、ちょうどいい具合。やっぱり人気の宿だけあるなぁと思いました。
c0213096_20542355.jpg
朝ご飯は7時45分からなので、朝ものんびり温泉に入ったり。お庭で太極拳をされている方もいました。
c0213096_205685.jpg
460年続く宿だけあって、敷地は広いし、お庭もよく手入れされていて、気持ちよく過ごせます。
c0213096_20575284.jpg
秋桜も風に吹かれて綺麗でした。
c0213096_20585977.jpg
切り株の割れ目に並んだ小さな植物たちに癒されます。
c0213096_2101097.jpg
お土産物売り場もお洒落。益子の若手作家さんのフリーカップと、可愛い和布のカバーの付いた虫眼鏡(最近小さい字が見えにくい・・・苦笑)をお土産に♪
c0213096_2123456.jpg
玄関に並べられた靴も音符が並んだ板の上を渡るという楽しい遊び♪
c0213096_2152033.jpg
気がついたらGWの後に泊った車山の宿以来、久しぶりに山小屋&テント以外のお泊りでした。二人とも大満足、お気に入りの宿になりました。
c0213096_2121184.jpg
たまにはこういうところも泊りたいなぁーと相棒によーくお願いしておこう。

心配したお天気も上々のお休みで、こんなお天気だったら、立山でも穂高でもよかったのではーとちょっとだけ思いましたが、何故だか心惹かれてしまう桧枝岐村と会津駒ケ岳・・・次回は尾瀬にも足を伸ばしてみようと思います。秋色に染まった尾瀬も今からとっても楽しみ♪ さて、今度の週末はまたまた連休ですね!お天気によって行き先変えないといけなくなりそうな雰囲気だけれど、夏山から秋山へと変わっていく山をのんびり楽しめたらいいなぁと思っています。

by akko-kornblume | 2012-09-11 21:29 | 山 2012


<< 山のヘルメット@グリベル      峠の風コンサート@大菩薩・丸川... >>