山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 21日

温泉紀行@白馬鑓温泉~白馬三山~蓮華温泉①2012.8.15(水)~18(土)

c0213096_18151931.jpg
前記事に書いた通り、紆余曲折の中で決まった夏休みの行き先は、多少の天候不順でも楽しめるだろう温泉から温泉へと歩く山旅でした。ずっと行きたかった憧れの温泉と温泉を繋ぐ山歩きは、お天気が悪かったこともあるのかも知れませんが、なかなかタフでまだまだ体力の足りなさを実感させられた4日間でしたが、山のいで湯に癒された楽しい夏休みになりました♪




c0213096_1829298.jpg
前日に白馬駅近くの白馬館の駐車場に入り、車中泊(去年同じで、暑くて眠れなかった)をして、朝5時に白馬駅からタクシーで猿倉まで(早朝料金・・・4400円)。登山届けを提出して5時半過ぎに出発です。
しばらく林道を歩くと、鑓温泉への分岐。
c0213096_18382436.jpg
今日は白馬鑓温泉までの短い行程なので、こんなに早く出発することは無かったのですが、ようやく憧れの温泉に行くチャンスに恵まれた訳ですから、山の上でのんびり過ごしたいのと、雨の降る前に小屋に辿り着きたかったからでした。
c0213096_18425081.jpg
初めて歩くトレイルはどんなところなのでしょう?
c0213096_18521435.jpg
期待にワクワクしていたのはほんの束の間・・・どろどろのトレイルだし、視界は無いし^_^; 分かっていたけれど、元気が出ないよっ!
c0213096_1846519.jpg
今日は相棒のほうが元気が良かったようで、赤腹(アカハラ・・・スズメ目・ツグミ科)や赤啄木鳥(アカゲラ)の♀、山雀(ヤマガラ)などを順調に見つけて楽しんでいた様子。
c0213096_18523712.jpg
そんなに急登でも無いのだけれど、樹林帯の中は超蒸し暑くてフラフラ。
c0213096_18541535.jpg
中山沢・・・沢らしきものは無かったような・・・
c0213096_190447.jpg
今回は出来るだけ荷物を軽量化してきたつもりでしたが、自分が元気に歩ける範囲を超えていたようで、なかなかピッチが上がりません。
c0213096_1943349.jpg
[8:45]鑓温泉までの中間地点・小日向のコル。途中雨宿りもしましたが、大分時間がかかってしまいました。
c0213096_199394.jpg
いつもぐちゃぐちゃなんだろうなー木道は固定されてないので おっとっとってな感じ。どうもこういうところは苦手な私。
c0213096_19114338.jpg
あーなんでテントなんて担いで歩いているんだろう・・・小屋泊まりだったらきっと楽チンなのに・・・そんなことばっかり考えてたっけ。
c0213096_19133255.jpg
色々と目じるしはあるのですが、ここがどこなんだか、どの辺を歩いているんだか分からないのがまたツライ。
c0213096_19143128.jpg
樹林帯を一旦抜けると、大きな雪渓が見えて来ました。
c0213096_19172368.jpg
雪の上の赤い印があるけど、あそこを渡って行くのかな?
c0213096_19182820.jpg
杓子沢の周りには沢山の花が咲いていて、力をもらいました。
c0213096_19193244.jpg
ほたるぶくろって可愛いなぁ
c0213096_19202550.jpg
雪渓の脇に赤い目じるしがあり、さっき見ていた雪渓の上ではなくてもっと上部を渡るみたい。
c0213096_19232780.jpg
季節が変わるに従って渡渉地点も変わっていくのですね。小屋の方達の尽力が無ければ歩けないルートなんだなぁとつくづくありがたいなと思いました。滑らないように岩の上を歩いて雪渓に向かって行きます。
c0213096_19255475.jpg
まず、相棒が先を歩きます。それにしても大きなザックだこと!
c0213096_1926327.jpg
おっとっとー。雪渓は途中までで、その先には木の橋がかかっています。
c0213096_19282985.jpg
水の激しい流れと大きな音に恐怖心すら覚えるところ
c0213096_1929243.jpg
早くここを渡ってしまいたい!ドキドキです。
c0213096_19304258.jpg
杓子沢・・・無事に渡りきりましたが、ここからも怪しい場所が続いて気が抜けません。
c0213096_19323257.jpg
今度は落石沢・・・人食い岩に食べられてる私のかっこ悪いこと!
c0213096_193456100.jpg
崩沢だとか、そんな恐ろしげな名前ばかり(笑)
c0213096_19393119.jpg
切れ落ちたトレイルが続くので慎重に行きましょ!最大の難所が終わったと思ったら、今度は激しい雨が降り出したので、樹林帯に入って20分くらいは雨宿りしたでしょうか?暑くて着たくなかったけれど、ここで雨合羽を着ることにしました。
小雨になったので、歩き出すことにしましょう。
c0213096_19432632.jpg
雨にしっとり濡れた車百合のつぼみの美しさにはっとさせられたり。
c0213096_19491812.jpg
いくつかの雪渓を歩きます。自分で見ても可笑しくなるくらいのへこたれ具合だ。
c0213096_19473027.jpg
橋を渡って、また大きな雪渓の上を歩いて行きます。大きな雪渓を横切ると・・・
c0213096_19524187.jpg
温泉下の目じるし発見。下って来た方にあともう少しですよー頑張ってーと励まされる。よーし、頑張ろう!硫黄の匂いもして来たぞー!
c0213096_19544832.jpg
この辺りは黄色い絨毯が広がっていました。
c0213096_19553534.jpg
登山道の脇に温泉がじゃんじゃん流れていて、テンションが上がる・・・はずなんだけど、足がちっとも進まず、相棒が霧の中へ消えていきました。

重い足を一生懸命に上げて、ふと目を上げると、あったー白馬鑓温泉!11時半過ぎのことでした。雨宿りもしたけれど、約6時間の道のりでした。遠い温泉だわー!
テン場にはまだ一張りのテントだけ・・・私達は上の段にテントを張って、まずは温泉で汗を流しましょ。
c0213096_2021355.jpg
相棒は露天風呂を貸切という贅沢♪ お見せできるぎりぎりのショット。
c0213096_2025360.jpg
こちらは、女性用の内風呂。露天のお湯は透明ですが、こちらは乳白色で、お湯としたらこっちのほうが私は好き♪ 私も貸切でのんびり。頑張ったご褒美・・・最高ですねーここ!
c0213096_2054226.jpg
残念ながら、景色を楽しみながらという訳には行きませんでしたが、陽射しが強かったら露天はツライので、ちょうど良かったのかも。お湯から上がったら、ビールを買って(500ml・700円なり)今度は足湯でのんびり。
c0213096_209440.jpg
極楽です!その後テントは10張りほどに増えていきましたが、どの方もビール片手にのーんびり寛いでいました。
c0213096_2017273.jpg
私はテントに入ってしばしお昼寝・・・至福の時❤ 相棒は足湯でのんびり・・・楽しそうな話し声が聞こえてて、楽しい時間を過ごしていたようで。なんと同じ大学の同じ学科の後輩にあたる現役女子大生と盛り上がってて。女子が1割しかいない理系の大学だったので、嬉しい出会いに話が弾んだようです。白馬大池から一気にここまで来たのだという山岳部の元気な女の子でした。また会えたらいいなぁ。

夜は7時半から1時間だけ、露天風呂が女性専用になるので、眠いのを堪えてせっかくだから一っ風呂浴びに行き、相棒はその時間男性専用になる内風呂を楽しんだようです。
行くまでは大変だけれど、テント代一人500円でお風呂代300円で入りたい放題なんて・・・今度はここだけに来てもいいねーなんて話ながら眠りにつきました。
夜中にパラパラを雨の音がしていて、目が覚めてテントから外を覗くと真っ白!テントの片付けをしながら簡単に朝ご飯。WCに行こうを外へ出ると、雲海が広がっていました。
c0213096_20295596.jpg
お天気悪いって思ってたので、こんな朝が迎えられてそれだけでも満足♪ 朝風呂してる方も多数。
c0213096_20343713.jpg
この足湯の周りで、沢山の方達としたお喋りも楽しかったなー。
c0213096_20371870.jpg
白馬鑓温泉・・・とっても素敵な場所でした。(写真曲がっちゃった・・・建物はちゃんとまっすぐに建ってますよ)
c0213096_20381162.jpg
[6:00]名残惜しいけれど、出発です。小屋のすぐ後ろから始まる急登・・・歩き出して10分、あー小屋の干し場に二人とも手ぬぐいを忘れた!
c0213096_20405833.jpg
相棒が取りに行ってくれました。ありがとうねー♪
c0213096_2042844.jpg
四葉塩釜(ヨツバシオガマ・・・ゴマノハグサ科)などお花はわんさか咲いていました。
c0213096_20461013.jpg
昨日は小屋がどんなところに建っているのかさえ分からなかったけれど、小屋は毎年取り壊されて立て直されることが必要なのはこんなところに建っているからなんですね!
c0213096_2048337.jpg
期待していなかったけど青空まで見えたりして・・・
c0213096_20485564.jpg
間もなく岩場が始まりました。急に楽しくなって来た(#^.^#)
c0213096_20501047.jpg
高度を急に上げていきます。
c0213096_20522762.jpg
楽しいーーー!気をつけて歩けば危ないところは無いかな。もっともっと岩場が続くのかと思っていたら、呆気なく終わり^_^; 楽しいところは短かった。
c0213096_2055145.jpg
青空が出ると、汗もダラダラ流れる。でも、気持ちいい朝だね。
c0213096_20563370.jpg
岩場が終わるといきなり広いお花畑が広がっていました。写真クリックで拡大します。
c0213096_20582463.jpg
チングルマもまだ咲いていてくれました。
c0213096_20592089.jpg
白山小桜もところ狭しと咲いています。可愛いなぁ❤
c0213096_2101594.jpg
振り返ると、富士山も八ヶ岳もクッキリ。
c0213096_211982.jpg
綺麗な歌声がするなーと見回すと、遠くの枝の先でルリビタキが歌っていたし。
c0213096_2123678.jpg
九十九折の登り・・・足にくるなー。
c0213096_214189.jpg
大好きなチングルマの花穂が風に揺れています。この花穂を見たら、ここがどんな素晴らしい花園なのかってことがよーく分かります。お花の季節にも来てみたいぞー。
c0213096_2161322.jpg
ここは大出原というところだったのですね。この辺りは駒草の群生地でした。陵線に近づくに連れて、天気が悪くなり、霧と風が酷い。
c0213096_21105414.jpg
下ってくる方に合羽を着ないと濡れちゃうと言われて、陵線に出る前に雨合羽の上下を着ることにしました。
c0213096_21345242.jpg
[9:30]陵線に出ると、これまたお花が素晴らしい♪ 
c0213096_21365624.jpg
だけど・・・霧と風ももむ凄くて雨は降っていないのだけど・・・前に進むのがやっとって感じ^^;

で、ここから一気に白馬鑓ヶ岳を越え・・・杓子岳にワープ!
c0213096_2150651.jpg
[11:50]ヘロヘロになって杓子岳山頂に辿り着きました。なんとなくこれで今日の行程は終わりに近づいているような気持ちになってたんだけど、ここからが長かったんです。
c0213096_2148711.jpg
だんだん景色が見えてきてテンションは上がるけれど、体力的にはギリギリな感じ・・・まだなのぉー?
c0213096_21514583.jpg
霧が一瞬晴れて、目の前にそびえる山・・・これ登るんだね。鞍部でおやつ休憩。もうへっとへとな私。
c0213096_21545572.jpg
この日も相棒はなんだかんだ言っても元気だったなぁ。全然追いついていけなくて、のろのろ。
c0213096_21561690.jpg
相棒に教えてもらった雷鳥さん♪
c0213096_2157999.jpg
お花も沢山咲いていて、元気をもらう。
c0213096_21575935.jpg
あと少し頑張れーわたし。
c0213096_21583729.jpg
白馬岳周辺の山は本当にお花が綺麗・・・そろそろ秋の花に移行するのかな。
c0213096_2201173.jpg
とぼとぼ・・・
c0213096_2213673.jpg
テン場見えたー見えてからが長いの法則で、なかなか着かないんだけどね、これが(^-^)
c0213096_2224846.jpg
最初は少なかったテントも最終的には50張りくらいになっていたようです。我が家はちょっと高くなった場所にしました。

町営頂上宿舎のテント場はWCも水場(タンク)も近くて便利。一人500円。ビールは小屋前の自販で購入。
私達は、昼ご飯夜ご飯を兼ねての食事を摂り、ビールで乾杯してテントでのんびり♪ 本当は白馬山荘にお茶しに行きたかったんだけど、20分歩くのが面倒になってしまって(*^_^*)

夜の9時ごろ、WCに行くとテントを出た相棒が「わー大変だ、スゴイ星が落ちて来そうなほどだ」って!テントから頭だけ出して、満天の星空を拝むような気持ちで眺めるわたし。せっかくだからとちょっとだけ登った登山道まで出てみることにしました。
c0213096_22132184.jpg
お天気悪いと思っていて、三脚も広角レンズも持って来なかったーと相棒が嘆いていました。
c0213096_22142218.jpg
今日も一日疲れたけれど、こんなご褒美をもらえるとは!寒さも忘れていつまでも空を見上げていた二人でした。

今回は期限切れになりそうなフリーズドライの食事&ミニトマト&キュウリばっかりだったので、ご飯の写真は撮りませんでした^^;
なので、最後に一枚だけ・・・白馬駅近くのグリンデルで登山前日に食べたご飯のご紹介
c0213096_22355692.jpg
相棒の食べたベーコンステーキ・・・これのお陰で相棒はずっと元気だったのではないかなぁ(#^.^#)とても美味しかったし、コストパフォーマンスは最高です。ここに行くために、白馬駅近くに車を止めて、歩いていったのでした。あ。もちろんおさけのためですが(笑)

長くなったので、今日はここまで!続きは近日中にアップ出来るように頑張ります♪

by akko-kornblume | 2012-08-21 22:43 | 山 2012


<< 温泉紀行@白馬鑓温泉~白馬三山...      夏休みの縦走から帰って来ました! >>