山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 26日

憧れの馬蹄形縦走@白毛門~谷川岳②2012.6.23(土)~24(日)

c0213096_19582512.jpg
縦走一日目はこちらから

草原のふかふかのテント場・・・昨日の疲れも手伝ってぐっすり眠ることが出来ました。昨日、蓬ヒュッテまで辿り着けなかったので 今日は予定よりも長丁場なので 3時に起床して4時には出発することにしました。




朝ご飯はパンとロイヤルミルクティー。相棒はパンが苦手なので喉を通らないらしくて・・・これが後々響くことになるとはつゆ知らず^^;
私達の準備が少し送れてしまって、4時10分に清水峠を出発しました。
c0213096_205480.jpg
登りながら朝空けに染まる空の色を楽しみます。
c0213096_20125253.jpg
今日は素晴らしい快晴の空が広がっていてテンションが上がります。
c0213096_20145570.jpg
振り返ると清水峠の避難小屋と三角屋根が可愛い東電送電線監視小屋
まずは今日の一つ目のピーク七ツ小屋山まで1時間の登りの始まりです。
c0213096_2019033.jpg
上越のマッターホルンと言われる大源太山の勇ましい姿が目の中に飛び込んできました。
c0213096_20203820.jpg
そして迎えたご来光。今日も一日無事に歩くことが出来ますように♪ いい一日になりそう!
c0213096_20213773.jpg
これから歩く谷川岳へと続く陵線・・・果てしなくかんじちゃう^^;
c0213096_20232442.jpg
七ツ小屋山までのトレイルもほんのり赤く染まっています。なんて気持ちのいい朝なんでしょうか。
c0213096_2024495.jpg
遥か彼方に見える谷川岳 一歩一歩歩みを進めるしかない
c0213096_2026747.jpg
朝の爽やかな空気に満ちた山は清清しくて 体の細胞まで喜んでいるように感じます。歩くのがこんなに気持ちいいとは♪
c0213096_2028381.jpg
雪渓の上を歩いてぐんぐん登ります。
c0213096_20292241.jpg
大源太山へと続く分岐には 今日ここを歩くと言っていたSO大生たちのザック。きちんと端っこに寄せてザックカバーもしてあって感心です。
c0213096_2031619.jpg
七ツ小屋山まではあと少し・・・
c0213096_20322267.jpg
少し出発の遅かった相棒も追いついて来ました。
c0213096_20325728.jpg
ここからは大源太山の急峻な陵線がカッコイイ・・・いつかみんなで歩こうと約束。
c0213096_20354092.jpg
やっぱり昨日ここまで歩くことは体力的にも出来なかった、蓬峠まで行くには朝4時出発じゃないと無理だね~と話す。
c0213096_2039430.jpg
白山千鳥(はくさんちどり)も調度いい時期だったようです。
c0213096_20395856.jpg
蓬ヒュッテまでは緩やかな下り・・・気持ちいいところです。
c0213096_20404272.jpg
池塘もちらほら
c0213096_2043014.jpg
だけど、これから歩く大きな山に圧倒される、あんなところ登れるのかなって。
c0213096_20444691.jpg
まぁ、今はこの素敵な場所を楽しまないとね
c0213096_20451779.jpg
お花もいっぱい咲いているんだもの
c0213096_2047686.jpg
[6:10]蓬ヒュッテに到着です。
c0213096_20484687.jpg
小さな可愛い小屋の横にテント場がありました。ここも5~6張りくらいOKな広さ。ただし、テント場はどろどろしてて、テントが大変なことになりそうで・・・清水峠で正解だったかも(実際ここでテント泊されたお兄さん達もそう言っていたし)
c0213096_20505666.jpg
先はまだまだ長いから 歩き続けましょう。
c0213096_20524786.jpg
ここから次のピーク武能岳まではCT55分。それがなかなかハードでして・・・
c0213096_2053792.jpg
これまでの気持ちのいいのんびり歩きはここでおしまい
c0213096_20543153.jpg
向かう武能岳はとても大きい山塊 前を向いてばかりいるとげんなりしちゃうので
c0213096_20555995.jpg
歩いてきた道を振り返り元気をもらう
c0213096_2057151.jpg
一歩一歩・・・・・・・
c0213096_20584461.jpg
[7:15]武能岳に到着♪ 荷物を投げ出して大休憩 相棒は朝ご飯が食べられなかったのでシャリバテ気味・・・いつもは決して食べないミニトマトを美味しいって。こういう時はゼリーみたいなものがいいのかな。今度からもう少し考えないとだね。
c0213096_2131592.jpg
今日初のジャンプ♪ 次の山はここからCT2:10の茂倉岳・・・行き着けるのか・・・
c0213096_2164744.jpg
武能岳と茂倉岳の標高差は200mなんだけど 一気に下ってから登り返すから どれだけ登ればいいのか!
c0213096_218362.jpg
急坂下るのにも必死で息が切れる。これは脂肪が燃焼してるはず!それにしてもこれから歩くトレイルを見るだけでげっそり。だけど・・・
c0213096_21221421.jpg
可愛い白山小桜(はくさんこざくら)があっちにもこっちにも咲いていて、旬な小桜ちゃんは初めてで相棒と喜びあう
c0213096_21235024.jpg
昨日歩いた陵線・・・あっちから来たんだよ、スゴイよ!
c0213096_21244340.jpg
白山一花(はくさんいちげ)も今咲きました~って綺麗なお顔でお出迎えしてくれる。
c0213096_21255955.jpg
登る、登る・・・
c0213096_21262774.jpg
四葉塩釜(よつばしおがま)にも会えました。
c0213096_21281185.jpg
ここは白山一花のトレイル 下から見てても白いのが分かったくらいだもの
c0213096_2129103.jpg
お初にお目にかかった花・・・名前が分かりません。
c0213096_21295944.jpg
登っても登っても 隠れている次のトレイル・・・シンドイ!
c0213096_21314955.jpg
[9:30]長かった~ホントにキツカッタ茂倉岳に着いた・・・みんな座り込んで30分の大休憩~^_^; でも、谷川岳がこんなに近づいてきて感激する私達。朝はあんなに遠くに見えたのに もう手が届きそうなところにあるんだもの。
c0213096_21345688.jpg
そろそろ、行こうか。丸い頂は一ノ倉岳、そしてお隣の双児峰が谷川岳。あと一頑張りかふた頑張りか・・・。
c0213096_21371783.jpg
こちらもお花の道♪ ちょっとウキウキしてきたぞ。
c0213096_21381687.jpg
雪渓を登って行く
c0213096_21385067.jpg
あと少しで山頂だよ
c0213096_21391854.jpg
[10:15]一ノ倉岳に着きました。一ノ倉沢の恐ろしい壁からは想像もつかないようなまあるい山頂です。
c0213096_2213542.jpg
山頂からすぐのところにあるかまぼこ型避難小屋 かなり小さい。
c0213096_22161386.jpg

ここからはまた、一気に下ります。もう嫌・・・なんて言ってられません(言ってたけど・・・)
c0213096_22203081.jpg
どんだけ下るんだろう、結構いやらしいトレイル、慎重に歩かないと!
c0213096_22235059.jpg
ぐんぐん下ってノゾキに到着
c0213096_22244263.jpg
実は先週お天気が良かったら ともちゃんはここ一ノ倉沢南陵を山岳会の方達と登る筈で・・・結構渋滞しているのが上からも見て取れました。
c0213096_22261759.jpg
色々なルートがあるらしく、クライミングを始めた初心者でも登れるところもあるんだとか。上から見てるだけでも怖いけど。
c0213096_22273748.jpg
お決まりの・・・ノゾキ
c0213096_22284193.jpg
谷川岳への登りの岩場もお花でいっぱい 岩場を登るのはとても楽しいのだけど もう足が上がらなくて よいしょの掛け声必須
c0213096_22301883.jpg
あっち側から来たなんて信じられないよ
c0213096_2231146.jpg
なかなか楽しいコースです。
ここでビックリなバッタリが・・・
c0213096_22335345.jpg
もう何年も会っていなかった友達・・・まさかここで会うなんて!山に登ってるのは知っていたし、いつか一緒になんて話もしたのだけどなかなか予定が合わなかった友達。土合から入って土樽まで歩く予定だとか。そうだ、どうだったのかメールしてみなくっちゃ♪
谷川岳の山頂が近づくにつれて登山道は混み込み、
c0213096_2240341.jpg
あ~山旅の最後にこういうのは苦手だったんだ。
c0213096_22373030.jpg
前回は雨で来なかったオキの耳
c0213096_22381751.jpg
そこからよく見えるの西黒尾根・・・そして
c0213096_22391320.jpg
トマの耳ではツーショット込んでない場所でおきまりの
c0213096_22404777.jpg
そしてともちゃんも
c0213096_22411370.jpg
私は・・・って聞かないでくださいね。転ぶと危ないから遠慮してるんです(^_^.)

山頂は混んでいるので さっさと撤退して肩の小屋へGO♪ 結構ギリギリだった水分を補給しなくては!
c0213096_2243178.jpg
サイダー&マンゴージュース購入・・・美味しいに決まってますね。相棒はサイダーが足りなかったらしくてもう一本追加(笑)
そして、周りの人が食べている匂いに負けて・・・
c0213096_22452739.jpg
塩味カップラーメン。山で食べるカップラーメン以上に美味しいものってあるかしらん。
c0213096_22463081.jpg
目の前には平標山へと続くトレイル。歩きたい!!!相棒達は今はそんな気分になれないと言うのだけど 私は今からでも歩きたい~って思って眺めていました。一番ヘタレなくせに(笑)
十分に休憩したので 諦めて下ることにしましょう。
c0213096_22493734.jpg
清水峠のテント場でご一緒だった地元の方の話だと、この時期にこんなに雪が残っていることは無いそうで。積雪量は例年通りなのになかなか融けなかったのですって。雪に慣れてない方達は苦労しながら歩いていました。サンダル履きの方もいましたけどね。
c0213096_22522576.jpg
天神尾根は滑る岩が多い歩き悪いトレイル。
c0213096_22535861.jpg
相棒は今まで一度も靴擦れになってこと無かったのに、今回初めて靴擦れになってしまってたようで。靴紐をもっときつくしばらなかったからかなぁって。今も皮がべろりんと剥けてて痛々しい。帰って来て改めて山用のファーストエイドケースの点検をしました。
c0213096_2257765.jpg
雪渓で大行列が出来ているのが、下からも見てとれました。
c0213096_22582627.jpg
重たいザックを担いで歩いた二日間・・・何を好き好んでこんな大変な思いをしているんだろうってちょっぴり思った時間もありました。
c0213096_2301567.jpg
だけど、この二日間の山旅が終わる頃には 大きな充実感、達成感で心が満たされていて、体はとても疲れていたけれど不思議なことにもう大変だったことは忘れていました。
c0213096_2332357.jpg
樹木の間から覗く白毛門の急登・・・あそこから始まった二日間・・・疲れた~という気持ちよりも なんて素敵な縦走路なんだろうという気持ちの方が大きくなっていました。
c0213096_236398.jpg
今までいくつか思い出すだけでもツラカッタ・・・って気持ちになる山行があるけれど たぶんそれに匹敵するくらいのハードな行程だったと思います。だけど、楽しかった気持ちが強いのはなんでなんだろう?
c0213096_23184563.jpg
足も痛くてギリギリな感じなのに、ロープウエイ駅が見えてくると この旅がもうすぐ終わってしまうことが寂しくて。
c0213096_23202971.jpg
急登あり、美しい森あり、お花畑に池塘に、笹原に、雪渓に、岩場、素晴らしい眺望・・・山の醍醐味、山の楽しさがギュッと詰まった魅力溢れる縦走路だったと思います。
c0213096_2325116.jpg
確かにシンドイです。でも、終わってからの満足感と言ったら!体力勝負なところがあるので どなたにでもはお勧めできないけれど、静かな山歩きを楽しみたい人、ドM好きの方には是非歩いて欲しいなって心から思う素敵な縦走路でした。ロープウエイ駅に着いたのは2時半、この日の行動時間は10時間にも及びました。

リードしながら一緒に歩いてくれたともちゃんには感謝♪ また、一緒に歩きましょう!

ロープウエイで下山後、どうしても汗を流したくて ともちゃんが調べておいてくれた温泉へ♪
c0213096_23332719.jpg
湯桧曾温泉 林屋旅館 小さいながらもよく掃除の行き届いた温泉は源泉かけ流し。一人800円なり。もちろん貸切だし、とてもいいお湯でした。もし機会があれば 再訪したいと思います。

ともちゃんのレポはこちらから

by akko-kornblume | 2012-06-26 23:39 | 山 2012


<< おべんとうの時間       ...      憧れの馬蹄形縦走@白毛門~谷川... >>