山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 08日

雪の女王様に会いに行く@仙丈ヶ岳 2012.4.28(土)~30(月)

c0213096_1727197.jpg
ずっと楽しみにしていた9連休のGW・・・残雪のある山で私達の実力で歩けるところは限られていて、北アルプスで歩けそうなところは燕、涸沢くらいしかないのだけれど、燕は残雪期に歩いたことがあるし、涸沢は遠いし、両方ともそれなりに混んでいそうで尻込み。

スミレ散歩の時にお会いしたたけさんに仙丈ヶ岳はどうかな?と勧められて、歌宿までバスが通っていて、舗道歩きはあるけれど 久々のテント泊の装備もそれくらいなら担げるだろうと判断して 去年の初夏に訪れた大好きな山 雪の女王様に会いに行くことにしました。

本当は29日から入ろうと計画していたのですが 30日からは曇りの予報。それなら28日に入ろうとバタバタと準備して GW初日の4時に自宅を出発して、伊那の戸台仙流荘へ向かいました。



c0213096_182344.jpg
中央道を諏訪ICで下り、桜咲く美しい山里の風景に歓迎されながら 戸台仙流荘の駐車場に着いたのは7時過ぎ。今日は行けたら、駒津峰くらいまで散歩できたらいいねってくらいの漠然とした予定のみ。太陽の光をみなさん楽しんでいる様子。
c0213096_1831978.jpg
GW前の激務の疲れも貯まっていることだし、テン場でのんびりできればいいと のんびり8時過ぎのバスに乗り込みます。最盛期はきっとごった返しているだろうこの場所も 数えられそうな数の登山者だけ。いいですねェ♪ バスの運転手さんの この場所が大好きなんだなぁって感じられる素敵なアナウンスを聞きながら 間近に見える鋸岳の切り立った姿に圧倒されているうちに歌宿到着です。
c0213096_1834201.jpg
歌宿には WCと小さな待合所がありました。
c0213096_18372055.jpg
鋸岳・・・歩くことはないと思うけれど カッコイイなぁと見惚れてしまします。さて、身支度をして出発するとしますか!
ここからは たけさん情報だと約1時間の舗道歩きってことだけど、たけさんとはコンパスの長さも体力も明らかに違っていることにあとで気が付きました(笑)。でも、たけさんが教えてくれた 初日に仙丈に行くと 時間もギリギリになっちゃうから この日は駒津峰くらいまでの散歩くらいにしておくほうがいいよ・・・この情報はとっても重要でした。
c0213096_18451418.jpg
歌宿のトンネルを抜けると 甲斐駒ヶ岳(伊那側だと東駒ヶ岳って呼ぶんですね)と駒津峰、双児山が並んで見えます。こちら側からだと双子なのがよく分かります。
c0213096_18491474.jpg
舗道のところどころに大きな落石があったり、石が落ちてきたりするので 特に落石地帯は足早に通り過ぎるようにします。
c0213096_18504238.jpg
標高1680mの歌宿から2030mの北沢峠まで標高差350m・・・暑さと 久しぶりのテント装備(冬装備)の重さで なかなか足が進みません。甲斐駒さんに励まされて よっちらおっちら。
太平山荘から 相棒は山道(近道だけど踏み抜きだらけ)を、私は舗道を歩きました。
c0213096_19372533.jpg
[10:55]ようやく北沢峠の長衛荘が見えて来ました。長かったなぁ・・・約2時間かかってしまいました。
c0213096_19385740.jpg
テント場へ向かうトレイルは雪がいっぱい。凍っていたら嫌だなと思ったけれど、ぐずぐずの雪。
c0213096_1943036.jpg
去年の海の日連休に来た時は お隣さんのいびきが聞こえるくらいいっぱいだったテント場も今日は20張りくらい。我が家は2段目の広々した場所にテントを張りました。相棒がテントを張っとくから ビール仕入れて来てと。
c0213096_19453367.jpg
とりあえずエビス600円×6本購入。テントは一人一泊500円だから テント代より高いビール!でも、これだけのビールを担いでくるのは大変なので とてもありがたい♪ 我が家が出来上がったところで お昼ごはんにしましょう。
c0213096_19482976.jpg
今日のランチはマイセンのカツサンド。敷物の上に足を伸ばして ビールを飲んでまったりしたら なんだか眠くなちゃって。
c0213096_19531057.jpg
そうだ、昨日はあまり寝て無いもんね!と、あっさり駒津峰行きはキャンセル。今日は大好きなこの場所でのんびりしちゃいましょう。テントの中でシュラフに潜り込み お昼寝♪ ポカポカ陽気でテント内は暑いくらいだったけれど 私は2時間以上も寝てしまいました。
c0213096_19554345.jpg
私が目を覚ますと 相棒は川岸でのんびりくつろいで、青空を眺めたり 野鳥を探したりしていました。ここにいるだけで 癒されるね~、山に登らなくてもいいくらいだねって。
c0213096_2013173.jpg

寒くなる前に夕飯にしちゃおう、そして早く寝ようということで、4時過ぎには夕飯の支度を始めました。
c0213096_2002969.jpg
わかさぎの唐揚げをつまみにビール飲みながらね。今日のメインは 例の大菩薩丸川荘で買った炊飯鍋(丸鍋)でご飯を炊くこと。家では とっても上手に吹きこぼれることなくご飯が炊けることは証明済み。お昼寝する前に お米は水に浸しておきました。 
ご飯当番は相棒にお任せして 私は鶏と野菜のカレーの準備をします。
c0213096_20104979.jpg
ニンニク、玉ねぎ、ズッキーニ、赤パプリカ、キノコ、トマト、飲むヨーグルト、鶏肉と 色々なスパイス。瓶ごと持って行くから重いんだよね。
c0213096_20134232.jpg
野菜とお肉を炒めて、スパイスを加えて・・・ヨーグルトでとろみをつけて 塩コショウで味を調えたら、あらあら、もう出来上がり♪
c0213096_20152488.jpg
ご飯を蒸らしている間に もう一品(と言えるようなものじゃないけれど)
c0213096_20161119.jpg
バーナーで温めたら 黒七味を加えるだけ^_^; でも、美味しいんです。お酒が進んで困ります。さて、ご飯は上手に炊けたかな?
c0213096_20174568.jpg
素晴らしい炊き上がりです。蓋の写真を撮り忘れましたが、蓋に開けてある穴の微妙な大きさを決めるのに只木さんと 社長さんで試行錯誤されたのだとか。これは山で重宝しそうですよ。鍋レポートは工場長さんのところでどうぞ
c0213096_2026245.jpg
ホカホカご飯にカレーをかけて いただきます♪ 多すぎて食べきれないと思ったカレーも美味しくてペロリ。と、何もしない まったりした一日は幸せに過ぎて行きました。
この日は7時ごろにはシュラフに入って二人ともすぐに爆睡でした。昼寝もしたのになぁ。こんなに眠れるのって山の美味しい空気のせいなのかしら?

朝方、寒くて目が覚めたけれど、たぶん-2度くらいだったみたいです。私のシュラフは冬用モデル-14度対応なのに私は寒くて、3シーズン用-6度対応の相棒は全く寒くなかったらしい。家でもまだダウンかけて寝てる私と薄い毛布一枚の相棒では 体感温度が大分違うってことなんだろうなぁ。これでは厳冬期のテント泊はやっぱり無理だね、冬は小屋に泊ろう。
c0213096_20341297.jpg
次の日の朝は 4時半ごろにのそのそと置きだして、残りご飯で雑炊を作って簡単に朝ご飯。5時40分にテント場を出発して 仙丈ヶ岳に向かいました。
c0213096_20373170.jpg
登山口からトレイルに入ると 雪がいっぱい。この時間はまだぐちゃぐちゃではなくて 歩きやすい雪でした。
c0213096_20463164.jpg
少し歩くと 北岳展望台。北岳の美しい山頂の三角が見えて テンションが上がります。
c0213096_20485875.jpg
他の年のことが分からないのでなんとも言えませんが、樹林帯の中は雪がたくさん。
c0213096_20564189.jpg
下山時には腐ってて大変だったけど 行きは順調。
c0213096_20593698.jpg
静かな山の中に響き渡るのは小鳥のさえずり♪♪ ベレー帽が可愛いコガラさんです。
c0213096_20511137.jpg
[7:35]ちょうどCT通り2時間で大滝の頭。少し休憩したかったのだけど 場所も狭いし、もう少し登った森林限界のところで休むことにしましょう。樹林帯の中は雪がたくさん
c0213096_2142075.jpg
森林限界を超えると甲斐駒さんが姿を見せ始めます。カッコイイなぁ。
c0213096_2123838.jpg
北岳も素敵です。
c0213096_2193955.jpg
さて、この辺でアイゼンを装着しましょう。
c0213096_20552221.jpg
お腹の空いた私はまずはおやつ。京都土産の京えくぼ♪
c0213096_2154121.jpg
相棒は一発跳んでおくことに。甲斐駒をバックにジャンプ!
c0213096_217872.jpg
冬と違って寒くないからアイゼンものんびりとしっかり着けることが出来るのがありがたいな。
c0213096_219112.jpg
さあ、頑張って歩こう!真っ白な頂に向かって歩くのっていいな。
c0213096_22432264.jpg
富士山もうっすらはっきり見えています♪
c0213096_2244052.jpg
白峰三山・・・今年は歩けたらいいなぁ。あちら側から 仙丈を眺めてみたいなぁ。
c0213096_22451579.jpg
[9:00]小仙丈ヶ岳に到着♪ ここから眺める小仙丈沢カールの美しいこと!夏の緑の季節も素敵だったけれど 真っ白にお化粧したカールに会えて もう感激です。

c0213096_8493125.jpg
さあ、。ここからは尾根歩き、気をつけて歩こうねとお互いに気合を入れる。
c0213096_8501951.jpg
一歩間違えば 谷底へどこまでも滑落しそうな場所もあったりするのだけど
c0213096_8514477.jpg
相棒は声をかけるとすぐにポージング
c0213096_8512243.jpg
ここは 夏に岩岩だったところじゃないかな・・・慎重というか腰が引けてる私^^;
c0213096_853427.jpg
それにしても これ以上は望めないってくらいの青空 風もほとんど無い
c0213096_8553662.jpg
登れるか心配になっちゃう急登 一歩一歩しっかり歩かないとね♪
c0213096_8572299.jpg
足元も気になるし、景色も眺めたい でも、安全第一♪ 
c0213096_9125135.jpg
カールを眺めていると 先に登っていったボーダーさん達が滑降して来るのが見えて、先を歩いている相棒は気がつかないで歩いているようで 大声で相棒を呼ぶ でも、なかなか振り向いてくれない・・・あっという間に滑り降りちゃうのに!
c0213096_99324.jpg
重たそうなボードを担ぎ上げてたけれど これは気持ちいいだろうなぁ 大きなシュプールを描いて滑って行きました。
c0213096_9144397.jpg
相棒がようやく気がついて二人目滑降は見れたようです。いいものを見せてもらいました♪

さ、あともう少し・・・頑張ろうと上を見上げると あれ!!!あそこにいるのは・・・
c0213096_9184934.jpg
会いたかった冬毛の雷鳥さん♂です。相棒がとっくに先の斜面を歩いていたのだけど これは教えてあげないわけにはいかず、大声で相棒を呼ぶ私。
c0213096_9203917.jpg
あんまり大きな声で叫ぶと 雷鳥さんが逃げてしまうんじゃないかと心配したけど 雷鳥さんはそんなことはお構いなしに 素晴らしい眺めを堪能していて。
c0213096_9221530.jpg
相棒は血相を変えて下って来ました。ね、のんびり歩くっていうのも悪いもんじゃないでしょ?
c0213096_9231880.jpg
大サービスしてくれた雷鳥さん 会えて嬉しかったな♪ 可愛いこの子も遊んでいますよ。
c0213096_9245689.jpg
可愛い姿をしたイワヒバリ。人懐っこい性格のイワヒバリは 私のことなんか気にもしないで 楽しそう♪ 相棒は先に行っちゃったから 私が頑張って撮影しよう。
c0213096_9324970.jpg
ここからは 尾根を外れて ちょっと怖いトラバース。西穂で師匠に習ったことを思い出しながら しっかり歩いていこう♪
c0213096_934823.jpg
さあ、山頂はもう目の前・・・この斜面がこの日の登りの中で一番雪の状態が悪くて ぐちゃぐちゃ。やっとのことで登って行きます。
c0213096_9363282.jpg
[10:30]ようやく仙丈ヶ岳山頂に到着です。この青空、爽快感、達成感、たまりません。師匠と歩いた西穂も感激したけれど それとは違う・・・自分達だけでちゃんと歩けたってことがなんだか妙に嬉しくて♪ 今まで師匠に教わってきたことが ちゃんと役にたってるよ。
c0213096_9474022.jpg
山頂は風もほとんどなくてポカポカ暖かくて それならここで山カフェしましょう♪
c0213096_949882.jpg
カフェオレと 林檎&胡桃のパンの簡単ランチですが こんな日に この場所だもの いつもより数倍美味しく感じる!
c0213096_9505583.jpg
北岳を見ながらの のんびりランチ(^-^)いつまでものんびりしていたいけれど 雪が腐る前に下りたいね
c0213096_9523615.jpg
相棒の一人芝居・・・
c0213096_953421.jpg
呆れてしまいます・・・
c0213096_9533431.jpg
すみません、目の保養にならなくて・・・でも、まぁ、相棒も気分は最高だったのでしょうね、はい。
c0213096_954265.jpg
最後に山頂でジャンプ♪ とその時・・・山頂の反対側でランチをしていた方から 「もしかして、ブログやってますか?いつも見ています」と声をかけていただいて。相棒に「あのお弁当を食べている方ですね」って。まさかおべんとうのことを言われるなんて(^^)思ってもみなかったけれど 実はとても嬉しかった私でした。

さあ、下ろうか。事故は下りで起こることが多いから 気を引き締めて歩こうね。
c0213096_1015058.jpg
まずは相棒から・・・ぐちゃぐちゃの急坂 嫌だなぁと見てると
c0213096_1033889.jpg
あ、相棒コケタ!これは 慎重に下らないと。私はゆっくり無事に通過。
c0213096_105275.jpg
帰りたくないね
c0213096_1062772.jpg
危ないから やめて欲しいんだけど・・・見ているほうが怖くて。
c0213096_10105469.jpg
立ち止まって 見惚れてしまう眺め 焦らずのんびり歩こうよ
c0213096_10122972.jpg
登りの時はまだ大丈夫だった雪も もうこの時間では腐っていてどうしようも無いほど
c0213096_1164359.jpg
イワヒバリにもまた会えました。
c0213096_10133872.jpg
ブログを見ていてくださっていた方ご一行様。途中で私のへっぴり腰、見られちゃいましたね・・・なんてお喋りしたのだけど 今日最終バスで下山されるそうで あっという間にぐんぐん下って行かれました。お名前も聞かずに失礼しました。いつかまたどこかでお会いできると嬉しいです♪
c0213096_1016727.jpg
相棒は尻セードで するすると下って行ったけれど 
c0213096_1022152.jpg
この斜面では私はそのまま滑落しそうなので止めておきました。
c0213096_10172487.jpg
北岳にまた会いに行こう。去年の辛さはもう忘れてる私。
c0213096_10195839.jpg
足がすっぽり埋まっている・・・本当にこの日の下山は大変な思いをしました。
c0213096_10222770.jpg
私なんて下りなのに息がハアハアしっぱなし。
c0213096_10423720.jpg
樹林帯の急坂もずっど雪は腐ってて、こんな雪だとアイゼンも効かないし、必死でヘトヘトになりながらの下山でした。
c0213096_10244197.jpg
[13:55]なんとか無事に登山口に戻ってくることが出来てホッとしました。もっと朝早い時間に登ったら こんな思いはしなかったのかも知れません。下山の腐った雪には本当に参りました。もう、今年は雪は終わりにしようかな。

c0213096_10293582.jpg
テン場に戻って、まずはビールでお疲れ様の乾杯。自分のテントに戻る前にベンチで飲んじゃいました♪
この頃にはだんだん空に薄い雲が広がってきて 昨日のようなポカポカ時間は長く続きそうにないので 早めに夕飯を作って のんびりすることにしました。
c0213096_10323189.jpg
今日は簡単なメニューばかり。粉末マッシュポテトを使って コンビーフポテサラを作ります。
c0213096_10342944.jpg
分量どおりのお湯、牛乳の代わりにクリープを加えます。そして、あとはコンビーフとコーンにマヨネーズを混ぜたら 出来上がり♪
c0213096_1036387.jpg
次は昨日の残りのズッキーニと赤パプリカにスパムに 水を入れて沸騰したら
c0213096_1038425.jpg
珍しくインスタント焼きそばを加えて
c0213096_10401237.jpg
イカ天をくずしいれて
c0213096_10433024.jpg
粉末ソースと青海苔を混ぜたら 出来上がりです。このチープな味 ビールが進むのには参ります。

二人とも暗くなる前にすでにお腹いっぱいになって 酔っ払い状態。一緒にWCに向かったのですが・・・帰りがけに 昨日お喋りした方達のテントにお呼ばれしちゃって。
c0213096_10485022.jpg
MMC岡崎山岳部の面々。みなさん、ヒマラヤなど海外登山にも行かれるベテラン揃い。今年は3度目のモンブランにも行かれるとかで、楽しいお話の輪に加えていただいて。
c0213096_10511517.jpg
豚しゃぶをたらふくご馳走になり
c0213096_105235.jpg
今日吊り上げたという新鮮な岩魚のお酒もいただいたりして(#^.^#)楽しい時間を過ごさせていただきました。
c0213096_10543379.jpg
また、是非是非お会いしたいです。ご馳走さまでした♪

c0213096_10551022.jpg
次の日の朝は予報通り どんより曇り空。雲のお陰で朝の気温は1度。今日は暑くて目が覚めました。-14度対応のシュラフだもんね、当たり前かな。我が家は10時のバスに乗って帰ることにしたので のんびり起床。
c0213096_10593723.jpg
手前にあるのが 駒仙小屋のあとに出来た仮の小屋。今年中には小屋が建つとか建たないとか。大好きなテン場 ここにはまた近いうちに来たいな♪
c0213096_1124030.jpg
飲料水は岩の斜面を流れてくる南アルプス天然水でした。

帰りは相棒も太平山荘までのショートカットは歩かずに車道をのんびり♪ 足にもちっとも優しくはない道なのですが けっこう私達を楽しませてくれまして。
c0213096_116678.jpg
カモシカさんはゆっくりと草を食んでるし
c0213096_118812.jpg
久しぶりに撮影できたルリビタキ君 それだけでも足取りは軽くなるし
c0213096_1192145.jpg
太平山荘のおばちゃんには またお出でね~なんて声をかけてもらったりして
c0213096_11102359.jpg
お天気に恵まれた素晴らしいGWになりました。真っ白な女王様は 私達を優しく迎えてくれたし、静かなテント場で癒されたし、毎年ここでGWを過ごすのもいいなと思ったほどでした。
c0213096_11333345.jpg
小鳥さんと遊んでばかりいたからか 歌宿まで1時間50分もかかってしまいました。それでも、こんな景色を眺めながらなので ちっとも退屈することの無い、楽しい時間でした。

バスで戸台仙流荘に戻って 予定では仙流荘のお風呂をお借りしようと思っていたのですが、バスの中はほぼ男性ばかりで、こちらのお風呂に入るかたが多そうだったので 我が家は高遠さくらホテルの温泉に入りました。アルカリ性のお湯はとても気持ちがいいし、露天の前には桜が咲いていて綺麗だし、貸し切り状態だったし、3日間の汗を流してすっきりすることが出来ました。
c0213096_1146769.jpg
実はこの日は 前から泊りたかった美味しい宿へ向かったのと 嬉しい再会もあったりと 続きがあるのですが 長くなりすぎたので この後のお話はまた後日♪

GW中はなかなか落ち着いてブログを書けなくて 一週間遅れのレポになってしまいました。GW後半には奥多摩を歩いたので そのレポも近いうちに頑張って書こうと思います。とりあえず仙丈ヶ岳のレポが終わったので みなさんのところへもお邪魔しに行きますね♪

by akko-kornblume | 2012-05-08 11:59 | 山 2012


<< 花遊び~山遊び@惣岳山&御前山...      青空の仙丈ヶ岳に行って来ました♪ >>