山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 04日

キタダケソウに会いに行く@北岳   2011.7.2(土)~3(日)

c0213096_179738.jpg
憧れの山の一つだった北岳・・・いつか登れたらいいなと思いながらも 私達の技術で行けるのか 体力は十分なのか不安要素がいっぱい
それでも 最近は どうしてもキタダケソウに会いたい 会いたい その思いはつのるばかり♪ 
ということで今回は相棒の会社の後輩だけど 山の先輩E君夫妻(冬のイエローフォールでご一緒)にお願いしての山行になりました

富士山につぐ日本第2位の標高3193mの北岳登山 私達にとって大きなチャレンジでした♪ 
いつもの元気な私はどこへ行ったのか^^; 凄~くツラかったけど いい経験が沢山出来て 念願のキタダケソウにも会えて 忘れられない二日間になりました




c0213096_1733742.jpg
今回私達が歩いたコースは広河原から大樺沢沿いに歩いて二俣へ そこからは左俣コースで途中からは雪渓を登って八本歯のコルへ 八本歯のコルからは吊尾根 北岳分岐からはトラバース道 そして北岳山荘でテント泊
二日目は北岳に登り 北岳肩の小屋を経て 草スベリ 白根御池小屋 樹林帯を下って広河原へ戻ることになりました

標高差1683mをテン泊装備で登るなんて未知の世界 厳密に荷物の準備をして減らせるものは減らしたけれど 12本爪のアイゼンが重たくて 結局ザックの重さはいつもと変わらず14キロ+カメラ(軽いレンズに交換) 本当に歩きとおせるのか不安でいっぱいの朝・・・前夜遅くに芦安の駐車場に到着して車中泊 4時起床して E君夫妻と合流してタクシーで広河原に向かいました
c0213096_17463212.jpg
ゲートが開くのは5時10分 ゲート前はタクシーの大行列です 
c0213096_17482992.jpg
[6:00]広河原からいよいよ出発です♪
c0213096_17491261.jpg
梅雨のこの時期なので  お天気は全く期待していなかったけれど 抜けるような青空が広がって 重たいザックもなんのその(な訳ないか・・・) この北岳アタックが決まってから不安もいっぱいだったけど すっごく楽しみにしていた毎日だったから 青空に北岳が見えただけで嬉しくって♪ 野呂川の吊橋を渡ると今日のトレイルの始まりです
c0213096_17532872.jpg
沢のようになっているトレイル このコースは沢沿いに歩くのでホントに気持ちのいい道です
c0213096_1757630.jpg
小さな沢をいくつも渡ります 陽射しが気持ちいい 最近では久しぶりの青空かも!
c0213096_17585420.jpg
[6:25]ちょうど25分で白根御池小屋コースとの分岐 私達は左側へ進みます 明日無事にここへ帰って来れることを心の中でお祈りして
c0213096_1804885.jpg
青空ですよ~♪ やっぱりこんな日に歩くとテンションも上がります!
c0213096_1815267.jpg
足元には可愛らしい花がいっぱい咲いてるし いい気分です
c0213096_1831545.jpg
気持ちのいいトレイル こんな沢沿いの道は大好き
c0213096_1841371.jpg
小さな小さなお花のブーケ 
c0213096_18105734.jpg
大樺沢のトレイルは何がいいって涼しいこと ずっと登り一辺倒だけど苦にならない
c0213096_18131311.jpg
            可愛いお花もいっぱいだし
c0213096_1814591.jpg
時々 北岳も眺められるし テンションアップ♪
c0213096_18151681.jpg
それでも二俣までは710m登らなければなりません!
c0213096_1818365.jpg
[7:40]右岸に渡る橋の手前で休憩です
c0213096_18181831.jpg
橋から見えた向こうの山からは真っ黒い滝のような雲がどんどん流れているのが見えて・・・お願いだからこっちに来ないでね
c0213096_18205644.jpg
[7:55]ここからは右岸に渡り しばらく歩くと沢を離れます
c0213096_18224250.jpg
なんて素敵な眺めなんでしょう♪ 雪渓が美しい
c0213096_18235164.jpg
私もこの頃までは元気だった・・・ここまでしか元気なかったというか・・・
c0213096_18252821.jpg
二俣でお昼ご飯にしよう 見えるんだけどなかなかたどり着かない!
c0213096_1827474.jpg
雪渓の上を歩いている人もいましたが こんな風にどこがいつ崩れるか分からない状態 私達の山ガイドE君は行ける所まで夏道を歩くよと
c0213096_1829590.jpg
[8:50]二俣分岐でランチです 今日はたらば棒寿司のランチ♪ 夏場は日持ちするお寿司は大活躍です 美味しかった!
c0213096_1833481.jpg
[9:10]さて いよいよ核心部に入っていきます 雪渓脇の夏道を歩きます
c0213096_1835719.jpg
ミヤマオダマキかな?
c0213096_18385054.jpg
だんだん霧が出てきて 行く先が見えなくなる
c0213096_18394165.jpg
そうかと思えば晴れてきたり・・・
c0213096_18405267.jpg
落石もあちらこちらに転がっています 視界は悪くなるし 斜度は増すし・・・気をつけて行かなくては!
c0213096_18445959.jpg
傾斜が増すにつれヘロヘロで遅れてくる私・・・
c0213096_18454567.jpg
写真の真ん中の二俣で左側の斜面を登って行くそうな  なんと後で知ったんだけれど最高斜度40度!!!それってスキー場の上級コースじゃない キツカッタ訳です(>_<) 夏道最終地点でアイゼン装着することにしました
c0213096_18421358.jpg
[10:00]久しぶりの雪上歩きは嬉しいなぁなんて思っていたのは束の間のことで ここからの登りはホントに辛かった!
c0213096_18511760.jpg
どんどん遅れていく私・・・一歩一歩踏み出すのも必死 私の後ろに列が^^; この雪渓歩きはホントにツラカッタ 12本アイゼンだったのでそれでもマシだったんだと思うけど 緩い雪は歩き悪い 無心になって歩きました
c0213096_18532518.jpg
[11:00]雪渓が無事に終わってアイゼンを外すと もうグッタリ 気持ち的にはもうこれ以上歩けないって感じ でもまだここからが大変だと言う え・・・もう少しで八本歯のコルじゃないのかと落胆 あまりにも疲れきってる私のために大休止
c0213096_1914762.jpg
[11:25]でも そろそろ歩き出さなきゃ・・・しばらく雪渓脇の夏道を歩いて 右に曲がると お~有名な梯子が!
c0213096_192855.jpg
見上げるような梯子の連続 雪渓歩きで全ての体力を奪われたようで 一歩足を出す毎に5回息をハアハアする状態 
c0213096_1934960.jpg
でも どうしてもここを登らなければならないわけで・・・自分との戦いだよ ガンバレ ガンバレと自分に言い聞かす
c0213096_1971430.jpg
ほうら 可愛いコイワカガミが咲いてるよ♪ 
c0213096_1983070.jpg
笑顔を作ってみたり(#^.^#) 引き攣ってる!
c0213096_1991132.jpg
最後の力を振り絞って登る 
c0213096_1916141.jpg
今までこんなツラカッタことって無かった  聞こえるのは自分の荒い息だけ 空気が薄いの?
c0213096_19102180.jpg
お花が咲いてなかったら元気出なかったよ ありがとうね クモイツガザクラ
c0213096_19114148.jpg
[12:15]ようやく八本歯のコルに到着 なんとか来れたよ ここまで!みんなよりずっと遅かったけど 自分で自分を誉めてあげたい よく頑張った♪ 梯子の数は20以上だとか(私は数える元気なんて無かった・・・)
コルに出ると辺りは一面花畑・・・さっきまでの疲れた私はどこへ行ったのか(笑)
c0213096_19141344.jpg
ハクサンイチゲ
c0213096_19143541.jpg
シナノキンバイは初見の花! 会えて嬉しい
c0213096_19154113.jpg
ミヤマクロユリ
c0213096_19211345.jpg
急な斜面にはお花がこれでもか~と咲き乱れていて 力の残っていなかった私を元気付けてくれました
c0213096_19243640.jpg

ここでYちゃんがお花摘みに行きたくなったので先に行ってもらうことにして 私達二人でゆっくり歩くことにしました
c0213096_19241731.jpg
[12:35]ここからも急な梯子がいくつもあり 気が抜けない歩きが続きます
c0213096_19264821.jpg
景色でも見えればテンションも上がると思うんだけど この霧の中(笑)
c0213096_1927525.jpg
キバナシャクナゲがガンバレ~と励ましてくれ
c0213096_19283834.jpg
岩岩歩きが苦手だなんて言ってられない 歩くしかないんだもんね
[13:10]北岳と北岳山荘トラバースの分岐に到着 トラバースが使えるか不明でしたが ここで休んでいた方から通れますよとの情報があり ホッとしてトラバースへ 
c0213096_1934365.jpg
トラバースに入るととたんに広がる花畑♪ 気力を失っていた私も水を得た魚のように生き生き(^^♪
c0213096_1935396.jpg
ミヤマキンポウゲ
c0213096_1940404.jpg
チシマアマナ そして今日のお目当ての花 キタダケソウにご対面です
c0213096_19415021.jpg
こんにちは キタダケソウさん あなたに会うために登って来ましたよ♪
c0213096_19441297.jpg
上品な美しさ 会えて嬉しかった~!
c0213096_19431244.jpg
チョウノスケソウ
c0213096_19451413.jpg
喜んで元気になったつもりだったけれど・・・使えるような写真はちっとも撮れてなかったけど・・・それでももう満足♪
c0213096_19463496.jpg
ここまでこうやって来ることが出来て キタダケソウに会えて心から嬉しいと思いました
c0213096_19492668.jpg
キバナノコマノツメ
c0213096_19535122.jpg
トラバースから北岳山荘への近道に入ってからも花はいっぱい
c0213096_19571224.jpg
もう小屋はすぐそこだし のんびり花を眺めて歩こう
c0213096_1958672.jpg
辛いトレイルだったけど もうすっかりそんな事は忘れてしまう
c0213096_1959248.jpg
どうしてこんな色になっちゃたのかなぁ
c0213096_19593381.jpg
北岳は花の山とは知っていたけれどこんなに素晴らしいとは思ってもみませんでした♪
c0213096_2004272.jpg
イワベンケイも満開
c0213096_202271.jpg
これなら 疲れも取れちゃいますよね(#^.^#) そして最後のご褒美は・・・
c0213096_2033870.jpg
聞き覚えのある鳴き声と共に現れた雷鳥さん♂ 相棒は嬉しくって仕方ないようでした♪ 
c0213096_2052975.jpg
[14:15]ようやく北岳山荘へ到着 なんとかたどり着けました 
途中から山荘に着いたら生ビールで乾杯しようねと 心の中は生ビールコールがずっと響いていたので まずは山荘で生ビールを注文!
すると「生ビールは次の荷揚げの時にならないと来ないんだよ」って・・・次って?来週だそう・・・(涙) 仕方ないから 缶ビールとチューハイで乾杯しましたけどね あ~がっかり!
さて 暗くなる前に夕飯作りをしちゃいましょう♪
c0213096_2035544.jpg
まずは持参したプレモルを雪渓で冷やします ちょっと汚い雪だけどいーの いーの
c0213096_2037177.jpg
今日のメインは海老&アスパラガスのリゾット 時間がかかるから先に作り始めます
c0213096_2038140.jpg
作っていったきゅうりとクラゲの和え物 つまみには最適です♪
c0213096_20384541.jpg
まずは・・・もう一度乾杯♪
c0213096_2040475.jpg
E君夫妻からはさんまの蒲焼 美味しかった~!あとは我が家から スモークレバー 自然派な味♪
c0213096_20392889.jpg
ようやく出来上がったリゾット♪ なんとなく雑炊のようだけど 味は美味しかったです!(^^)!
テントの外でのんびり暗くなるまで お喋りして・・・霧も濃くなって気温も下がって来たし 今日は疲れたし・・・8時前にシュラフに潜り込むと 雨が降り出しました 本格的な雨!どうもテント泊の時は降られるなぁ でも夜中に降る分は全然OK♪ テントに当たる雨の音を聞きながら 眠れるかな~と思ったけど即 爆睡の夜でした☆
朝は4時起床 夜中に降ったり止んだりしていた雨も風も止んだけど 残念ながら日の出は拝めそうにありません!ここから富士山見るの楽しみにしていたんだけどなぁ 次回(あるの?)のお楽しみです♪
c0213096_20475682.jpg
朝ご飯の材料 レトルトの角煮サンドと 美人白ねぎ
c0213096_2049344.jpg
細く切ったねぎと角煮を挟んだら出来上がり~♪
c0213096_20503122.jpg
E君夫婦からは温かいチゲラーメンのおすそ分け
c0213096_20511215.jpg
野菜もたっぷり入って体が温まりました ご馳走様でした!
c0213096_20523015.jpg
[5:30]予定通りに出発です♪ 北岳山頂まで1時間20分
c0213096_20534539.jpg
ぐっすり眠って元気になったつもりの私でしたが やっぱり重たいザックでの登りはキツクテ どうしてもみんなから遅れてしまうのよね・・・
c0213096_20552473.jpg
チョウノスケソウさん おはよう♪
c0213096_2056566.jpg
でも仕方ないよね E君夫妻はホントの山ヤさんなんだし 10数才も若いんだもの 頑張って着いて行きましょう!
c0213096_20583975.jpg
せめて山頂が見えてくれていたら・・・
c0213096_20591660.jpg
なんどももう山頂かなと思うのだけど 小ピークの連続で心が折れそう
c0213096_2165482.jpg
[6:45]北岳山頂 珍しく二人のツーショット ヨレヨレの私 
歩くの遅くてホントごめんなんさい~って思ってたけど 重たいザックでも だいたいCT通りに歩いていたようです あとの3人が異常に早いんですね!
c0213096_21102394.jpg
元気残ってる相棒のジャンプ こんな天気で残念だけど 日本第2位の北岳でジャンプ出来てよかったね♪
山頂は肩の小屋からいらした登山者で大賑わいでした
c0213096_2115778.jpg
[7:10]肩の小屋へ下って行きます ここも歩きにくそうなトレイルです・・・登るの大変そう
c0213096_22461536.jpg
[7:45]肩の小屋到着 小屋の前のテン場はまだ雪がいっぱい残っていました ここでWC休憩 小屋の中を覗いてみましたが 昔ながらの素朴な雰囲気のいい感じの小屋でした
c0213096_21222347.jpg
[8:00]さあ これからはどんどん下るだけ・・・でもなかなか厳しいトレイルが続きます
c0213096_21251368.jpg
ちょっと滑りそうになった雪の上
c0213096_21241437.jpg
そして小太郎尾根の分岐を過ぎると花のトレイルになりました
c0213096_21271478.jpg
シナノキンバイはちょうど見ごろ
c0213096_21274154.jpg
バラの花のようなつぼみのシナノキンバイ とっても可愛い花 体はヘトヘトだけど お花を見れば少~し元気が出る
c0213096_2130172.jpg
[8:28]草スベリと右俣コースの分岐 広河原まで3時間20分かぁ まだまだ長い
c0213096_21313047.jpg
初見の花 サンカヨウ この一輪きりしか咲いていなかったみたい
c0213096_21322646.jpg
サンリンソウも賑やかに咲いていました
c0213096_21331245.jpg
可愛らしい小さな小さなツガクモイザクラ
c0213096_21334897.jpg
ナナカマド 秋は真っ赤な実と真っ赤な紅葉が綺麗なんだろうなぁ
c0213096_21345996.jpg
[9:12]白根お池が見えてきたけど 池まではなかなか着かない
c0213096_21365410.jpg
池のほとりのテン場 素敵だなぁ
c0213096_21373262.jpg
[9:25]南アルプス市営の美しい白根御池小屋到着 ここに着いたら食べようと決めていたソフトクリーム あるかな?
c0213096_21393199.jpg
ピーチソフトクリーム♪ めっちゃ美味しい!他にバニラ味もありました ここで持って来てたランチパックを食べて 最後の下りを頑張らねばなりません
c0213096_21422279.jpg
[10:00]小屋の前の可愛い花にさよならを言って・・・あと1時間55分 頑張れるか?!
c0213096_21434449.jpg
気持ち良さそうな森の中に入っていくと 
c0213096_21453016.jpg
あれれ まだ登るの?って感じでけっこうアップダウンがあっていきなりバテテしまう・・・
c0213096_21463992.jpg
私はここの(も)下りがキツクテ キツクテ・・・足が痛いとか ザックが重たいとかそんなことじゃなくて 自分がどんどん衰弱していくのが分かりました 
足にも力が入らなくて滑ったり 気持ちももう駄目駄目で・・・こんなことは初めてだった
みんなはどんどん下っていくけど 私はもう自分のペースで歩くしかないなぁ・・・自分で自分が歯がゆくて仕方が無い でもこれ以上早くは歩けないし 
c0213096_21581844.jpg
ツラクテ ツラクテ 全然楽しめない 嫌~な汗が流れて止まらない やっぱり北岳は甘くなかったなぁ 登りじゃないのに息が上がって苦しくて仕方が無いんだもの!結局 白根御池小屋からは一枚の写真も撮らず・・・周りの景色を楽しむことも出来ず・・・
c0213096_21573273.jpg
[11:55]クタクタな状態で やっとこさ 広河原へ辿り付きました 歩いた雪渓が見えても感激とかではなく まだまだ足りない自分が悔しくて 情けなくて 十分に北岳を楽しめたとは言いがたくて・・・それでもこうやって無事に下山出来たことは素直に嬉しいし キタダケソウにも会えたんだし 良かったじゃない!そうだよね 良かったんだよね これが今の自分の実力なんだから 素直に認めよう そう思いました そして根をあげそうになったけれど 最後まで頑張れた自分に誇りを持とうと思いました 
c0213096_22195241.jpg

初めてチャレンジした北岳は 今までで一番ツラクテ厳しい山でした でも テント装備でこうやって長い間歩くことが出来たことは一つの収穫だったと思います これからの山歩きに繋げる自信も出来ました

こんなへたれな私と付き合ってくれたE君夫妻には感謝 二人が一緒でなかったらキタダケソウには会なかったと思います 雲上の高みへ連れて行ってくれてホントにありがとう♪ また どこか連れて行ってくださいね!それまでに もう少し体力付けておきますね!

今日から相棒は3泊4日の出張へ出かけていきました 朝から体が痛い~と言いながら・・・二人にとっての大きな大きなチャレンジだった北岳テント泊 体は疲れたけれど満足感は大きかった♪
相棒が帰りに立ち寄った旭温泉で体重量ったら3kg減ってたけど 私にも計ってみてというので自宅で計ったら 1.5kgも減っていた.。o○今まで山行って痩せたことなんて無かったのに!それだけ 二人にとって過酷な二日間だったってことなのかな・・・・

今日は長くて・・・おまけにすっきりしないレポでごめんなさい 迷ったけれどこれが今の私の姿だから書いておくことにしました
さて 次はどこの山を歩きましょう?そろそろ梅雨も明けてカラッとした山の空気を吸いたいですね♪

by akko-kornblume | 2011-07-04 22:32 | 山 2011


<< おべんとうの時間    201...      オールフリーと素敵な山歩き@大... >>