山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 16日

春山JOY@金峰山&瑞牆山   2011.5.14(土)~15(日)

c0213096_17522691.jpg
久しぶりのともちゃんとniwa君と4人での山歩きです♪ 本当なら残雪期の山に登ろうということだったのですが 今年初めてのテント泊だし 雪上テン泊の経験のない私達には少し無理もあるし・・・ということで去年の秋に私達が訪れた金峰と瑞牆山に行って来ました 新緑にはまだ少し早かったけれど春の日差しの中 楽しい二日間を過ごすことが出来ました 



ともちゃんとniwa君にとっては初めての金峰山と瑞牆山・・・私達が訪れた秋の日はお天気にも恵まれたとっても素晴らしい日で去年の忘れられない山行の一つでした 登山口からたった一時間のテン場はなんとも魅力的で またいつか訪れたいなぁと思っていました こんなに早く訪れるとは思ってもみませんでしたけど(^^)

ともちゃんは我が家に前泊して 朝5時に出発・・・登山口である瑞牆山荘を目指します 集合時間の7時にギリギリ間に合いました niwa君は名古屋からの長旅です♪ 
朝の気持ちいい空気の中 7時20分に歩き始めます
c0213096_18355527.jpg

テン場のある富士見平まではCT50分の道のり 気持ちのいい白樺の林を抜けると なかなかの急坂です
c0213096_18211422.jpg
 久々に重たいザックなのでゆっくりしっかり一歩一歩行こう!相棒は18kg  私は14kg・・・やっぱり重たいけれど 仲間と一緒だと楽しいから頑張れます(#^.^#)
c0213096_182938100.jpg
ちょうど50分で富士見平に到着です 二度目だからかな~そんなに大変じゃなかったね 
c0213096_18353258.jpg
ここはホントに気持ちのいいテン場です 今年から富士見平小屋は管理人さんがいらして小屋も綺麗になり何かと安心♪ 雪解けグチャグチャのところもあるからと教えていただいてスパッツをしていくことにしました
c0213096_1840356.jpg
小屋の右手から飯盛山を巻いてグングン高度をあげて 苔むした静かな森の中を歩いて行きます 
c0213096_18444514.jpg
歩き始めて50分で大日小屋(無人)へ 大分くだらないといけないけど偵察も兼ねてWCをお借りすることに
c0213096_18465768.jpg
開放感あふれるWCですが 決して汚いわけでありませんでした♪
c0213096_1848472.jpg
大日小屋からは鬱蒼とした急坂が始まります 縦八丁と呼ばれるだけあってなかなかシンドイ それでも今回はあっという間に大日岩下へ
c0213096_18513214.jpg
ここで急に視界が開けて わぁ~っと歓声が上がります こんなお天気だもん みんな笑顔になるよね
大日岩まではシャクナゲが群生するトレイル・・・いくつかの大岩をよじ登ると大日岩直下へ
c0213096_18572289.jpg
いい眺めです♪ ともちゃんと相棒は大日岩に登ってくると・・・
c0213096_1901773.jpg
私も登れそうかな~と大きな声で聞くと気をつけてくれば大丈夫だよと言うので挑戦です 
お・・・なんとか登れそう 途中でザックを置いてカメラだけ持って・・・二人はもう頂上です 
う~ん やっぱり最後のところで勇気破れ・・・登頂叶わず あと少しだったんだけどなぁ まぁ怪我しても仕方ないし^^;
c0213096_1954890.jpg
大日岩でのともちゃんの雄姿♪ 私は途中の岩の上で二人が下ってくるのを待っていました
c0213096_1983020.jpg
いい眺め~(#^.^#) 金峰山の陵線はとても美しいです 相棒の希望により・・・
c0213096_19133544.jpg
気持ちいい 最高だね~!ホントにここで下山してもいいくらいの満足度♪ でも・・・先に進みましょう
c0213096_19165810.jpg
樹林帯を抜けるとあちこちに残雪 ところどころ凍っているところもあったけど気をつけて歩けば大丈夫
c0213096_191844100.jpg
念のために持参した軽アイゼンは必要無しでした それぞれ竹内教室で習ったとおり自分の目で危なくないところを探して歩きます
c0213096_1921148.jpg
急坂を登りきると 金峰山の陵線に躍り出ました 雄大な眺めが広がります
c0213096_19222141.jpg
二度目だけどやっぱり感動する開放感です
c0213096_19305386.jpg
何度も何度も振り返ってしまう素晴らしい眺めなのです 
c0213096_19323446.jpg
ここから金峰山へ続く陵線のトレイル アップダウンもあってシンドイけどこの眺めだもの 嬉しいばっかり
c0213096_19335870.jpg
            アルペンムードたっぷり あ~ここが好きだ~としみじみ思う私
c0213096_19353083.jpg
             残雪も少し・・・ちょっと嬉しかったりして(^・^)
c0213096_19363933.jpg
こうしてまたみんなで歩けて感激 実は私達4人が知り合ったのはちょうど一年前の燕岳でした
c0213096_1940536.jpg
住む場所も年齢も全然違うのにこうやって仲良く何度も一緒に山を歩くって不思議なことです
c0213096_19421198.jpg
             山頂の手前には沢山の雪
c0213096_19442579.jpg
眩しいくらいの青空の金峰山 秋には混んでたけど今日はほんの少しの登山者だけで静かなもの
c0213096_19481550.jpg
                金峰山登頂♪ みんな嬉しそうです
c0213096_1950329.jpg
2度目でも嬉しいのには変わりが無い 少しはあれから成長出来たかなぁ
c0213096_19512430.jpg
            ここで跳ぶの~とみんなに言われながらもいつものジャンプ♪
               さて お腹ぺこぺこ・・・お昼ご飯にしましょう
c0213096_19525750.jpg
                今日のお昼はゐざさのさば棒鮨  そしてオールフリー♪
               こんな日でもお鮨なら安心です しかも美味しい!
c0213096_1956506.jpg
しつこいですけど・・・イベントにお誘いくださったので宣伝しちゃいます(#^.^#)
c0213096_19595924.jpg
食後 お昼寝のともちゃん 山上の昼寝ほど贅沢なものは無いよね
でも そろそろ下山しなくっちゃ・・・
c0213096_2014448.jpg
明日登る瑞牆山 どんな喜びを私達に与えてくれるのかなぁ
c0213096_203643.jpg
ホントに気持ちのいい陵線歩きです
c0213096_205161.jpg
相棒が怪獣に食べられちゃう・・・
一生懸命登った急坂も下りは早いもの よくこんなに登ったね~なんて話しながらぐんぐん下る
ふとトレイルの脇の苔を見ると可愛い小さな花がニッコリ咲いていました
c0213096_20124450.jpg
初めて見たバイカオウレン 会いたかった花なので嬉しくって♪ 登りは必死だったから気がつかなかったのかな
c0213096_20141962.jpg
これは相棒が見つけたもの
c0213096_20201486.jpg
 
          暗いトレイルの中の小さな花は私の心に元気をくれました
c0213096_20213720.jpg
               川になったトレイルも時々・・・
c0213096_20225035.jpg
予定通り4時少し前にテン場へ戻って来ました 歩き甲斐のある金峰山だけど シャクナゲの咲く頃にまた歩きたいねェ 今日もとてもいい時間を過ごせ満足♪
さて この山行の目的の一つの宴会の始まりです(#^.^#)
c0213096_20293397.jpg
            テント泊の楽しみは食事とお酒♪ 
               紀伊国屋で見つけた紙パック入りのワインも登場です
c0213096_20312346.jpg
ともちゃんの持って来た不思議なもの・・・モーリアンヒートパック この優れものの中に入れて温めたものは・・・
c0213096_20342562.jpg
オマール海老のビスク  これはフレンチのスープ めっちゃ美味しい!!!幸せを感じる美味しさです
c0213096_20365453.jpg
鶏の炭火焼など・・・お酒が進みます
そして我が家の作ったものは・・・
c0213096_20382884.jpg
手づくり鶏ハムのサラダ
c0213096_20391380.jpg
げんさんのアイデアによるコッヘル蒸し 今回はズッキーニとあぐー豚の柚子胡椒蒸し 二回戦はしょうがポン酢で
c0213096_20422366.jpg
奮発した(笑)熊本あか牛の朴葉味噌焼き♪ 柔らか~いお肉でした
そして・・・メイン料理はniwa君の天ぷら! 実は料理名人のniwa君・・・前に得意料理はバイト先で仕込まれた天ぷらだと聞いていたのでお願いしちゃいました(^^)v
c0213096_204604.jpg
山で天ぷらはともちゃんも私も夢だったのだけど それが叶うとは♪
c0213096_20474371.jpg
流水麺にのせて天ぷらうどんにしたり 塩でいただいたりと最高でした・・・niwa君もまさか山で天ぷらするなんて思わなかっただろうね~でもお姉さん達に頼まれたら断れないもんね ご馳走様でした♪ ランタンをつけて8時頃までは飲んだり食べたり・・・山での贅沢な時間は静かに過ぎていきました

夜中は寒くて眠れない時間も・・・でも山の朝は気持ちのいい空気で満ちていてそれだけでも山に来て良かったと思う時間です 小屋の前からは
c0213096_20553250.jpg
富士山も綺麗に見えて いい一日になりそうな予感♪ まずは簡単に朝ご飯
c0213096_20563477.jpg
手づくりしてきたバナナケーキとカフェオレ♪
テントはそのままにして6時過ぎに今日の山 瑞牆山へ向かいます
c0213096_20594133.jpg
途中 森の間にこれから登る瑞牆山の美しい姿が見え テンションが上がります 
c0213096_211341.jpg
天鳥川の川床へ一旦下って渡渉 これくらいなら私にも大丈夫♪
c0213096_2124928.jpg
沢を渡ったところには大きな桃太郎岩 ここから岩登りが始まります
c0213096_214396.jpg
                虎ロープの急な岩場もともちゃんは軽々と♪
c0213096_216447.jpg
とっても急な岩場の登りはハイキングっていうより登山って感じで・・・両手両足をフルに使って登るこんなところも悪くない 大やすり岩が近くに見えてきたら山頂はもうすぐ
c0213096_218399.jpg
北側に回りこむとトレイルは凍っていたり こんなつららもありました 最後の岩場を登って青空が見えると山頂です
c0213096_21105247.jpg
山頂から360度の眺めはホントに素晴らしいもの
c0213096_21123062.jpg
二人ともこの眺めには満足の様子(#^.^#)
c0213096_21135816.jpg
相棒を見てるほうがドキドキしちゃう・・・でも嬉しい気持ちはよくわかる
c0213096_21145522.jpg
怪しい三歩ポーズ こんな日くらいはね・・・
c0213096_21155749.jpg
ド迫力の大やすり岩 怖いけど覗いてみたくなる
c0213096_21165564.jpg
この日は富士山も綺麗に見えて これ以上の日は望めないほどだね
c0213096_21191772.jpg
              八ヶ岳より高くジャンプ!
この溜息の出るような美しい山頂の眺め・・・やっぱり百名山っていうだけあるねと♪ 
私達は百名山ハンターではないけど(それよりは・・・そのお金でモンブラン行きたいかな)百名山に登るたびにいつも感動してしまうのは それなりの訳があり どんなに辛くてもまた登って来たいと思わされる何かがあるんだよね いい山だったなぁってどこの山に登っても思う私だけど みんなでこうやって感動を分け合えるのはまた違った喜びがある
c0213096_2129639.jpg
山の静けさの中で聞く野鳥のさえずりは心を喜びで満たしてくれるし・・・山の無い人生なんて今は考えられない 山が無かったらきっと味気ないに違いない
c0213096_2133461.jpg
また来ま~すと小屋番さんにご挨拶 まだまだ新緑には早かった富士見平が萌黄色に染まるのを見てみたい それってあと2週間くらいかな?他にも歩きたいところがいっぱいあるんだけど困ったなぁ(^^)
c0213096_21374881.jpg
[11:00]登山口に戻って今回の山行はおしまい お天気に恵まれた幸せな楽しい時間  まだシーズンには早いのかな 静かな山歩きが出来て満足な週末になりました

帰りには増富の湯
c0213096_2142445.jpg
初めて立ち寄った温泉でしたがぬる湯なのでいくらでも入っていられそうなお湯 想像していたよりずっと良かったです そして付属の食堂でお昼ご飯♪
c0213096_2339378.jpg
相棒の食べた岩魚の唐揚げ定食 骨までカラッと揚がってて美味しかったそうな
c0213096_2147483.jpg
私は摘み草定食・・・ご飯が足りないくらい(#^.^#) とっても美味しかったです
みんなでここのご飯がこれだけ美味しいなら 同じ経営のリーゼンヒュッテのご飯も美味しいのじゃないかと・・・まぁ 泊ることはないと思うけどちょっと気になります

4人出会って一周年の春の山行はお天気にも恵まれて久々にお喋りも沢山して美味しいご飯も食べて ホントに楽しい週末になりました さて 今度はどこを歩きましょうか? 今から楽しみです♪

おまけ
c0213096_21555483.jpg
最近のヤマケイにも載っている田部井淳子さんの履かれている登山靴 アルカクリスピー 一番気になっていたのは相棒だったのだけど5月初めに誕生日だった私にプレゼントしてくれました 踵が小さくて足の甲も薄い私の足に合う登山靴はなかなか無くて 登山を始めたばかりのころはよく靴ずれを起こしていましたっけ・・・足の細かい採寸だけでなく 足型も詳しく測り 歩き方もチェックしてくださって 歩き方の癖も納得 いくつかあるモデルの中でピッタリだったのはこの靴でした ここのところ2回ほどの山行で履きましたが 軽くて歩きやすいだけでなく どこも痛くなったりしなかった・・・大変満足でした♪ 付属のインソールが1万5000円と聞いてちょっと眩暈がしましたが 近いうちに試してみようかなぁと思います 

今週末は土曜が仕事+飲み会なのだけど日曜日には山は行けるかなぁ・・・新緑が目に染みる季節ですものね 少しでも歩けたらいいなと思っています 皆様にとっても いい一週間でありますように♪

by akko-kornblume | 2011-05-16 22:31 | 山 2011


<< おべんとうの時間       ...      おべんとうの時間     20... >>