山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 25日

雪と風と青空と@夏沢鉱泉~硫黄岳 2011.1.22(土)~23(日)

c0213096_123524.jpg
昨シーズン2度厳冬期に硫黄に登ったともちゃんに誘ってもらってこの週末はいつものメンバー4人(ともちゃん niwa君 相棒と私)で硫黄岳に登ってきました 今回は一度泊ってみたかった夏沢鉱泉に一泊♪
雪のチラつく中のアタックでしたが 青空も見えて賑やかな楽しい そして考えさせられることの多い山行となりました



今日は電車で来るniwa君を茅野駅に迎えに行き 夏沢鉱泉の登山教室に参加する(雪山デビュー!)naoちゃんの車で来るともちゃんと落ち合ってお昼を食べ 唐沢鉱泉と桜平の分岐で13:50夏沢鉱泉のお迎えの車に乗り込みました 今年は雪が少ないので雪上車はまだ活躍してないとのこと PAJEROで夏沢鉱泉まで連れて行ってもらえます 感謝♪
c0213096_14345567.jpg

宿に着いて 温泉入ってのんびりするか・・・少し散歩にでも行くか・・・で今回は散歩にオーレン小屋まで行ってみることにしました naoちゃんは登山教室の講習会に参加 頑張ってね~と出発です
c0213096_14352465.jpg
[14:50]中央道から見えた南アルプスは雲ひとつなかったのに 八ヶ岳はすっぽりと雲の中でお天気はどうもイマイチのようでしたが 青空も見えて 
c0213096_14374969.jpg
ザックを持って行くという相棒に水筒を預けてカメラだけ提げてののんびり散歩です フカフカの雪なのでアイゼンは無し!小屋近くはいつもはアイスバーンになってるそうだけど
c0213096_14405398.jpg
こういう場所は雪崩の危険があるから立ち止まっては駄目 ともちゃんが教えてくれます
c0213096_1443128.jpg
私はメリノウールのシャツ一枚と薄いフリース一枚で歩きました 暑がりの私はこれで十分
c0213096_14443777.jpg
ミニモンスターの住む森
c0213096_1449687.jpg
[15:30]オーレン小屋に到着 暖かいお茶を飲んだら さぁ 戻って温泉に入ろう♪
c0213096_14513869.jpg
雪道の下りはあっという間で20分で夏沢鉱泉に着きました ちょうど登山教室のみなさんは小屋の前で講習を受けてて
c0213096_1453823.jpg
どんなこと習うんだろうって興味津々 竹内教室ではこういうのは習わないもんね(*^_^*)あとでnaoちゃんに教わらなくっちゃ!
c0213096_14553765.jpg
小屋に入って温泉へGO!ここの宿は浄化槽があるので石鹸もシャンプーも使えるの お湯は茶褐色で木の浴槽はなんとも気持ちよくて 心も体も温まりました 今日の宿泊者は26人で男性が圧倒的に多かったらしくて 相棒達はなんとも落ち着かないお風呂だったようだけど

夏沢鉱泉は山小屋っていうより旅館のレベル(冬季¥11000)お迎えも含めてのお値段は安いくらいだと思うなぁ 
食事は今まで泊った小屋の中ではトップクラス
c0213096_1522983.jpg
手づくりのおかず達 相棒は大好きなギネスを頼んで・・・ここが山小屋だってこと忘れそう
c0213096_153418.jpg
オーナーの畑の野菜がたっぷり入ったお鍋 イノシシ肉や鶏肉や練り物 豆腐と豪華なこと!
c0213096_1542037.jpg
瓜ソーメンの酢の物 金目の煮付け・・・写真に入りきれません 私達のテーブルは鍋まですべて完食 どれも美味しかったです!
食事のあとはともちゃんはnaoちゃんのバラクラバの改良作業 そしてこんなに食べたのにおやつ三昧(笑)
c0213096_15124064.jpg
宿の方達とお喋りしたりして 登山教室の方達はビーコン探しゲームをしたりしてるのを眺めながらの楽しい時間
個室に戻ると布団の中にはそれぞれ湯たんぽが入ってて感激!実は湯たんぽ初体験の私・・・子供の頃おばあちゃんが布団にコタツを入れてくれてたのを思い出すなぁ 湯たんぽって朝まで暖かいんですねェ 朝はそのお湯で顔を洗いました なんて親切なの この宿は!湯たんぽのお陰で朝までポカポカぐっすり眠りました
c0213096_15184222.jpg
朝ご飯は6時から ご飯のすすむおかずばかりでご飯はもちろん2膳 美味しくない鮭の焼いたのよりお魚の佃煮が断然いいと思う 牛肉のしぐれ煮も美味しかった
登山教室の方達は7時に出発とのことで 他の方達もみんなバタバタと出発して行かれて玄関大混雑!私達は慌てなくていいよとみんなの出かけたあとでゆっくり準備
c0213096_15253193.jpg
[7:20]茅野方面は晴れているみたい 気温はー12℃ 私はメリノウール一枚 R1一枚 薄いフリースを着用 他のみんなはハードシェルを着ていたけれど 歩けばすぐ暑くなっちゃう私はこれで十分 これでも普段より一枚多く着たんだけどね どんだけ暑がりなの?
c0213096_15332630.jpg
山の天気はどんより niwa君の晴れ男パワーは?
c0213096_15345564.jpg
それでも雪はいっぱいだし 静かな山の中を歩くのは楽しい♪
c0213096_15355072.jpg
こういう天気も好きだなぁ と言うと ともちゃんが青空がやっぱりいいってって そりゃそうだよね・・・雪もチラチラと降ってきて
c0213096_15373311.jpg
[8:05]オーレン小屋の軒先で暖かいコーヒーを飲む やっぱり寒いねェ 
c0213096_15391763.jpg
雪の結晶が降ってて綺麗だった~こういう時にマクロレンズで遊びたかったけど 寒くてそんな余裕は無かったし^^;
c0213096_15404568.jpg
雪がどんどん深くなる 
c0213096_15425784.jpg
夏沢峠に近づくと静かだった森に不気味な風の音が聞こえてきて・・・
c0213096_15441978.jpg
[8:35]夏沢峠到着 硫黄岳はまったく見えていない ヒャーこれは厳しいアタックになりそうだわ あまりに風が強く寒くてアイゼン着けたり 手袋変えたり アウターを着たり バラクラバ被ったり そんなことやって立ち止まっているうちにどんどん体が冷えてくる 素早い準備がいかに大切か!髪の毛を結ぼうと思ってたのに面倒くさくなってやめたことをあとで後悔することとなった 今度からは小屋から結んで行こう
c0213096_15495716.jpg
夏沢峠から一気に高度を上げるのだけど 初めの急斜面で息が切れる・・・そこを通り過ぎると息も落ち着いて歩けるようになった こんな天気なのに登ってる人多くって みんなドMですな(笑)
息は苦しくないのだけど 風が強くって時々飛ばされそうな気分になる 風に向かって歩くことはなんとか出来るので風速はどれくらいなのだろう?硫黄岳は風が強いって有名だけど 3年前にここを下った時はホントに山は初心者だったのであまりの風に驚いたほどだったもんな
ともちゃんのあとを一歩一歩しっかり歩く そのことだけしか考えられなかった 手袋をしている指先が冷たくてジンジンする ピッケルを持つ手がどんどん冷えてくる 心も折れそうになる でも引き返そうとは思わなかった 頂上に立ちたいと思った するとあんなに曇っていた空がだんだん明るくなってきて 太陽が姿を現してくれた!
c0213096_1674636.jpg
わ~晴れてきた~!折れそうだった心も急にやる気が出てきて
c0213096_168492.jpg
相棒もカメラポーチにしまってあったカメラを取り出したみたい
c0213096_1694377.jpg
山頂に近づくとケルンが私達を導いてくれて
c0213096_1610578.jpg
ちゃんと被ってなかった私のアウターの帽子が風で脱げてる!だから寒かったんだ・・・風に当たる体右半分は痛いほどだった 指も顔も痛くて凍傷になったらどうしようと風の中で考えていた 装備をもう一回見直さなきゃだなぁ 今まで意外とお天気に恵まれた冬山だったのでこういう経験は貴重な体験となる 足の指先も冷たくなったってみんな言ってた・・・手の指はもちろんのこと!
c0213096_16184870.jpg
[10:15]硫黄岳 山頂到着!この風の中こうやって無事に登ってこれたこと素直に感激した 何度も振り返ってみんなの様子を確認してくれて そこは切れ落ちてるから飛ばされないように気をつけて・・・って声をかけてくれたともちゃんにはホント感謝の気持ちでいっぱいだった ありがとう!私達だけで来れたね♪ よかったね お疲れ様!
c0213096_16232392.jpg
真っ白な爆裂火口 そしていつもの相棒のジャンプ
c0213096_16251139.jpg
寒そうですねェ・・・私達が山頂にいた間に赤岳が薄っすら見えたりしてて もう少し粘ればよかったのだけど あまりの寒さにこれ以上留まることが出来ずに撤退
c0213096_1626586.jpg
下りは今度は左半身が痛いほどの強い風 でも空はどんどん晴れてきて
c0213096_16293071.jpg
どうする山頂に戻る?な~んて無理だよね もう少し遅い時間にアタックしてたらよかったけどこれも仕方ないね
c0213096_16312883.jpg
眩しいくらいの太陽の光
c0213096_16364439.jpg
視界もどんどん良くなってきて 満足度アップ 綺麗だね~!
c0213096_16375022.jpg
途中岩が出ていて歩き悪いところはあったけれども 天狗岳とはまた違う充実感がありました
c0213096_1639366.jpg
夏沢峠の手前は迂回路があって樹林帯に少し入って
c0213096_16432548.jpg
[10;53]夏沢峠に戻ってきました ようやくホッとする(^_-)-☆ アイゼン外したり 暖かいコーヒーを飲んで・・・
c0213096_16454795.jpg
硫黄岳もすっかり晴れてて 今山頂にいる方達は絶景を眺めてるんだろうなぁ・・・私達も青空が見れて満足満足♪
c0213096_16471435.jpg
やっぱりお天気いいと雪も輝くね
c0213096_16482391.jpg
綺麗だね~と何度も言いながら 青空最高です♪
オーレン小屋に着いて冬季小屋の中で軽いお昼 我が家は久々のカップヌードル 山で食べると美味しいんだよね(^^♪ 冬季小屋の中はとても綺麗にしてあったけど泊るのは寒いんだろうなぁ・・・ちょっと無理だわ 冬の間は小屋泊まりは仕方ないとして 他の季節はみんなでテント担いで節約しようと決心 今年の目標に(笑)
オーレン小屋を出発してまもなく登山道に大きな茶色いものが・・・熊?いやいやカモシカさんでした 私達に気付いて樹林帯に入っていってもういないかなと思ったら
c0213096_16581343.jpg
こちらを振り返ってくれてました 大サービス☆ 角も短いしそれほど大きくも無くまだ子供かなぁって感じでした 可愛かった❤
c0213096_1704585.jpg
夏沢鉱泉のオーナーに似てるねェ 滑らないように慎重に♪
c0213096_1715258.jpg
こうして私達の厳冬期硫黄岳登山は
c0213096_1725443.jpg
色々なことを私達に投げかけたけれども無事に終わることが出来ました
c0213096_1732712.jpg
今まではお天気に恵まれた雪山ばかりだったのでこうやって風の中 雪の中の登山は
c0213096_1743872.jpg
いかに大変かという事を思い知らされました 装備の面でももう少し改善しなくてはならないね
c0213096_1761756.jpg
今まで比較的恵まれたお天気の中での雪山ばかりだったのでこの経験はとても大切なものになりました こうやって4人でまた歩けて楽しかった♪ 頼もしい仲間です ともちゃん色々とありがとうね!この先はそれぞれ竹内教室でしごかれる予定 今度一緒に歩く時はどこを歩けば満足するのかしらね?それも今から楽しみです(^o^)/

夏沢鉱泉にたどり着くと12:30に唐沢鉱泉分岐まで送ってくださると言うので大急ぎで帰る支度 PAJEROで分岐まで連れて行っていただきました ともちゃんは登山教室のnaoちゃんと帰るので私達だけお先に・・・ごめんね!
c0213096_1731750.jpg
茅野に近づくと八ヶ岳はくっきりと姿を現して 思わず車を止めて写真を撮りました 今日は遅い時間に登った方達は大当たりだったんでしょうね!今度八ヶ岳に登る時は素晴らしい眺めだといいのね!

niwa君を茅野駅に送る途中で寄り道を少し・・・先日北横岳に登った時にお会いしたハイジさんのお宅に図々しくもお邪魔することに(*^_^*)日当たりの抜群にいい素敵なお宅(ハイジさんのイメージにピッタリ) 八ヶ岳も眺められてホントに羨ましい限りなの 短い時間でしたが美味しいお茶とお菓子をいただいて楽しい時間を過ごしました♪また遊びに行かせてくださいね~!
14:30茅野駅にniwa君を送り届けて高速にのった私達は恐れていた渋滞も全く無く16:30には自宅へ到着 渋滞無しだとホントに八ヶ岳は近いですね

おまけ
今回ハイジさんに茅野駅から唐沢鉱泉分岐までの間に美味しいお店はありませんか?って前もって聞いていて登山口に向かう前にランチに寄ったのはその中の一軒
c0213096_17453876.jpg
152号沿い豊平にあるオムライスとパスタのお店HIKO(ヒコ)
c0213096_1747363.jpg
相棒はバジルソースのオムライス
c0213096_17472558.jpg
私は普通のオムライスをいただきました 時間の都合でケーキ類まで食べる時間が無かったので次回またじっくり味わいたいなぁと思うとっても美味しいお店でした みなさんも機会があれば是非♪

この週末は土曜に野暮用があるので 山は日曜日に行けるといいんだけどどうなるかな?トレーニング登山をしないといけないのですけれどお天気次第かしら・・・
寒い日が続きます みなさまも元気でよい一週間をお過ごしくださいね♪

ともちゃんのレポはこちらから

by akko-kornblume | 2011-01-25 18:07 | 山 2011


<< おべんとうの時間       ...      おべんとうの時間   ... >>