山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 27日

雪山のんびり山歩@高峰温泉 2010・12・25(土)~26(日)

c0213096_17454175.jpg
なかなか予約の取れない人気の宿 日本秘湯の会 高峰温泉! 雪の季節に行ってみたいとずっと思っていました この週末は一部屋だけ空きがあったのですかさず予約・・・温泉だけでなく 雪山でスノーシュー そして野鳥観察と私達の今年最後の山はとっても充実した大満足な二日間になりました♪



高峰温泉は湯の丸高峰自然休養林の中心に位置する一軒宿 いつか行ってみたい宿の一つでした 師走のこの忙しい時期でしたが 運良く予約が出来たので クリスマスの朝早く自宅を出発♪ この時期はまだスキー渋滞の心配もなくて・・・でものんびりSAで朝ご飯を食べていたら 雪上車のお迎えの時間に間に合わなそうで(汗)小諸ICを下りたらお電話することになっていて少し遅れそうで しょっぱなからすみません・・・でもとても親切な対応 待っていますから気をつけて来てくださいとのこと 結局ほぼ定刻通り10:15にアサマ2000スキー場へ着けてホッ♪

冬季はアサマ2000まで雪上車でお迎えに来てくれます スキー場から高峰温泉までは数分で到着
c0213096_18102436.jpg
お迎えはおにぎり型のタイヤの雪上車 運転手さんのほのぼのとした雰囲気に早速癒され(笑) 本当は13時がチェックインなのですが荷物は預かってくださるので山へ行こうと思っていましたが もう部屋の準備が出来ましたからお部屋へどうぞと!初めから人気の宿である由縁を感じさせられました 

準備をしたら今日は高峰山へ登ることにしました♪ 宿から100mの標高差 ツアーの方達が歩いてるからトレースはあるとのこと 冬季は無料でスノーシューなどの貸し出しもありますが今日はツボ足で行くことにしました スパッツも着けずに出かけようとしたら 女将さんが着けて行きなさいと貸してくださいました!
c0213096_18344524.jpg
[11:00]宿の裏手から登山道が始まります あら 雪いっぱいじゃない・・・スノーシュー借りて来れば良かったね
c0213096_18362171.jpg
先週の八ヶ岳はあんなに雪が無かったのにここはフカフカの雪がいっぱい
c0213096_18371848.jpg
水ノ塔から東篭ノ塔(ヒガシカゴノトウ)の眺め
この二日間ともお天気はイマイチでしたが そんな事は全く気にならない 初めから温泉でのんびりが一番の目的だったから でも青空だったら良かったのに~って欲が出ちゃうけども
c0213096_1841462.jpg
ハハハ ラッセルの練習か・・・
c0213096_184252100.jpg
雪がいっぱいで それだけでも嬉しくなってしまう 雪は魔法使い
c0213096_1843566.jpg
霧氷もとっても綺麗♪
c0213096_18442498.jpg
今日は急ぐ必要もないし 
c0213096_18463587.jpg
自分のペースで歩けばいい
c0213096_18454578.jpg
メルヘンの森を抜ける 
c0213096_18474044.jpg
標高差も無いけど 雪があるだけで歩くのもそれなりの大変だけど 楽しいね~ 来て良かったね~と言いながら
c0213096_1850318.jpg
[11:50]分厚い雲の山頂 佐久の町は晴れてるみたいだ 本当なら八ヶ岳や南アルプスも見渡せる素晴らしい眺めらしいです 残念!
c0213096_18521217.jpg
こんな山頂ですが 久々にジャンプ♪ 雲に飲み込まれそう
山頂で持って来たおにぎりでお昼にしようと思ったけど 風も強くて寒いのでそそくさと下ることに
c0213096_18542845.jpg
誰にも会わない静かな山歩き
c0213096_1915477.jpg
全てのものが凍る世界
c0213096_1922753.jpg
こんな静かなトレイルだけど私達の騒ぐ声 埋まる~!
c0213096_1931948.jpg
あ~~~
c0213096_1934217.jpg
立ち上がるのも大変! でもなんか笑っちゃう♪ これはスノーシューあれば断然楽チンだったね・・・まぁ 転んでも痛くもないし 雪に埋もれて楽しい時間でした
c0213096_1962547.jpg
[12:45]無事に下山(*^_^*) 短い時間だったけど楽しくってこんなゆるゆる山歩きもいいなぁ 

暖かい宿に戻って 部屋でおにぎりを食べたら 休憩所へ ここが素晴らしい場所でして
ガラス張りの休憩所からは餌つけしている野鳥が眺められるんです!
しばし 野鳥観察タイムにお付き合いくださいませ
c0213096_19164695.jpg
お馴染みのコガラ
c0213096_19173784.jpg
風が強くてヘアーが乱れちゃう!
c0213096_1918324.jpg
ゴジュウガラも遊びに来ます
c0213096_19194047.jpg
面白い姿の鳥だと思いませんか?
c0213096_19202973.jpg
怖い顔のカケス こんな顔して案外遠慮がちなのが面白い
c0213096_1922256.jpg
これもお馴染みのシジュウカラ コガラよりお洒落さんです
c0213096_19275258.jpg
カワラヒワの群れがやって来ました 餌を食べる順番を待ってます
c0213096_19264937.jpg
他の季節にはツガイで行動するカワラヒワも冬場は群れになるそう
c0213096_19293996.jpg
初見のアカゲラ♀ この鳥もなかなか近寄って来なくて
c0213096_1931640.jpg
250mmのレンズではこれが限界だけど 最近使っていなかったレンズも少しは活躍
やって来る野鳥の種類は多くはないけれど それでもいつまで眺めていても飽きない時間でした♪ 休憩所には双眼鏡も鳥の本もあって初めて野鳥観察する方でも楽しめるように配慮されていました 私は年賀状を書こうと持っていったんですけど ちっともはかどらなかったのは大誤算でしたけど(笑)

さて メインの一つの温泉へ・・・
c0213096_19352473.jpg
これは男湯 撮ったのは相棒ですよ(^_^.) 温度の違うお風呂 これが最高で~私は人生の中で一番ゆっくり入った温泉かなぁ お湯もさっぱりしてて気持ちよくて 窓の外の雪景色を眺めながらの癒しの時間 
しばし 部屋でゴロゴロしていると館内放送で若旦那さんによる初心者カメラ講座が開かれるとのこと・・・恥ずかしながらちっとも一眼を使いこなせていない私 折角のチャンスと講座の開かれる休憩所へ 
あれ 参加者は私達だけ?カメラのこと 何にも分かっていないのがバレバレじゃない!絞りのこととか露出のことこか教えていただく ホントに宝の持ち腐れの私・・・機械の苦手な私は初めから覚える気もなかった訳ですが これからは少し勉強しようと思っただけでも収穫ありかな^_^; ここの従業員さんみんなそうなんだけど若旦那さんも穏やかな表情で それだけでもこちらまでゆったりとした気分になり癒されました
c0213096_1950574.jpg

さて 6時からはお待ちかねの夕飯 お酒をさっそく選んでる相棒♪
c0213096_21251071.jpg
素朴な山のメニューですがヘルシーでどれも美味しくて 相棒はなんきんと林檎の胡桃和えが美味しかったらしい 
このほかにも山菜の天ぷら トマト鍋など・・・鯉うま煮も美味しくて 相棒は骨が多くて苦手らしいけど・・・
お腹いっぱいになり満足でした♪ 旅先ではこういう地元の美味しいご飯を食べたい私は幸せ(*^_^*)

ご飯のあとはのんびりして もう一つのお風呂 ランプのお風呂へ 写真なしHPからみてくだいね!
私は気がつけば一時間くらいは入っていたんじゃないかしら ここも二つの温度のお風呂があって最高でした♪

翌朝はまた温泉へ入って・・・7時半からは野鳥観察会が休憩所で開かれて 私だけ参加 相棒はまだ夢の中・・・
c0213096_205180.jpg
山で見かけることはあるけれどね ホシガラス
c0213096_205548.jpg
餌付けを始めたころは1,2羽しか来なかったそうですが 今は20羽くらい来るそう
c0213096_20753.jpg
アカゲラ♀ 慎重な彼女はなかなか餌には近づいて来ません
c0213096_208277.jpg
ホシガラスは向日葵の種ではなく天かすを一生懸命食べていました 
鳥が羽ばたくのには相当のエネルギーが必要なので高カロリー高たんぱくの餌を必要とするのだとか 私は見ることができませんでしたが テンやリスも来ていたみたい そうそう相棒は夜中にお風呂に行ってその時にタヌキと白いテンを見たと言っていました
野鳥観察会 子供達もとっても喜んでいました 普段こうやって野鳥を見ることはなかなかできませんものね

さて 朝ご飯の時間です
c0213096_20135062.jpg
体に優しいご飯 美味しくってご飯おかわり・・・しっかり食べないと歩けないからね~
今日は水ノ塔へ登ることにしました 黒斑山はお天気のいい時に登りたいし・・・
先にチェックアウトをして荷物を預けて 今日はスノーシューをお借りして歩き始めます
c0213096_2018071.jpg
[9:15]宿の目の前が登山口 前日に宿の方が赤いテープをつけて下さったそう 昨夜の雪でトレースがあるかどうかちょっと心配だけど
c0213096_2021440.jpg
こちらも雪はたんまりありました
c0213096_20232513.jpg
下界は晴れている様子 今日も雲は厚い・・・
c0213096_20253945.jpg
昨日歩いた高峰山とアサマ2000スキー場 
c0213096_20502598.jpg
登りはじめはスキー場からAKB48や嵐の歌声が聞こえてきたり♪
c0213096_20275781.jpg
久々のスノーシュー やっぱり楽しい~~~ここはスノーシュー無いと歩けないほどの雪
c0213096_2029154.jpg
途中の吹きさらしの場所は岩がゴツゴツ ここはスノーシューあると引っかかって歩き悪いけど
c0213096_20304629.jpg
ラッセル必要の斜面も多くてなかなか手こずります
c0213096_2032850.jpg
それでも楽しい~楽しいね~って感じ♪
c0213096_20331636.jpg
時々青空も見えて ここはホントに美しい場所☆☆☆
c0213096_20342448.jpg
サクサク登れると思っていたら意外と時間がかかって・・・もう一時間半も歩いていたとは! ここからは山頂をぐるっと巻きます
c0213096_20362237.jpg
反対側にでると展望が開けて湖が見えたけど どこなんだろう?
c0213096_203781.jpg
[10:54]深い雪に埋もれながらもようやく山頂へ ここも眺めがいいらしい・・・また来なくっちゃだね!
c0213096_20392712.jpg
さぁ、あんまり時間無くなったから 頑張って下らなきゃ 
c0213096_20402616.jpg
登りでは道を間違っていたようでこちらに赤いテープ発見 
c0213096_20521142.jpg
ラッセルです(笑)
c0213096_20414124.jpg
フカフカの雪 寝そべってみたりして
c0213096_20424470.jpg
真っ白な山々 谷川岳 苗場山の方角
c0213096_20441011.jpg
ここはやっぱり風の通り道~飛ばされる~髪の毛グチャグチャ
c0213096_2045437.jpg
午後からは晴れるという予報は当たりかな 青空が広がってきて
c0213096_20455421.jpg
[11:35]宿に戻ってきてポーズ カッコ良く決めたと思ったら
c0213096_20474729.jpg
コケタ・・・こんな感じで楽しい楽しい雪山遊びも無事終了
スリリングでは全く無いけれど 雪がいっぱいだったので十分に雪山満喫できました♪ 

宿に戻ってお風呂にもう一度入って(なんて親切な宿なんでしょう!)
c0213096_20553074.jpg
12:30の雪上車でアサマ2000スキー場まで送ってもらいます
c0213096_2056306.jpg
高峰温泉 噂どうりの素晴らしい宿で今度は連泊して東篭ノ塔まで歩くのもいいし 黒斑山へガイドさんと一緒に行ってみたいし 花の季節は池の平ハイキングも出来るし・・・また必ず来たいと思う宿でした!
c0213096_2125467.jpg
どの従業員さんもみなさん親切で気持ちよく過ごすことが出来て本当に一年間の締めくくりに相応しい癒しと同時に色々楽しめた大満足の二日間になりました♪ この先の冬の間の週末は山の団体客でいっぱいとのこと・・・キャンセルが出たら教えて欲しいな~なんて思う私でした(^_-)-☆

おまけ
c0213096_213187.jpg
帰りがけにスキー場のそばにある高峰高原ホテルでランチ♪ ここのご飯も美味しらしくて気になっていたところでした 花豆おこわ御膳 相棒は煮込みハンバーグランチ 美味しかったで~す♪ ここのレストランの窓からは八ヶ岳がどーんと見えるのですが 八ヶ岳も今日は分厚い雲に覆われていました 夜景も綺麗だそうです でも泊るならやっぱり高峰温泉かな(^^♪

もう一つおまけ
c0213096_21443276.jpg
私の住むマンションはとても居心地がよくて仲良しさんが沢山いますが 林檎のおすそ分けをしたらクリスマスにこんな可愛い手づくりケーキをいただいちゃいました!手の込んだヨーグルトケーキ 美味しかったで~す❤

最後のおまけ
c0213096_2112885.jpg
ブログを書いていた今日の夕方 ふと窓のそとを見ると真っ赤な夕焼け 我が家からは大規模マンションの影になって見えないのでエレベーターホールまで走っていくと 真っ赤な空と富士山がとても綺麗でした♪

さて 今日も長い長いブログになってしまいました 最後までお付き合いくださってありがとうございました!今年も残り僅かになりましたね 私は30日まで仕事・・・あと少し頑張りま~す あと一回くらいブログ更新できるかな?みなさんも有意義な年末をお過ごしくださませ♪

by akko-kornblume | 2010-12-27 21:32 | 山 2010


<< さようなら&ありがとう 2010年      純白の山へ@高見石&天狗岳 2... >>