山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 26日

夏山①@遠見尾根から五竜岳 2010・8・21(土)~22(日)

c0213096_1794661.jpg
夏山レポ・・・まずは五竜唐松縦走から始めたいと思います。
3年前の冬、スキーで訪れた遠見ゲレンデ・・・あの日は真っ青な空の素晴らしい快晴で、ここから見た五竜の雄姿に釘付けになった私達❤ いつかあのカッコイイ五竜に登りたいね~と思ってはいたけれど、北アは遠いし、なかなか足を踏み出せないでいました。夏山は何処へ行こうか~と真剣に悩み始めた頃、山友niwa君から夏に一緒に五竜唐松へ登りませんかとのお誘いを受けて、ハイ、行きます!連れてってくださいと即決定となりました♪ 燕で一緒に歩いたともちゃんも誘って4人で歩くことになり、ワクワクドキドキしながらこの日を迎えました。



我が家はこの週の水曜日から夏休みで、一足先に長野入りして雨飾山に登って、金曜日に白馬へ移動して車中泊。niwa君は名古屋から車で、ともちゃんはさわやか信州号で五竜へ。今回は車が二台あるので、土曜日の朝に下山地の白馬に我が家の車を置いて、niwa君の車で白馬から五竜エスカルプラザまで移動することにしました。
c0213096_17312955.jpg
白馬第三駐車場(無料)で迎えた朝。今年は長野も暑さが厳しくて寝苦しい夜でした。テント張って寝たほうが良かったかも。夜中に駐車場をうろうろしてました。でも、この朝の空を見たら元気が沸いてきます!niwa君とも合流して、八方ゴンドラ下駐車場(一日500円×2日分)へ我が家の車を止めに移動。ギリギリ間に合ったって感じでした。(6:45)
c0213096_17401082.jpg
八方ゴンドラは7時が始発なのでもう登山者でいっぱい!この人の多さに驚きながら、五竜エスカルプラザへ向かいます。
のんびりしてるでしょ~私達!だって、五竜のゴンドラは今週から始発8時15分なんです!先週までは6時半とかだったのに何で~遅すぎるでしょ~と怒っても仕方ないし。それにしても夏山登る時間じゃないですよね・・・。もう、この時間すでに暑いですって!
五竜とおみ駅でともちゃんと久しぶりの再会。ともちゃんは山仕様に髪を切ってました。駅の中で時間を潰すこと約一時間。どうしてこんな時間なのに遠見尾根を登るかと言うと、お二人は前に八方から登って、遠見尾根を下ったことがある、遠見尾根は長くてしかも階段が多い、疲れた足でここを下りたくない、それならこちらを上りに使おうということになったのでした。
c0213096_17541941.jpg
テレキャビンで一気に1530mのアルプス平へ。ここでWCを済ませて出発~!
c0213096_19462955.jpg
少し下ってアルプス展望リフトに乗ります。
c0213096_19481082.jpg
ハハハ、歩いたほうが早いんじゃないのっ~ノロノロなリフト。歩けば20分の道のりなので、歩いている方多数。それでも、爽やかな風に吹かれながらいい気分♪ niwa君もともちゃんももう二度とここを歩きたくないと思った尾根(お天気悪くて雨だったとか、霧で何も見えなかったとか)・・・遠見尾根ってどんなところなんだろう?3年前の冬の日にこのリフトから見た五竜・・・憧れ続けてやっと会いに来ましたよ~へこたれずに歩けるかなぁ。
c0213096_2015320.jpg
CTは5時間20分・・・長いなぁ・・・さあ、頑張って歩きましょう~♪ 8時55分でした。もう暑い日差しが辛いです。リフトを降りて、少し登ったところにあるケルン、地蔵の頭。
c0213096_2031636.jpg
恐怖の階段の始まりで~す!
c0213096_2011076.jpg
20分登るともうこんなに見晴らしがいい。もう少し曇ってていいのに・・・。
c0213096_2063224.jpg
一ノ背 髪 9時36分。
c0213096_20171569.jpg
下ります・・・今日の尾根には5つのピークがあるそうな。すなわち、アップダウンが5回ってことね。
二ノ背 髪(馬のたてがみのことなのかな・・・なんだ髪って)に9時56分・・・まあ、順調に歩いてます。
c0213096_20222232.jpg
だんだん雲が多くなってきて展望は無し。ちょっぴり残念だけど、この暑い日の登りは曇り空くらいがベスト!稜線歩きは楽しい。
c0213096_20241589.jpg
小遠見山 10時6分着。鹿島槍の展望がいいはずなんだけど、ここ。何にも見えません!ここまではハイキングコースのようで観光客の方もチラホラ。私達も一息ついて水分摂ったり、行動食を食べたり。
c0213096_20294828.jpg
お天気はイマイチだけど、涼しくて歩くのには最適です。暑かったらもっとノロノロシか歩けなかったと思う。
3年前にスキー場から見た五竜岳、この尾根をスノーシューで歩いてる方達を憧れの目で見ていたのでした。ここを歩けるなんてホントに嬉しいこと♪ ハアハアしながらだけど、ここを歩いていることが楽しくて仕方なかった。こんなに辛いのに楽しいなんて・・・私は山が好きなんだなって思った。今年はこうやって山友も出来て、一緒に歩けるってこともとても幸せだった。
中遠見山には10時26分、階段を頑張って登って大遠見山に着いたのは11時2分。
c0213096_20393922.jpg
ここから池塘のある広場までは40分くらいかかりました。お花が沢山咲いていました。
c0213096_20411477.jpg
小さなリンドウ
c0213096_2042264.jpg
コバイケイソウ
c0213096_20422386.jpg
実は初めて見たチんグルマ!もうお花の時期は終わっていると思っていたので、会えるとは思っていなくて嬉しい初対面です。池塘の周りには登山者がいっぱいだったので、私達は西遠見山まで行ってお昼にしようと。
c0213096_2110210.jpg
尾根道は歩きやすいけど
c0213096_21193522.jpg
それにしても何にも見えない(笑)niwa君達は前回あまりにもお天気が悪かったらしくて、二人とも記憶にないところばかりらしい。
c0213096_21392942.jpg
岩場もあったり、変化のないトレイルに味付け。鎖は使わなくて大丈夫。
c0213096_2144094.jpg
鎖場好きかも~楽しいね~! それにしても何も見えない・・・。
池塘から随分歩いたようなんだけど、西遠見山の標識はなかったのか気が付かなかったのか、あれ~もう白岳の下まで来ちゃったね。とここら辺で昼ご飯を何処で食べようかと少し広くなったお花畑の脇で食べる事にしました。写真撮り忘れ・・・(今回はカメラを一つにしたので今までコンデジで撮っていた食事の写真が一枚も無い!)コンビ二おにぎり二個だけだったけど。
周りはお花がいっぱいで、気持ちのいい風の吹き抜けるいいところ♪
c0213096_21335431.jpg
ミヤマアズマギク
c0213096_21343144.jpg
ハナニガナ?
c0213096_2135277.jpg
タテヤマウツボ?
c0213096_2136495.jpg
何だっけ?
c0213096_21362778.jpg
ハクサンフウロ
c0213096_2148285.jpg
赤い双子の実(ヒョウタンボクだそうです。カモシカさん、ありがとうございます)
c0213096_21472296.jpg
雪渓も残ってるから、吹いてくる風は涼しい。みんなで今日は暑くなくて良かったねと。さて、行きますか~!
c0213096_2150395.jpg
もういっちょ鎖場越えて・・・
c0213096_21515747.jpg
あ、小屋が見えてきた~最後の登り頑張ろ~♪
c0213096_21535947.jpg
みんなが立ち止まって何か見てると思ったら
c0213096_21545228.jpg
なんと、可愛い雷鳥の親子が遊んでいました。何度会っても嬉しい雷鳥さん。しばらく遊んでハイマツの中に入って行きました。
c0213096_2156597.jpg
さあ、あと少しだね。
c0213096_2158641.jpg
ウサギギク
c0213096_21584034.jpg
チんグルマって不思議な花・・・こんな姿になっても美しいのね。
白岳を越えて、唐松へと続く稜線の分岐へ少し下ったところで、まさかのバッタリ・・・先週ちょっと会ったんだけど、ここに来るなんて聞いてなかったからビックリ!気が付いたのはniwa君。私が大きな声で「akemiさ~ん」と呼び止めました。
c0213096_22311684.jpg
あと一分でも時間が違えば会うことは無かったね~akemiさん達は昨日八方尾根から入って、今日は唐松のテン場から、五竜のピストンだそう。八方第三駐車場に泊ってたアミティーはakemiさん家のだったんだわね。ここでご近所さんに会うとはね(*^_^*)また、飲みましょうって約束してお別れしました。

この分岐からわずかに下ると、今日お世話になる五竜山荘に着きました。ちょうど2時でした。涼しかったお陰でいいペースで歩いてこれてよかった。相棒はまだまだ歩けそうな感じだって。
お盆過ぎたし、そんなに混んでないだろうと思っていたのは大間違いで・・・それでも300人定員のところに180人だって。部屋は7,5畳に11人でした。そんなに激混みってことはなかったのかな。布団一枚に二人ずつ。
今回はともちゃんだけはテントを担いで来て、私達は小屋に素泊まり。部屋(廊下)に荷物を置いて、五竜岳に登ることにしました。
c0213096_2233449.jpg
小屋前は賑やかそうでしょ。テン場もいっぱいです。
c0213096_22344739.jpg
小屋から山頂まではCT一時間。でも、見上げてる感じだと、一時間で登れるのかな~って思いました。2時45分。
c0213096_223814.jpg
こんなところを登って行きます。ペンキ印に従って登れば大丈夫!
c0213096_22382559.jpg
青空も見えたり・・・あ、帽子小屋に置いてきちゃったじゃん。
c0213096_22414664.jpg
カッコイイ
c0213096_22441294.jpg
ガレ場は登りより下りが嫌だね
c0213096_2253197.jpg
ここにもチんグルマが咲いていたんだね
c0213096_22454211.jpg
黙々と登る・・・ぐんぐん登る
c0213096_22461819.jpg
ここはどうやって登るの?鎖場もありました。でも、大変なところはそんなに無い。
c0213096_225496.jpg
山頂かと思ったら、どうも分岐らしい。
c0213096_22565668.jpg
山頂への最後の登り・・・辛いけど、あと少し。山頂についたのは3時40分だったので、ちょうど一時間かかりました。お疲れ様~とみんな笑顔。鹿島槍も劔も見えないけど・・・そんな事は全然気にならない。
まずは相棒のジャンプ♪
c0213096_230272.jpg
次はniwa君
c0213096_231836.jpg
周りはちっとも見えないけどここまで来たら、すぐに下山する気なんてしない。
c0213096_233157.jpg
鹿島槍へと続く稜線が見え隠れするのを眺めたり
c0213096_2331354.jpg
空をぼーっと眺めて過ごす贅沢な時間
c0213096_2333372.jpg
地図を広げて想像するともちゃん
c0213096_2334938.jpg
結局のんびりと雲の動きを観察していたらあっと今に一時間近くも経っていました。鹿島槍も劔も見えないけれど、みんなは満足感でいっぱいだったのだと思う。こうやってここにいるってことだけで、とても幸せなことだなぁと感じました。
c0213096_23114235.jpg
下りは気を使うなぁ。私はお尻をついてゆっくり安全に・・・でも、この時思っていました。私、岩場も鎖場も好きだなぁって。子供に戻ったようで楽しくて仕方ない。
c0213096_23172668.jpg
小屋も雲の中に隠れたり、現れたり・・・赤い屋根が可愛らしい
c0213096_23115326.jpg
ガレた道はすってんとこけそうで苦手。でも、何とか無事に下山。

一息ついたら小屋の前のテーブルで夕飯作りです。先にも書きましたが、今回はご飯の写真をすっかり撮り忘れました。
初めての素泊まりで色々メニューを悩んで考えたのに・・・初レトルトのお湯を入れて待つだけのピラフ(まあまあかな)カップスープ、焼き鳥、かわみんさんからアイディアを貰った麻婆春雨、あとは作るの忘れて持って帰ってきてしまったたたみいわしのチーズサンド焼き。
ともちゃんは生野菜のサラダも作ってくれたり・・・どうして写真撮るの忘れちゃったんでしょう!niwa君もソーセージ焼いたりとみんなでワイワイ楽しい食事でした。
あとは一緒のテーブルのご夫婦に牛肉ソテーや美味しいお酒など色々ご馳走になっちゃっいました。ごちそうさまでした!小屋の夕飯は何回戦あったんでしょう?最後は8時40分とか言ってました・・・。ホントならテント泊をしたらもっと楽しかったんでしょうけど、素泊まりでご飯作ったのは正解でした。
c0213096_23122225.jpg
普通の夕焼け・・・。それでも、今日は雨も降らず、いい塩梅に曇って歩きやすかったし、いい一日でした。憧れだった五竜岳に登ることができたし、長い尾根道も歩けたし大満足でした。

小屋も北アの山小屋の大混雑で身動きとれないほどってこともなく、WCで行列って事もなく、それなりに快適に過ごすことが出来たので良かった。

さて、明日はどんな一日になるのでしょうか?  その②につづく

ともちゃんのレポはこちら

by akko-kornblume | 2010-08-26 23:55 | 山 2010


<< 夏山②@五竜岳から唐松岳そして...      夏山第一弾は・・・      ... >>