山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 07月 12日

花を愛でながら@西黒尾根から谷川岳  2010・7・11(日)

c0213096_1905492.jpg
中央道のインターに近い我が家はなかなか関越沿いの山に足が向かないのですが、梅雨の晴れ間の青空が広がる予報の週末・・・折角だからお花の季節の上信越の山にもチャレンジしようよと久しぶりに関越道に向かいました。



どこに登ろうかと一週間ずっと話していたのになかなか決まらず、急に浮上した谷川岳!最近、我が家では新田次郎の「銀嶺の人」を読んだばかりだったので、一の倉沢を見てみたいという気持ちもありました。本当なら、土曜の朝早く出かけようと目覚ましをかけたけど、お疲れ気味の二人とも起き上がれられず・・・日曜はお天気も下り坂なんだけど仕方ないね、また雨具を着て歩けば良いよと土曜日のお昼過ぎにのんびり出かけました。

水上ICまでは快適な走り・・・こんなに近かったっけ?関越までの下道の空いている時間なら全然問題ないね~と嬉しい発見!水上から、祖母と夏休みの休暇に来ていた懐かしい湯桧曾を抜けて、土合へ。まだ、時間があったので一ノ倉沢を眺めに行くことにしました。
c0213096_19294587.jpg
お~凄いね~圧巻です。写真では伝えられない迫力ある岩壁!上のほうは霧で包まれていて、全様を見ることは出来なかったのが残念!それにしても、ここを登っていくなんて信じられないね・・・もう少し早い時間だったら、もう少し先まで行くことが出来たみたい。またここだけに来てもいいなぁと思うほど感激しました。いつかデブリも見てみたい・・・なんて怖いことまで考えたり(笑)
c0213096_19383989.jpg
沢沿いにはタニウツギ
c0213096_19385269.jpg
地図を見ながら、あそこが烏帽子岩かなとか
c0213096_19415148.jpg
もし明日大雨で山に登れなくても、一の倉沢を見れたからもういいか・・・なんてことも考えたり、どんなに眺めても飽き足らない
c0213096_19431878.jpg
多くのクライマーを虜にした岩壁・・・まだ、雪も残っていて吹いてくる風はひんやり冷たくて。またゆっくり来ようと話しながら、土合の谷川岳ロ-プウェイベースプラザ駐車場へ戻りました。
立体駐車場の中に止めてもいいんだけど、山の空気を少しでも感じられるように外の駐車場で車中泊することに。車の後ろを開けて座って夕飯。そばには可愛いセキレイさんがずっといて・・・
c0213096_19514133.jpg
片足が悪いみたいで、一人ぼっちで・・・仲間のところにお行きなさいね。
夕飯を食べたら、もうすることもないので寝る準備。朝は4時に起きて、5時には歩き出そうね。夕焼けも見れたし、もしかしたら明日もいいお天気かも知れないね・・・とやっと薄暗くなってきた7時半には寝袋に入りました。
c0213096_19594224.jpg
朝は菓子パン二つずつ食べて準備完了。車は立体駐車場の中に移しておきました(¥500)。5時過ぎには歩き出しました。
登山口までは車道を少し登っていきます。
c0213096_2065915.jpg
相棒は早速可愛い子におはようのご挨拶。
c0213096_2063932.jpg
シジュウカラの若鳥かな?
c0213096_2075859.jpg
ホタルブクロも咲いていました。登山口に着くまでにもこうやって立ち止まってばかりの私達。
c0213096_2010775.jpg
昔のクライマー達はここから歩いて行ったんでしょうか?
c0213096_20102551.jpg
登山指導センターで登山届けを出して、係りの方と少しお話。登山口を入ってすぐにある鉄塔から小峰までは四足さんが多いので気をつけてくださいと言われて、ちょっと怖気づいて・・・いつもより大きな声で話しながら歩こうねと。
c0213096_2015048.jpg
今日登りに使うのは西黒尾根。 西黒尾根は飛騨山脈・烏帽子岳へのブナ立尾根、赤石山脈・甲斐駒ケ岳への黒戸尾根と並ぶ三大急登とひとつ。
いきなり急登なんだわ、ここがまた・・・でも、今日は元気な私。さあ、頑張って歩きましょう!そういえば、久しぶりの急登かもね、ここのところのんびり登山ばっかりだったもんね。
c0213096_20175585.jpg
それでも、大きな木に励まされてグングン登っていきます。そうそう、ここに咲いていたのはギョリンソウギンリョウソウ(かわみんさんアリガト)ばかり。初めて見ましたが、う~ん、やっぱり苦手かな。なんか幽霊みたいなんだもの。
c0213096_20194242.jpg
たしかに急・・・初めは大きな声で歌なんか歌ってたけど、息が切れてくる。でも、四足君には会いたくない。
c0213096_20365525.jpg
ようやく小峰に到着。少し胸を撫で下ろします。向こうに見えるのはロープウェイで山頂駅、天神平。あそこまで歩くんだね。
c0213096_2045195.jpg
岩が乾いているのでいいけれど、濡れてたら厄介かも。
c0213096_20392954.jpg
小峰を過ぎると、岩場がどんどん現れます。
c0213096_20424368.jpg
鎖場も・・・ちょっと楽しい❤怖いってことはない。鎖がなくても登れるかな。
c0213096_20512019.jpg
私達はここを下るほうが大変そうなので、登りに使うことにしたのでした。
c0213096_20483695.jpg
大分登ってきたね~気持ち良いね~心配していたお天気もなんとかもちそうだね。
c0213096_21185855.jpg
岩場になったとたんにトレイルは花がいっぱい。
c0213096_21215098.jpg
わぁ~エーデルワイスだぁ。ホソバヒナウスユキソウもお出迎え!急な登りなんて全然へっちゃら。色々な花が咲いていて、テンションが上がります!
c0213096_21255678.jpg
名前がわかりません。
c0213096_21282476.jpg
可憐な花があちこちに
c0213096_21284068.jpg
マイズルソウゴゼンタチバナがここにも(palletさん慌てて間違えました。ありがとうございます)
c0213096_21305453.jpg
マチガ沢も見えて・・・どんどん高度を上げていきます
c0213096_21322210.jpg
イブキジャコウソウが岩の間で小さな花を咲かせて
c0213096_21332076.jpg
あの岩登るんだ・・・
c0213096_21344195.jpg
カメラが邪魔だけど
c0213096_21345748.jpg
両手も使わないとだ
c0213096_2137990.jpg
あ、イワヒバリだ、綺麗な声で歌ってます♪
c0213096_21385646.jpg
ヨツバヒヨドリもあちこちで咲いていて・・・素朴な花だけどとっても可愛い
c0213096_21403695.jpg
ラクダの背でマチガ沢からの巌剛新道と合流。あれれ、急に霧が出てきた・・・急ごう、急ごう!
c0213096_21435040.jpg
これから歩くトレイルは?まだまだ長いよ・・・霧で見えなくなったり
c0213096_21464822.jpg
霧が晴れたり忙しい。風も吹いてきて涼しい~!
c0213096_21483464.jpg
ウスユキソウを見れば歌いたくなる ♪エーデルワイス♪
c0213096_21502978.jpg
ミヤマニガイチゴかな?
c0213096_21504538.jpg
ウラジロヨウラクの愛らしい花
c0213096_21535787.jpg
ニッコウキスゲの鮮やかな黄色
c0213096_2155474.jpg
歩いてきたトレイルを振り返って・・・いい山だね~素敵だね~と何度も言いながら・・・
c0213096_2203485.jpg
また会えたハクサンフウロ❤
c0213096_2211961.jpg
また霧が・・・
c0213096_2222060.jpg
またウスユキソウ♪
c0213096_223748.jpg
コバイケイソウ
c0213096_2235148.jpg
さあ、急がないと・・・でもお花がいっぱいで急げない楽しい尾根歩き!
c0213096_227031.jpg
ようやくザンゲ岩だね、私が花の写真を撮っていると相棒は岩まで行っちゃった
c0213096_2285756.jpg
気をつけてよ~怖いもの知らずの相棒・・・
c0213096_22115138.jpg
ここからまた岩場の連続・・・
c0213096_2219404.jpg
眺めいいよ~昨日だったらもっと良かっただろうね~
c0213096_22203732.jpg
黄色い印にそって登って行けばいいんだね、慎重に歩けば危ないところはないかな。事故が起こるのは下りでらしいし。
c0213096_22231977.jpg
やっぱり稜線歩きは楽しいのだ
c0213096_2224789.jpg
岩場が過ぎるとあとは気持ちのいい笹の山
c0213096_22242220.jpg
気持ちのいい風も吹いて・・・あと少しだね、頑張ろう!この辺りから私の歩くペースがダウンしたそうで、相棒が先を歩くことに・・・私的にはちっとも疲れてないし、楽しくてしかたなかったんだけどなぁ。
c0213096_22294974.jpg
一ノ倉岳に続く尾根道・・・いつか歩きたいなぁ
c0213096_2232439.jpg
山頂が見えて来て・・・あと一登りで山頂だね♪
c0213096_22324670.jpg
隣の尾根もカッコイイです。
c0213096_22355870.jpg
雪渓が少し残っていました。ここのそばだけイワカガミが咲いていました。
c0213096_22372020.jpg
ヨツバシオガマかな
c0213096_22393879.jpg
今行くからね~気持ちいいね~最高だね~♪ 相棒はもう山頂です。
c0213096_22412346.jpg
山頂からの眺め
c0213096_22414125.jpg
苗場方面も
なんとかもちそうだったお天気も私が山頂に着くころには急に大粒の雨が降ってきて(私が雨女?)慌てて相棒の山頂ジャンプ!
c0213096_22443174.jpg
跳び足りなかったようですけど、雨降ってきたからとりあえず肩の小屋に走っていくよ~!小屋の軒先で私は雨具を着ました。天神平から登ってくる方はこんな天気なのに結構いて、会う方みんなもう少しもつと思ったのに~と。私達は、山頂まで降らないでくれたので、もう大満足(*^_^*)
c0213096_22484937.jpg
ミヤマキンポウゲとウソ♪ カメラカバーもしたし、どんどん下っちゃおうね。
c0213096_22512639.jpg
雄大な笹の山・・・風に揺れて綺麗!
ツバメオモトの可愛らしい姿❤
c0213096_22551015.jpg
さあ、どんどん下ろうと思ったけど、このトレイルも岩が沢山あって歩き悪い・・・滑るのでそうそう簡単に下れなくて・・・おまけに登ってくるかたが大勢で、何度も立ち止まらなくてはなりませんでした。
c0213096_22562839.jpg
ここも登るのはそれなりに大変そう
c0213096_2256402.jpg
オッカナビックリな私。滑るんだもん。
c0213096_2373199.jpg
天狗の留まり場・・・ここは眺めがいいらしい。
熊穴沢避難小屋につく頃には、雨もほとんど止んで来たので、私は雨具の上着を脱ぎました。暑くて蒸します・・・。
ここからは木道が続いていて、イワイワよりは歩き易い。みんなが立ち止まってなにか見てると思ったら、ギンリョウソウでした。折角なので一枚だけ。
c0213096_2312299.jpg
やっぱり苦手だな。
c0213096_2321966.jpg
木道をずんずん歩くと、天神平に出ました。
c0213096_2344830.jpg
天神平ではリフトに乗って天神山まで行けるらしい。観光客の方は傘をさして雲上散歩を楽しんでいました。
c0213096_23104049.jpg
ヨシバヒヨドリ
c0213096_23105416.jpg
ニッコウキスゲなどが沢山咲いていました。
私達は、もう十分花も楽しんだしねと、そそくさとロープウェイ(片道¥1200)に乗って下山しました。下山したのは11時半でした。

初めて歩いた西黒尾根と谷川岳・・・想像していたよりもずっとずっと素敵な山で嬉しい楽しい一日になりました。晴れていればもっともっと素晴らしい展望があったのでしょうが、こんな天気だったので割合に涼しくて歩きやすくて、暑がりの私にはちょうどいいお天気でした。アルペンムード満載の稜線歩き、どこもかしこもお花がいっぱい咲いていて、急登の辛さはほとんど感じることはありませんでした。さすが人気の山だけあるんだなと思いました。面倒くさいなと思っていた関越道沿いの山も、これからはもっと出掛けてみましょうか!だって、こちらにも魅力的な山が沢山あるんですものね。

さて、梅雨もそろそろ明けるのでしょうか?待ちに待った海の日の三連休がやってきますね~みなさんはどちらの山を歩かれるんでしょうか?我が家は三連休一日目は所用があるので、それが終わってから出かけることになりそうです。もしかしたら、どこかの山でお会いできるかもしれませんね~♪

追記・・・今回帰りに立ち寄ったのは鈴森の湯。ロープウェイ駅の売店の方にお勧めは何処かと聞いて教えていただいたところです。施設が新しいので、綺麗でとっても気持ちのいいお風呂でした。駐車場が小さいのでそんなに込むことはなさそうです。

by akko-kornblume | 2010-07-12 23:33 | 山 2010


<< 海の日の連休は・・・      イワカガミと黒百合と@ニュウ ... >>