山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 01日

SWの思い出@木曽御嶽山   2009・9・20(日)~21(月)

c0213096_19271351.jpg
この週末は相棒は結婚式の2次会だし、父の所属している合唱団のコンサートもあるし・・・おまけに天気予報もあまりパッとしなくて久しぶりに朝寝坊の週末になりました。
山レポはお休みかなと思ったけれど、そういえばと去年のSW(シルバーウィーク)の山レポを書いてなったなと写真を開いて見ました。この時はブログを始めるなんて考えてなかったのですが、相棒のファイルには素敵な写真が沢山あるではないですか!これはお蔵入りにするのはもったいないからと、どこまで思い出せるか不安ですが御嶽山の思い出のレポを始めたいと思います。



山を始めたばかりの3年前の秋に登った北八ツから見た御嶽山の美しい山容が忘れられなくていつか登りたいなと考えていました。それで、2009年の海の日の連休にも実は御嶽山を目指して、前日にはペンションに泊ったりしたのですが、生憎のお天気で・・・土砂降りの中、登山口で小屋に電話をかけると無理しないでくださいとのこと。結局、御嶽山の姿も拝むことなく、仕方ないねと泣く泣く帰路についた私達。ただ、初めて訪れた木曽がとても気に入ってそれなりに楽しい休日を過ごしたのでした。
あ~これは縁がないのかなとも思いましたが、去年の目標の山だったこともありSWに再チャレンジとなったのでした。

今回は登山口の様子もわかったし、ペンション村から登山口まで遠くて・・・という事で初の車中泊。海の日連休に泊ったペンションのお兄さんから是非、田の原から登ってくださいと言われていました。それならと田の原の駐車場に着いたのは前日の19時。ここまでは木曾福島からバスで来ることもできます。麓のスーパーで買ってきたお弁当を狭いレガシイの中で。
c0213096_19562780.jpg
夕飯を食べたら即爆睡でした。それもそのはず、この日は諏訪大社から始まってあちこち観光してクタクタだったのでした。朝方冷えました。標高2180mですもんね・・・寒いわけです。
c0213096_20162672.jpg
お~今日はいいお天気じゃないか!朝日を浴びて赤く染まった御嶽山。テンションが上がりますね。
私は5時には目が覚めてしまってWCに行ったり・・・でも、相棒は寒いと言ってなかなか起きてくれなくて。結局簡単に朝ご飯を済ませて出発したのは7時半を過ぎていました。
c0213096_20535070.jpg

木曽御嶽山は古い歴史のある山岳信仰の聖地。海の日の連休の土砂降りの中でも白装束で歩く修験者があまりにも多いのには驚きました。今回はもう巡礼の季節は過ぎたので白装束の方は数人だけしかお会いしませんでしたが。鳥居をくぐって登山道に入ります。
c0213096_20241832.jpg
初めはノンビリゆるゆると。
c0213096_20265032.jpg
だんだんと上り坂になって
c0213096_20354179.jpg
木の鳥居を過ぎると登山道に入ります。
c0213096_20401151.jpg

あかっぱげと呼ばれる崩壊地で一息いれます。朝冷えていたので上着も着てきた私ですが、もうこの辺りからは暑くて暑くて・・・。
c0213096_20432480.jpg
振り返ると、登山口の駐車場もあんな遠くに・・・そして中央アルプスも見えて・・・素晴らしい眺めです!ここまで登山口からちょうど一時間。
c0213096_20543092.jpg
来るまで知らなかったけれど、御嶽山って東京で言えば高尾山みたいな地元ではポピュラーな山だったんですね。老若男女ものすごい人出で登山道で待つこともかなり多かったな。きっと遠足なんかで登るんじゃないかな~でも一応3000m級の山ですからね、高尾山に比べると凄くキツイですけど。
c0213096_2059988.jpg
8時55分。8合目の石室避難小屋に到着。私はこの暑さでかなりバテて・・・疲れた。
c0213096_211528.jpg
それでも振り返ればこの美しい景色に癒されて
c0213096_21414730.jpg
相棒が富士山も見えるよ~頑張って~と。ハイ、頑張ります!
c0213096_21433855.jpg
でもね、炎天下の中の登りはやっぱり辛いや。
c0213096_2144841.jpg
大滝頂上小屋が見えてからがまた長い・・・行き交う人と励ましあいながらの一歩一歩
c0213096_2147958.jpg
辛いのはみんな同じだとわかってはいるんだけど
c0213096_21495463.jpg
やっと大滝頂上・・・頂上山荘の脇の石段を上がると立派な大滝口頂上奥社がありました。もうバテバテの私・・・ホント暑さには弱いよぉ。ここからやっと目指す剣ヶ峰が見えました。まだ、こんなに登るんだ・・・あ~。
c0213096_21543637.jpg
大滝山頂が2938m、剣ヶ峰まであと130mの登りか・・・。ここは強風帯だとか。この日は風は強くなかったけれど。
c0213096_2214361.jpg
剣ヶ峰直下の最後の魔の階段・・・暑さに強い相棒は元気なもんです。
c0213096_2262812.jpg
やっとの思いで剣ヶ峰頂上へ(3067m)山頂写真を撮る順番待ちは相当なものでした。相棒は寒いらしく毛糸の帽子まで被ってます!山頂に着いたのは11時20分でした。CT3時間のところ4時間弱もかかりました。休憩も多かったけどそれにしてもね・・・。御嶽神社奥社の脇でお昼ご飯にしました。(何を食べたか覚えていません)
ここからのすばらしい眺めを見たら頑張ったっていう満足感、達成感もあって疲れもどこかへ吹っ飛んで行きました。殆どの方はここまでのピストンのようでした。ここから先が素敵なのにもったいないなあ。
c0213096_22221829.jpg
さて、お昼を食べたら今日の宿、五の池小屋に向かいます。この季節は御嶽山の頂上山荘などの営業は終わっていました。ここは修験の方の為の小屋なので(誰でも泊れますが)修験者の来ないこの季節やっているのは二の池新館と五の池小屋のみ。私達は海の日もこの五の池小屋に泊る予定だったので今回もこちらにお世話になることにしました。
お昼を食べて元気になった私達は剣ヶ峰からぐるっと一の池(水はなかった)を廻ってまずは二の池にGO!
c0213096_22394458.jpg
高度感もあってここを歩くのは楽しい!
c0213096_22423261.jpg
ホントに素晴らしい眺めが続きます。た~の~し~い~~!
c0213096_2249598.jpg
お~美しい二の池が見えてきました。神秘的な水の色です。ここからはぐんぐん下っていきます。二の池新館はまだ営業中でWCをお借りしました。新館というだけあって外のWCもすっごく綺麗でした。
c0213096_22535861.jpg
もう時期が遅くて諦めいたのですがところどころに花が咲いていました。イワキキョウでしょうか?青い花の好きな私❤かわいいなぁ。
c0213096_22572494.jpg
二の池からは賽の河原を歩きます。信仰の山だけあってあちらこちらに御嶽教のモニュメントもありました。賽の河原避難小屋まで登ってくるとこれまた美しい三の池が見えてきました。
c0213096_2304080.jpg
水の色が二の池とは違って深い青。
c0213096_2384829.jpg
摩利支天乗越です。このまま小屋に下るか迷いましたが明日はここは通らないので荷物をデポして摩利支天山に向かいました。
c0213096_23135861.jpg
眺めのいい所ではいつも気分はサウンドオブミュージック♪荷物がないと楽チンでいいわ~。
c0213096_23171853.jpg
ここから見えてるのは御嶽山の一部なのかな?大きな大きな山なんですよね。
c0213096_23441612.jpg
摩利支天乗越に戻るとこれから行く五の池小屋が見えました。登ったかと思うと一気に下るの繰り返し・・・。
五の池の水は小さな水溜りくらい。
c0213096_05225.jpg
小屋でまずは宿代を払ってビールを買って・・・今日歩いてきた道を眺めながら乾杯しました。なんとか無事に着いてよかったね~♪小屋に着いたのは3時をとっくに過ぎていました。ここで、ノンビリしててもいいけど、せっかくだから継子岳まで行ってみようかと手ぶらで出かけました。元気なもんだわ。
c0213096_2357454.jpg
継子岳までの間は針の山なんて呼ばれるところで岩が沢山ありました。
c0213096_23581869.jpg
頂上からはお隣の山乗鞍岳が美しい姿を見せて・・・いつまでも眺めていたいそんな時間。でももう4時半・・・そろそろ小屋に向かいましょう。
c0213096_08241.jpg
歩いてきたのはあのてっぺんからだね。いやいやホントに美しい山なんだわね。
c0213096_085387.jpg
四の池・・・小川が流れています。相棒は四の池をぐるっと回って帰りたかったみたいだけど、大分日も傾いてきたので諦めて来た道を戻りました。
c0213096_0175983.jpg
小屋に着くころにはアーベントロートの時間がやって来ました。
c0213096_01968.jpg
まずは夕日が落ちてきて
c0213096_0192596.jpg
山も赤く染まって
c0213096_0205538.jpg
そして遠くの山々はピンク色に・・・夢の中のような素敵な時間。この美しい夕焼けを眺められることに感謝しつつ、いつまでも眺めていました。来てよかったね~!
さて、お待ちかねの夕飯です。夕飯は2回戦。
c0213096_027520.jpg
この小屋は若いスタッフが多くて小屋はウッディーで小さいけれどとっても気持ちのいい小屋でした。そして夕飯の美味しいこと!今まで泊った小屋の中でも上位にはいるかも。
夕飯が終わるとストーブの周りでみなさんとお喋りの楽しいひと時。空には満天の星が広がっていました。
c0213096_0332238.jpg
相棒はコンデジで星空の撮影に挑戦☆寒かった~と帰ってきました。
ゆっくりした時間をすごして就寝。たしか、どなたかのいびきが賑やかでよく眠れなかった記憶が・・・(笑)
c0213096_0435445.jpg
山の朝は素晴らしい!
c0213096_0451740.jpg
眠りについていた全てのものがだんだんに目覚めていく。
c0213096_0485383.jpg
雲海も広がってて綺麗だったなぁ。
c0213096_1135083.jpg
三の池にも朝が来ました
もう一枚雲海・・・こんなに素敵だったんだわって思い出しました。
c0213096_2218.jpg

朝ご飯の写真なかったけど食べました。メニューは覚えていないなあ。準備をして6時半には出発(真面目だったんだな)今日は摩利支天には行かない巻き道で・・・三の池を間近に見るコース
c0213096_125133.jpg
危険箇所ありの道だったけど、危ないところはなかったような・・・。
c0213096_115407.jpg
三の池を振り返ってみたり
c0213096_116397.jpg
幸せだよ~最高に楽しいよ~~~!
c0213096_1104323.jpg
今日もいいお天気!
c0213096_1221639.jpg
下りは楽だね~二の池に戻ってきました。二の池のこの部分だけ雪が残っていました。
c0213096_1233842.jpg
ここからは剣ヶ峰を巻くコースに入ります。
c0213096_124138.jpg
雲海の下に駐車場がはるかかなたに見えてきました。
c0213096_1243180.jpg
日差しは強いし暑いけれど、下るだけなのでいい気分です。
c0213096_1245918.jpg
ぐるっと歩いて大滝頂上を越えて・・・あとはひたすら下るだけ・・・以外に長いんだわ。やっぱりクタクタになりました。
c0213096_1251798.jpg
途中からは雲も多くなってきてグングン下って飽きてきた頃に登山口に着きました。10時半でした。
c0213096_1455966.jpg


木曽御嶽山・・・二度の挑戦のお陰でお天気に恵まれたこんな素晴らしい二日間を過ごせてとってもラッキーだったと改めて感じました。こうやって見ると御嶽山ってとても雄大で変化に富んだすっごく魅力的な山で、東京から近かったら何回でも行きたくなるような山だなと思いました。お花の季節もどうも素敵らしいし・・・またチャンスを作ろうかなぁ。今の季節はまだ雪がいっぱいなんでしょうかね?
季節はずれのレポなのに長くなってしまいましたけれど、お付き合いありがとうございました!

さて、我が家はそろそろテント泊に再挑戦してみようかと企んでいます。それに夏の山もどうしようか~どこを歩こうか・・・と悩み中です(笑)みなさんはいかがですか?

by akko-kornblume | 2010-06-01 02:05 | 山 2009


<< 緑あふれるの森の山へ@両神山 ...      ルリビタキの住む山@西岳・八ヶ... >>