山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 14日

のんびり周遊@那須岳   2010・5・2(日)~3(月)

c0213096_17321743.jpg
ゴールデンウィークの後半は那須岳を歩いてきました。子供の頃何度も登ったことのある那須岳ですが、残雪期はもちろん初めて!トラバースする箇所があると知って直前までちょっぴり不安な気持ちもあったのですが、素晴らしいお天気に恵まれた二日間になりました。



前泊したペンション・トラット倶楽部の8時からの朝ご飯をしっかり食べ(土鍋で炊いた美味しいお粥は絶品)オーナー夫妻に見送られてまずは登山口まで。もし、風邪が良くならなかったら無理かなと思っていたけれど、昨日は辛かったけれどよく眠れたお陰でかなり回復したので、頑張って行こうと。那須岳の雄姿を見たらこのまま帰るわけには行きません。でも、少し気弱になっていてロープウェーで登っちゃおうよとか戯言を並べて風邪引きなのをアピールしてみましたが、ロープウエー乗り場の駐車場は目茶混みで、これじゃ、いつ駐車できるかわからないからとあっ気なく素通り・・・峠の茶屋駐車場へ。こちらはすぐに泊めることが出来ました。
c0213096_1752419.jpg
荷物を準備して、スパッツを着けたら出発です。いいお天気~最高!登山指導センターで雪の状況を伺いました。行って来ます!
c0213096_1756057.jpg
ここからも歩いたことがあったけど、その時は運動靴も履いてなかったな、なんて考えながら回りを見ると、私達のような荷物を担いでいるのはごく僅か・・・みんな、そんな靴じゃ危ないよ。観光客の方はそれこそ革靴のお父さんとか、滑って帰れなくなってるおばあさんとか・・・高尾山もそうだけど山なんて歩いたことのない方ばかりでこちらが不安になってしまういでたち。そんな怖さをこの二日間ずっと感じることになるとは・・・。
c0213096_1842672.jpg
日当たりのいい斜面は雪の無いところもありました。ピッケル持ってるのが恥ずかしいくらい。
c0213096_18121450.jpg
ノンビリ歩いていると難所の一つ朝日岳へのトラバースが見えてきて・・・相棒はお~行きて~と言ってたけど怖がりの私は行きたくないなとずっと思ってたので体調不良を言い訳に今日は無理だよと。
c0213096_18152745.jpg
遠くから見てても危なっかしい歩きの方とかはっきりわかるので私には危険だわ。
c0213096_18185525.jpg
トラバースを眺めながら歩いているうちに一つめの目的地、峰の茶屋に着きました。
c0213096_18204061.jpg
ここはロープウエー山頂駅方面からの方で溢れていました。ここは風の通り道ですごく寒くて・・・小屋の中で(WC無し)甘いものを食べて少し休憩です。ここからどうやって今日の宿、三斗小屋まで行くかの話し合い。相棒はトラバースを通って朝日岳に行きたい・・・私はこのまま小屋に行くだけしかできないよ、風邪引きだから。結局、体調が良くなったら明日登ればいいねと、このまま小屋に向かって歩くことにしました。
c0213096_18294386.jpg
ここからは急な下りが始まります。雪もだんだん増えてきて滑ったらどこまでも落ちて行きそうで神経をつかいました。
c0213096_185825100.jpg
でも眺めがいいので楽しい!
c0213096_18281673.jpg
お~避難小屋が見えて来ました。まだまだ下るんだ・・・。樹林帯を抜けてここからは転げるようにして避難小屋まで。
c0213096_19135061.jpg
道しるべも頭まで雪の中。どんだけ積もってるんだか・・・。
c0213096_19153277.jpg
相棒は嬉しくなって雪にダイブ!
ここで一先ずお昼ご飯にしました。今日はコンビニで買ってきたパンだけ・・・。避難小屋の脇ではお洒落なカップルさんが美味しそうなもの作ってました。やっぱり何か作ればよかったね、時間たっぷりあるのにね。彼らの持っていたタップ君。
c0213096_19185228.jpg
彼らとしばしお喋り。普段は丹沢に登っているとか。もっとゆっくり話していたかったけど、泊る小屋も違うそうで・・・残念でした!私達もここで日にあたってノンビリしました。
c0213096_19213660.jpg
避難小屋から見上げる茶臼岳。避難小屋の中を見るのを忘れました。さあ、先に進みましょう!
c0213096_19253484.jpg
ここから先はまた樹林帯に入り、御沢の支流沿いの道を歩きます。
c0213096_19284024.jpg
よくあるネーミング・・・延命水。冷たそうで飲まなかった・・・。
c0213096_1929196.jpg
沼原の分岐。ここから沼原はこの季節は殆ど歩かれてないらしくトレースも無いらしいと後で聞きました。
c0213096_1927227.jpg
三斗小屋まであと20分の看板を過ぎてからが意外に長い!でもこんな平坦な道で、他の季節なら緑がいっぱいでさぞ気持ちのよいところなのでは?
c0213096_19335315.jpg
今日の宿は三斗小屋温泉煙草屋さん。ここのもう一軒の宿、大黒屋さんとどちらにしようかと迷ったのですが、露天風呂に惹かれて結局ここに決めたのでした。
c0213096_19363743.jpg
宿で宿泊代を払うと手ぬぐいをいただきました。この宿は山小屋と言うには整いすぎてるし、旅館というには・・・ちょっと微妙。宿の入り口に「トイレお断り」なんて書いてあるし・・・山小屋と思ってはいけないみたい。
ここに着いたのが2時前で相棒は先に露天風呂へ出かけて行きました。ここの露天は混浴!でも、3時から5時までは女性専用に。相棒が最高だったよ~とフラフラしながら帰って来たので、今度は私が行って来ます。
c0213096_19494378.jpg
露天からの眺め・・・流石山、大倉山、三倉山の稜線がとっても美しいです。この尾根道はお花がいっぱい咲くんだそう。お湯はちょっと熱めで褐色、疲れた足を伸ばすと気持ちいいっ~!ずっと温まってはいられないので出たり入ったり。私が入っている間に5人の方が入られたのだけど、なんと3人の方は旦那に騙されて来ましたとのこと。旦那さんも山に登る人ではないみたいだし。彼女達も山なんて歩いたこともなくて運動靴で来たらしい。お、恐ろしい!明日どうやって帰りましょうなんて話。う~ん、こんな雪道をよく無事に・・・同じ道を帰るにしても、避難小屋からは急登で雪いっぱいだからねえ。ちょっと心配なお話。
ここの夕飯はなんと4時半。ちょっと早すぎはしないか?
c0213096_2003364.jpg
大広間で日がサンサンと降り注ぐ中の夕飯。眩しいよお。夕飯は普通に美味しかったです。食事の間もみんなそれぞれ細々と喋っている・・・山の話なんて出ない、そりゃあそうだ、山に来たこともないんですから。食事が大部屋なのもここを選んだ理由だったんだけどな。ちょっと寂しいな。
食後、私は風邪薬を飲んで一眠り。相棒は内湯へ。
c0213096_2071922.jpg
風情があっていい感じです。お湯も露天とは違うらしい。4時半に夕飯だと夜が長い・・・大広間は団欒禁止なのでみんな個室で何してんのかな?せっかくだから暗くなったら露天にいってみようよ~私は布団の中でうつらうつら。相棒は読書。露天は夜中も入っていいのだけど、9時の消灯と同時にヘッテンを点けて露天へいって見た。お~誰もいないよ~!満天の星の下でのお風呂は最高でした。これがしたくてここに来たんでした。実は今日は私の誕生日でして(あんまりおめでたくもないけど)相棒がハッピーバースデーを口笛で吹いてくれました♪
c0213096_20185538.jpg
ご飯だけは山小屋みたい。お昼ご飯を持ってきてないのでしっかりおかわりしていただきました。宿に泊っていたのは30名ほどでした。食事が済んだら支度をしてさあ、帰りましょう!昨日来た道を戻るか、隠居倉を越えて朝日岳に登るか・・・体調も良くなってきたからねと隠居倉を目指します。
c0213096_20252348.jpg
宿の裏からすぐに登山道に入ります。いきなり急だし、雪もいっぱい!鳥居も埋まっています。私達の先に山梨から来られていたご夫婦が歩かれていました。(彼らはベテランさん)途中で不明瞭なところもあったけれど、グングン高度を上げていきます。
c0213096_2035440.jpg
目指す尾根が見えてきました。あんなところまで登るの~!でも体調もすかなり良くなったので頑張って歩きます。
c0213096_20291497.jpg
階段は辛いなあ。
c0213096_20311473.jpg
三斗小屋温泉の源泉。
c0213096_20333817.jpg
源泉を越えると、ずっと真っ直ぐな登りがずっと続きます。
c0213096_2040621.jpg
尾根にでると危なっかしい感じの雪が残っていて両脇は崖だし、慎重に歩かないと。
c0213096_20412596.jpg
眺めは最高です!無理してでもこっちの道にして良かった!
c0213096_20373133.jpg
こんな素敵な景色を見ながら尾根を歩いていると、サウンド・オブ・ミュージックの最後の国境越えの場面をいつも思い出します。気持ちいいっ~~~!
c0213096_21231864.jpg
ヤッホー!
c0213096_20451049.jpg
でも、ちょっと怖い~!
c0213096_20464069.jpg
熊見曽根に到着。次に目指すのは朝日岳。
c0213096_20515017.jpg
朝日岳への登りは急ですけど短いです。
c0213096_20485048.jpg
この辺りから小さい虫がいっぱい飛んでてちょっと不快。相棒は口に入ったとか(笑)。これからの季節はなにか対策を練らないとかな。
c0213096_20551070.jpg
朝日岳山頂からの眺めを見ながら、かりんとうのおやつタイム。もうお腹がぺこぺこでしたから・・・。
c0213096_21115342.jpg
朝日岳を下ると、宿でいっしょだった方がちょうど到着されて写真を撮っていただきました。この方もベテランさん。さあ、これから朝日岳をぐるっと巻いて行きます。イワヒバリがあちこちで鳴いていました。
c0213096_2114138.jpg
鎖があるので安心ですが、高度感もあってちょいと怖いです。でもこの先にはトラバースが待ってます。まずは相棒から。
c0213096_21153943.jpg
雪は軟らかいし、しっかり踏み固まられているので危なくはないのですが・・・
c0213096_2117745.jpg
完全に傾いてます。右手で斜面を触っていたら手袋がグチョグチョになりました。自分でみてもカッコ悪い・・・情けない。一応ピースなんかしてますけどやせ我慢です。
c0213096_2120371.jpg
峰の茶屋に着いて昨日と今日歩いた道を振り返ります。綺麗でしょう!
c0213096_21252029.jpg
ここからは駐車場に向かってどんどん下って行きました。こんなところ昨日歩いたっけ?ってくらい雪も沢山あったり、コガラを見つけて眺めたりしながら楽しく下って二日間ののんびり那須岳の旅は終わりになりました。
子供の頃から何度も登ったことがあった茶臼岳。懐かしい山容の向こうにこんな世界が広がっていたなんて思いもしませんでした。三斗小屋に泊ってみたいというこの3年ほどの夢がかなって(色々想像とは違ってましたけどね)美しい山や満天の星を眺めながら入った温泉は忘れられないものになりました。そして、風邪引きだったのにこの残雪の中をゆっくりと歩くことが出来て・・・楽しかった~!安達太良山に比べると人が多かったけれど、隠居倉を歩いたお陰で静かな山歩きが出来たこともよかったです。また歩けたらいいなあ。

ここからはおまけ編。
那須の町に下りていくともう渋滞は始まってました。さすが、首都圏に近いんですね・・・。でもお腹が空いてはこれからの長旅に耐えられません。どこか美味しいところはないの?って聞かれても下調べもしてなくって・・・。で通りがかりのお店に入ってみました。
c0213096_21414823.jpg
山からおりた格好が場違いなオサレなカフェSHOZO CAFE
c0213096_2142599.jpg
いただいたのはサンドイッチセット¥1200卵焼きとトマトのサンド。美味しゅうございました。
c0213096_2142194.jpg
ケーキはおいくらだったかしら?¥400くらいだったかな?
ご飯のあとで道の駅 明治の森 黒磯へ
c0213096_21423337.jpg
あまおうソフトいただいちゃいました。おいおい、食べ過ぎだって・・・。
そしてさあもう帰ろうとすると、安愚楽牧場本店の看板発見。
c0213096_21424519.jpg
買ったのはサイコロステーキ300gと切り落とし300g。そんなに高くなくてどちらも¥1500くらいだったかな。これはGWのシメにすき焼きとステーキに変身しました。この切り落としで食べたすき焼き美味しかった!

ここからは結局西那須野で温泉に寄ったり時間を稼いでみたものの高速の渋滞は35キロとか50キロとか・・・覚悟はしていたけれど、結局ずっと下道を通って東京のはずれまで帰ってGWの長い長い楽しい旅は終わりになりました。自宅に着いたのは12時前でした。
さて、GWのあとの週末だというのに先週末は燕岳に行ってきました。近々レポアップしますので待っててくださいね。

長いGWレポにお付き合いくださってありがとうございました♪

by akko-kornblume | 2010-05-14 22:19 | 山 2010


<< 今年最後の雪山歩き@燕岳   ...      さよなら、安達太良山     ... >>