山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 11日

さよなら、安達太良山            2010・5・1(土)

c0213096_14524893.jpg
夕方には降り始めた雪・・・風もビュンビュン強いまま朝を迎えました。外を見るとけっこう雪が積もっています。それでも、今、山にいるって幸せにひたりながら、今日は下るだけなので布団の中でぐずぐずして朝食まで過ごしました。

一日目のレポはこちら



c0213096_15122327.jpg
朝食は地味ですが、牛肉のしぐれ煮が美味しくてご飯もお味噌汁もおかわり。漬物類の苦手な相棒の分もしっかりいただいて(おいおい、今日は下るだけだよ・・・)満腹!もちろん温泉卵付き!ご馳走様でした♪
ベテランさん達5人のパーティーは今日安達太良山に登られるのでしっかりと装備の準備をしていまました。本当にみなさん、とってもいい方ばかりで居心地がよかったです。昨日からの雪で見えている範囲だけでもトレースが無くなりかけていたし、視界も悪いし、どうぞ気をつけてくださいね!また、どこかでお会いしましょう♪
ただ、風が強いとロープウェーが止まっちゃうので嫌だなあっておっしゃってました。(私達が下山した時には動いていたので大丈夫だったことでしょう(^_-))
私達は今日は下山したら那須に移動するだけなので急ぐ旅でないし、ここから帰るのがもったいないような気がして、ゆっくりと準備をしました。
そうそう素敵な小屋の内部はこんな感じです。
c0213096_15251863.jpg

40年前に建てられたとは思えないお洒落な作りです。吹き抜けの南側が開放的で山の息吹が感じられます。吹き抜けのおかげでゆとりがあるんです。吹き抜けの一階部分は食堂兼談話室。ダルマストーブにくべられる石炭が懐かしかった!私が小学校の1,2年生の時、古い校舎はダルマストーブで石炭をバケツに入れて運んでいました。年下の相棒は南九州で育ったのですが、石炭ではなかったとか・・・(汗)。じゃあ、それってすごく貴重な体験なのかもね。
c0213096_15374374.jpg
こちらはお部屋の隅っこにある靴入れです。この靴入れのおかげで小屋の入り口はすっきりです。
小屋番の佐藤さんのお話では、バイオトイレに変える話が出ているそうですが、ここは通年営業しているので、冬の間は微生物が活動できないって事がネックで、今、研究していただいてるとか。今もちょっと変わったWCなんですけど、とっても綺麗に掃除されていました。お一人で小屋を守るって大変な事だろうと思います。
冬の間でもいいし、紅葉の時、お花の季節でもいいし、必ずまた訪れたい小屋になりました。お世話になりました。

名残惜しいけど、そろそろ下山しましょうか。外は吹雪いているので今日は完全に冬装備です。毛糸の帽子をしっかり被って出かけます。雪が結構降ってるので相棒は大きいカメラはザックに入れました。もちろん、私も・・・また転ぶと危ないですから。
c0213096_15453237.jpg
昨日の雪でトレースが分かりにくいところもあったり、こんな今にも崩れそうなところもあって・・・こんな時はいつも相棒が大丈夫か確認してくれて、ここを歩いて~と指示してくれます。野生児は勘がいいので頼りになるんです♪
c0213096_1548762.jpg
振り返るとくろがね小屋。とっても幸せな時間でした。寒そうでしょ!
c0213096_15515913.jpg
途中で道の脇に木管が並んでいます。これは昔、岳温泉は麓までこれで温泉を麓まで引いていたという。今はボーリングしているらしいです。
c0213096_15542498.jpg
勢至平の分岐辺りからは途中からはなだらかな下りが続きます。寒いけれども楽しい気分で雪の感触を確かめて歩きます。
c0213096_15561260.jpg
この辺はお花が沢山咲くところみたいです。レンゲツツジの群落があります。来てみたいなあ♪
c0213096_161153.jpg
馬車道との分岐からは小屋で教えられたとおりに馬車道を歩きます。登山道はグチャグチャで歩き悪いし、時間的には10分くらいしか変わらないからって小屋番さんも言っていたし、ベテランさんパーティーも昨日散々苦労したらしいです。ちょっと覗いてみてもとても歩きたくなるような道ではありませんでした。もう転びたくないしね。
c0213096_1654345.jpg
昔は馬車が通っていたのかな?でもかなりガタガタで馬車が走れそうには見えなかったけど・・・。
c0213096_1681029.jpg
ここまで下ってくると昨日歩いたゲレンデが見えてきて・・・昨日のことなのにもう随分時間がたったように感じます。あそこからずっと歩いたんだと思ってちょっと感慨にふけったり・・・まだ帰りたくないね。また来ようね。
c0213096_16112023.jpg
小鳥の声を聴きながらのんびり歩いてスキー場まで戻ってきました。もう、ここは春みたいな陽気でした。
駐車場に戻ると、今日は日曜日なので車がいっぱいです。殆どの方はロープウェーで上がるようでした。でもここから見えているのは薬師岳までなのでこの先が吹雪いているのは分からない感じでした。今日は小屋泊まりだという方と情報交換したり、Tシャツにジーンズのお兄さん達がくろがね小屋までこの靴で行けるかと尋ねてきたので、上は吹雪いているから無理だよ~と教えたりしました。

この安達太良山での二日間は春の陽気だったり、残雪を楽しんだり、吹雪の中を歩いたりとこの季節ならではの色々な経験が出来て充実した時間でした。そして、何よりもこの冬に竹内塾で学ぶチャンスに恵まれたことにも感謝!慎重な・・・(笑)私達だけでは始められなかった冬山(初級のですけど)をこうやって二人で歩くことが出来るようになったという事は貴重なことだなと思いました。運動音痴でドジな私、子供の頃は喘息持ちで病気ばかりしていた私がこうやって雪山を歩けるとは・・・自分でも信じられないくらい嬉しいこと。これからも少しずつでもレベルアップしていけたらいいな、厳冬期にも来てみたいなんて欲深いことを考えたり・・・。
安達太良山のなだらかでのびやかな山に抱かれたとっても満足な二日間になりました。思い切って来てよかった~!

さて、ここからは今日の宿泊地、那須への移動編です。手短にしますので・・・(笑)。
c0213096_16372921.jpg
まずは昨日は素通りしちゃった岳温泉の鏡ヶ池の桜を見にいきました。ここも風がちょっと寒かったので写真を撮ってすぐ退散。
c0213096_16393878.jpg
可愛い桜が満開でした。小さい池だけれど、お天気がもっと良ければ安達太良山の眺めがいいらしいです。
ここからは磐梯山を眺めながら(7月の終わりに登る予定あり)猪苗代湖のほとりを走って会津若松へ。まずはドラックストア探し・・・実はこの休暇の初めから何となく体調が悪かった私ですが、今朝から鼻が詰まって鼻声・・・何とか風邪を治さないと明日那須岳に登れなくなる!普段滅多に風邪も引かないのに何で今なの?
でもなかなかドラックストアが見つかりません。もう少し町の中に入ってみるか右折すると、相棒が行きたいと気になっていたお店を偶然に見つけました。白孔雀食堂会津若松ってソースカツ丼が有名らしいのです。知らなかった・・・。
c0213096_16565519.jpg
器からはみ出すカツ・・・私はそんな気分ではなかったので普通にラーメンをいただきました。決してお世辞にも綺麗とはいえない昭和な感じのお店で、プロレスラーのサインがびっしり飾ってありました。あとはヌード写真・・・不思議な空間でした。小さなお店だし、けっこういい値段なののお客さんは引っ切り無し。ソースカツ丼¥1150、支那そば¥550。店員さんは元気がよく丁寧な応対でした。相棒はここで食べられたので心残り無く会津若松をあとにできたようです。美味しかった?また食べたい?って聞くと微妙な顔をしてましたけど(笑)。
このお店でドラックストアを聞いて、風邪薬を買うことができました。
ここからは芦ノ牧温泉を抜けて那須に向かおうとしたら、大内宿の観光案内。こんな所にあるんだねとちょっと遠回りですが、いってみましょう。
c0213096_1795488.jpg
TVの旅番組では見たことがあったけど、ここだけ時代に取り残されたような空間が広がっていました。
c0213096_1712114.jpg
もうすぐ子供の日だもんね。
c0213096_1712511.jpg
小さな流れにはラムネ。
c0213096_17155044.jpg
お土産は何にしましょう?ってお酒しか買いませんでしたけど・・・。
c0213096_17165679.jpg
相棒の写真はツバメばかり・・・。赤いお顔のツバメさん。
ゆっくりとした時間が流れる大内宿・・・たまにはこんな観光もいいものです。
さて今日の宿泊先のトラッド倶楽部へ向かいます。良いペンションを探すのって意外に難しくて・・・今回はじゃらんの人気度で調べてここに泊ることにしました。
c0213096_17265370.jpg
全部で5室しかないのと、食事が美味しいらしいのと、前金が要らなかったのがここを選んだ理由。素敵なオーナー夫妻が迎えてくださいました。すぐにここがいい宿だってことがわかってホッとします。
荷物を置いたら、ペンションの周りをちょっとお散歩・・・。
c0213096_17343491.jpg
ペンションの裏側には雄大な那須岳が広がって・・・那須は子供の頃、父の会社の保養所があったので毎年のように夏の休暇を過ごした懐かしい場所。何回か茶臼岳には登ったことがあります。明日登れるといいなあ・・・。
林の中から綺麗な歌声が聞こえて覗いてみると、なんとキビタキを発見!もちろん見るのは初めてです。
c0213096_17384770.jpg
美しい夏鳥です。なんて素敵な姿でしょう!風邪気味だってもうへっちゃら・・・一日の終わりにこんな素敵な出会いが待っていたなんて~二人で大喜びです。
夜は居心地の良い落ち着いた部屋で美味しい夕食をいただいて、オーナー夫妻とお喋りして・・・長かった一日の夜は静かに更けていきました。風邪の具合も大分良くなってきたみたいで良かった~!

短くって書いておきながら、また長くなってしまいました。いつもお付き合いありがとうございます♪

P.S. あと、那須岳でGWのレポはおしまいですが、先週末に燕岳に行ってきたのでどちらのレポを先に書くかはまだ分かりません。どちらにしてももう少し時間がかかるかも・・・。

by akko-kornblume | 2010-05-11 17:59 | 山 2010


<< のんびり周遊@那須岳   20...      この上の空がほんとうの空@安達... >>