2016年 05月 26日

若葉に癒されて@雲取山 2016.5.21(土)~22(日)

c0213096_21344382.jpg

新緑の石尾根は癒しの尾根

この週末はこのところ毎年4月に登っている雲取山へ
ようやく行ってくることが出来ました。

東京人ですから、やっぱりテント泊初めは
東京都最高峰へ行かないとね。

一ヶ月遅れの今年初のテント泊は
圧倒されそうなくらい生き生きとした緑に包まれたものに
なりました。





c0213096_21520357.jpg
今回は雲取山に初めて登る山うさぎさんを案内しての山行です。

[8:45]いつも通り峰谷の奥集落から歩き出しました。
毎年4月の半ばに同じコースで歩いていますが、
今年は一ヶ月遅れてしまったことが嬉しい誤算。

浅間尾根のブナやナラの森はたとえようもないほどに
美しく輝いていました。
何度も何度も立ち止まっては木々を見上げてばかり。

でも、本当は久しぶりのテント装備であっぷあっぷしていたのですけどね(*_*;

鷹ノ巣山避難小屋に着いた時、
もう今日のお宿はここでいいよ、って言うほどくたくた。
でも、山うさぎさんが凍らせて持って来てくれた
ゼリーが美味しくて、
おまけに爽やかな風が心地よくて、
急に力が湧いて来ました。

それに、もしここで諦めたらもう二度とこの先に
行けないような気がしちゃって・・・
やっぱり頑張ってみようよと雲取山へ向かって
石尾根縦走路をてくてく進んで行きました。
c0213096_21352732.jpg
美しいツツジのトンネルを通り抜け
いつもと違う石尾根縦走路の巻き道の新緑を
身体の隅々にまで感じて歩きました。

七ツ石山への登りは相変わらず辛いけど、
山頂から見た石尾根と雲取山の美しさと言ったら♡
疲れもみんな吹っ飛んで行きました。

山頂で用意して行った明太子のおにぎりと
唐揚げ&卵焼きを食べたら
奥多摩小屋のテント場までもう少し頑張りましょう。

ちょうど2時にテント場に到着!!!
諦めずに来て良かった(^^♪
テント場に先に着いていた相棒が受付して
ビールを買って待っていてくれました♡

人気のテント場ですが、
混雑は心配していたほどではなくまだまだ余裕な感じでした。

テントを設営したら日陰でお昼寝して、
早めの夕食を食べてから、
山うさぎさんを山頂まで案内しました。
c0213096_21354102.jpg
山頂手前では子鹿が夕飯中。
全く逃げもしないでトレイルの脇でむしゃむしゃしてました。

山頂に初めて立った山うさぎさんは
とってもとっても嬉しそうないい顔をしていました。
ここまで来れて本当に良かったね。

毎年、早朝に山頂まで歩いてましたが、
この時間に腹ごなしを兼ねてのんびり来るほうがいいかも。
c0213096_21355220.jpg
テントに戻ってお酒をちょこっと飲んで早めの就寝。
この夜はほぼ満月でヘッテンもいらないほどの明るい夜でした。

翌日も素晴らしい快晴で
昨日は疲れ果てていたのもあってよく見ていなかったカラマツは
力強い緑色をしてパワーを放っているかのようでした。
c0213096_21512392.jpg
一段と新緑が美しく見える朝。

帰りには縦走路の巻き道ではなくて
ちょっとだけ石尾根を歩いて、
蕨を少しいただいてきました。
これも楽しくて楽しくて・・・
来年からは4月ではなくてこの季節に雲取山に来る事に決めました(笑)
c0213096_21521971.jpg
避難小屋で休憩しておやつを食べて
浅間尾根をゆるりゆるりと。

この尾根の新緑の美しいこと。
いつもは激下りで疲れちゃうのだけれど、
この命溢れる緑に癒されて
力をもらいながら無事に下山することが出来ました。

下りながら、
まあ、よくもこんなところを登ったものだなって
自分を褒めていると、
今年もなんとかテント泊縦走が出来るかなと
そんな自信も湧いてくるのでした。

下山後は奥多摩駅近くの氷川屋さんで
天ざる(量が少なくて足りない…相棒が食べてた天ぷら御膳の方がお徳。笑)
を食べて、麻葉の湯で(貸し切り!)汗を流して帰路に着きました。

とってもとっても充実の最高に楽しい雲取山山行になりました。
一緒に歩いた山うさぎさんのレポはこちら

さて、今週末もお天気はいいみたいだから
どこか歩きたいな。
どうぞ皆さまも笑顔の週末をお過ごしくださいね。






by akko-kornblume | 2016-05-26 15:44 | 山 2016


<< 奥秩父の名峰へ@毛木平から甲武...      新緑の森に風薫る@鶴峠~三頭山... >>