山と野と

kornblume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 07日

黒部と槍@東京都写真美術館

c0213096_17285161.jpg
昨日、始まって間もない写真展に行って来ました!

黒部 冠松次郎と穂刈三寿雄  この写真展があるのを他の写真展で見つけた一枚のチラシで知り、チラシのモノクロの写真の迫力に魅せられてしまいました。ちょうど昨日は相棒が泊りで出張に行っていて時間的に余裕があったので、早速行ってみました!



明治16年生まれの冠松次郎、明治18年生まれの穂刈三寿雄・・・この時代にどんなカメラが存在していて、どんな撮影方法で撮られたものなのか私にはよく分かりませんが、相当大きな重たいカメラを担いて渓に入り、山に登り、どれだけの愛情を傾けて撮った写真なのかと言うことが、展示されている写真の中からひしひしと伝わって来ました。

モノクロの写真たちは、時空を超えて私の中に迫ってきて圧倒されるばかり。今まで見たどんな写真展よりも心に響く写真の数々でした。

冠松次郎の切り取った写真の中の人物は生き生きとしていて、沢からは水の激しい流れの音が聞こえてくるようだし、沢登りを無事に終わった宴の喜びが伝わってくるような気がしたり。黒部源流の渓に入り写真を撮るだなんて、防水のカメラなんて存在していなかったであろう時代にどれだけ大変なことだったのだろうと一枚一枚の写真の迫力に渡渉が苦手な私は尊敬の念が湧いていきました。足場の悪い渓谷で、光の入る時間が短い渓谷での撮影は大変だったに違いありません。

穂刈三寿雄は言わずと知れた槍沢小屋を建設した方。多くの山岳写真を残しました。モノクロの写真達はカラー写真よりも想像を掻き立てるものなんだなぁと改めて感じましたし、その当時の槍ヶ岳へ登る登山者の様子も汗を握るような迫力で、今とは違ってシャッターだってすぐに切れる訳でもなかったでしょうに、巧みな構図で切り取っておられて見ていてとっても楽しめました。

わたしのつまらない感想はこれくらいにして・・・元山と渓谷社の編集長さんと美術館の芸術員さんの興味深いインタビュー記事があるのでこちらをどうぞ!

こちらの写真展は5月6日まで開かれていますので、お時間と興味のある方は素晴らしい写真展だと思うので是非覗いてみてくださいね。冠松次郎の著書も探して読んでみようと思います。

おまけ
c0213096_1844631.jpg
写真美術館のミュージアムショップの入り口付近には黒部と槍の企画に合わせて沢山の山関係の本が並べられていました。その中にちょうど買おうと思っていたこちらの本を発見!去年、せっかく三俣山荘に行ったのに買い忘れていて。前は三俣山荘でしか買えなかったのが今回地上でも買えることになったばかり。カバー挿画は畦地梅太郎さんの版画、とっても素敵です。読むのがとっても楽しみです。

悲しいおまけ
c0213096_18161973.jpg
先日、花屋さんで買ったポピーつぼみ・・・どういう訳かどんどん折れてしまいました。くねくねした茎に自由に咲くポピーを楽しもうと思ったのに大惨事です。可哀想なのでコップに折れた短いポピーを差してみたけれど、ご覧の通りちゃんと開ききらなくて。

ネットで調べてみたけれど答えが見つからないので、後日、お花を買った花屋さんにどうして折れてしまったのか、何かわたしの活け方に不都合があったのかお聞きしてみると、ポピーはとっても折れやすくて、なるべくしっかりしたものを販売していたのですがすみませんと。コップに活けなおして楽しんでますから大丈夫ですよとお答えしましたが、ポピーの切り花には要注意(^-^; いい勉強になりました。

さてさて、今日遅くに相棒は出張先から一旦帰宅・・・そして日曜の夜!!から今度は一週間の出張に行くそうな。明日はお天気いいみたいだから近場の山にそろそろお花の様子も見に行きたいけれど、どうなるかしら?

皆さまもどうぞ笑顔いっぱいの週末をお過ごしくださいね!

by akko-kornblume | 2014-03-07 18:40 | 毎日のこと | Comments(16)
Commented by slow-trek at 2014-03-07 21:26
矢車草さん
この写真展の件、palletさんが黒部フリークである私のために
わざわざメールで知らせて頂いて知りました、最近になって
週に2、3日はある東京出張のたびに、上野駅の地下通路にある
このポスター前で立ち止まっています、この画像は惹かれますよね
もちろん私も行きますよ、29日のイベントに併せて♪
cyu2さんの記事にもコメントしたのですが、黒部の山賊
カバーが変わってますね、私は雲ノ平山荘で買いました^^
矢車草さん繋がりの輪がすごーい!
Commented by 山うさぎ at 2014-03-07 21:40 x
こんばんは〜♪
先日はご一緒させて頂きありがとうございました。
本当にいい写真展でしたね。期間中にもう一度行ってみようと思うほどです。
また時間が合いましたら、遊んで下さいね*\(^o^)/*
Commented by moka at 2014-03-07 21:49 x
この写真展!今週末いこうかなーと思ってましたのて、矢車草さんのレポで益々行きたくなりました♪いや確定です!!
黒部の山賊は三俣山荘で買ってテントで読み耽った思い出があります。この復刻版は素敵な表紙になってあとがきも高橋庄太郎さんが書いたりと変更点もあって書いたしちゃおうか迷ってます…
Commented by woodnote2014 at 2014-03-07 23:14
写真の世界って二次元なのに陰影や色彩が立体を作り、時空を感じさせ、四次元の世界だなぁと常々思っていたの。
山々の緑や青い空、カラー写真も良いけれど、モノクロの世界はまた違った魅力が広がってるのね。
なんとか時間を作って、観にいこうと思います(*^o^*)/♪
Commented by ぜいぜい at 2014-03-08 11:08 x
早速のご紹介、うれしいです。
登山黎明期の紀行文は読んでいてそのパイオニア的な苦労が忍ばれて楽しいですが、
写真もしかりですね。ぜひぜひ見に行きたいです。
Commented by tabbi at 2014-03-08 21:37 x
矢車草さん
こんばんんは~
なんと!同じようなタイミングで 黒部の山賊を手に取って 買ってました!
あっという間の読破。すごく興味深かったです!
そういえば、昨年三俣山荘のカウンターにも置いてありましたよね♪ほんと何で買わなかったのだろう><

写真展いいですね・・・見てみたいのですが、行く機会がなくて^^;
それぞれの山の主たる方々の写真。
おふたりではないですが、黒部の山賊の伊藤さんのカメラは本の中で軽く触れられてましたね~
東京に出てるときにどうにか時間を作って見に行きたいものです^^
Commented by クロちゃん at 2014-03-09 09:00 x
矢車草さん、おはようございます。♪
これは興味深い写真展ですね。
私もチャンスがあったら行ってみたいです。(^○^)/
こちらの画像からも、迫力と魅力が伝わって来ました。(^^)/
Commented by akko-kornblume at 2014-03-10 16:51
スロトレさん☆

こんにちは!
わぁ、palletさんからも案内が届いてましたか!
で・・・スロトレさん、29日のイベントに合わせていらっしゃるんですか?
いやぁ、私も時間が合えば参加してみたいなって思ってたんですけど、
スロトレさんにもお会い出来そうとなればますます行きたいですねェ(^^♪

この写真展・・・本当にとっても良かったです。もう一回は行かないと!
黒部の山賊、読み始めましたよ!面白い!
Commented by akko-kornblume at 2014-03-10 17:06
山うさぎさん☆

こんにちは!
先日はとっても楽しい時間ありがとうございました!
写真展は一人でも行くのですけど、感想を話しながら拝見するのは
やっぱり楽しいですね。
わたしももう一回は行こうかな~ってたくらんでます。
山うさぎさん、また機会があったら一緒に遊んでくださいね!
山も誘ってくださいね~(^^♪
一人でも
Commented by akko-kornblume at 2014-03-10 17:20
mokoさん☆

こんにちは!
写真展行って来られましたか~?
私的には久々にヒットな写真展でしたけど、どうだったかしら?

黒部の山賊のあとがきを書かれてる高桑信一さんには山で
何度かお会いしていて彼の文章の大ファンなのでそれもとても嬉かったです。
Commented by akko-kornblume at 2014-03-10 17:46
みっちゃん☆

こんにちは!
今週も雪遊びして来たのね~!お天気も良かったし、楽しんだみたいね。

この写真展はモノクロの良さをつくづく感じさせられる写真展だったよ。
画の中に物語がいっぱい詰まってて想像を掻き立てられました。
みっちゃん、忙しそうだけど~いつか時間があるといいね!
Commented by akko-kornblume at 2014-03-10 17:54
ぜいぜいさん☆

こんにちは!
そうですね、今では考えられないような昔の登山のお話とか
とっても興味深いですよね。
この写真展は想像を掻き立てるものがありました。
まだしばらくやってますから是非訪れてみてくだいね!
Commented by ぺんぎん妻 at 2014-03-10 19:01 x
黒部の山賊は三俣山荘系の小屋で読み耽りました!今度の改訂版はちょっと内容が追加されているみたいですね!
北アルプスはテン泊も楽しいですが、小屋で黎明期の本とか読めるので、小屋泊も好きです!
昔はこうだったんだと思いながらの山行も味わい深くていいですよね!
Commented by akko-kornblume at 2014-03-11 21:24
tabbiさん☆

こんばんは!
tabbiさんも黒部の山賊 読んだところでしたか!
なんだか面白い話がいっぱいでワクワクしちゃいましたね。金がまだどこかにとか(笑)

写真展、とーっても素敵でした。
出張の時に時間があればいいのにね。
そうそう、本の中にも冠さんとか登場していたし、同じ時代のことなのねと思いました。
Commented by akko-kornblume at 2014-03-11 21:27
クロちゃん☆

こんばんは~!
もし、東京まで出かける用事があれば、是非訪れてくださいね!
カラー写真とは違うなにか深見があってすごく良かったですよ。
きっとまた北アルプスの奥~に行きたくなること請け合いです。
Commented by akko-kornblume at 2014-03-11 22:39
ぺん妻さん☆

こんばんは~♪
黒部の山賊、面白いお話がいっぱいですね!
三俣山荘で見たけれど、重たさを考えると買えなくて(笑)
去年三俣山荘に行った時、小屋よりテント場のほうが込んでいたんですよね。
そろそろテント泊じゃなくて優雅に小屋泊にしようかしら・・・なーんて(^-^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 春まだ浅き里散歩      ベリーベリーな週末 >>